1
/
5

「あらゆる人や環境から学び人生の糧となったアシスタント時代」 猪飼 ひより フォトグラファー

大学で映像制作を学ぶ中で写真の魅力に引き込まれ、フォトグラファーを目指してアマナに新卒入社。地方や暮らしを捉えたあたたかみのある表現で活躍の場を広げる猪飼さんにお話しを聞きました。

Q:アマナに入社した理由は?

学生時代は映像に興味があったので映像学部がある大学へ行きましたが、その中で「映像の原点は写真」ということを知り写真の勉強を始めます。すると、自分で画を作り上げていく写真の面白さと奥深さに気付き、フォトグラファーを目指すようになりました。フォトグラファーという職業は資格がなく、一般的には誰でも名乗ることができます。だからこそ、アマナはアシスタントとして入社後、社内の試験に合格すればプロとして認められるので、より明確な道のりが見えていると思い、第一志望で入社しました。

Q:アシスタントの仕事内容は?

全面的にフォトグラファーの撮影を手伝いながら、休みの日に年1度の昇格試験に向けて作品制作をします。具体的な業務内容は、撮影が始まる前までにスタジオでセットを組み、フォトグラファーが来て撮影が始まったらあらゆるアシストをして、終わったら片付け。ロケの場合は、機材を準備して車に積み込み、運転して現場へ行くこともあります。体力も必要ですが、同じくらい周囲への気配りも大切な仕事なので、撮影がスムーズに進むよう常にスイッチが入っている感じでした。

Q:アシスタント時代に意識していたことは?

わからないことは叱られてもいいという思いで、とにかく全部聞きました。社内にいる多くのフォトグラファーのアシスタントを経験しながら、それぞれの撮影現場を見て、各スタイルを吸収し成長した期間でした。打ち合わせから参加して当日の流れを把握するのはもちろん、自分がフォトグラファーとして独り立ちした時にどういう立ち振る舞いをすれば現場がスムーズに進むのかを常に意識していました。また、セットを組む際も、フォトグラファーが最初にシャッターを切る時に私の考えた画を基盤にできるよう準備をして、そのままOKになると、とても嬉しく自信に繋がりましたね。

Q:苦労したことや楽しかったことは?

作品制作で自分のトーンにたどり着くまでが難しく苦しかったです。だからこそ、技術や知識だけでなく、同時にセンスが評価された時は本当に嬉しかったです。私の場合は、作品制作で農家をテーマに地方や暮らしを表現することにこだわっていたため、東京に限らず1日休みがあれば全国どこにでも足を運び作品制作をしていました。また、アマナにはフォトグラファーをはじめ多くのクリエイターが在籍しているので、トーンに迷った時は社内の色んな人に作品を見てもらいました。同期にはプロデューサーがたくさんいるので営業目線で私の写真の売り出し方を聞いて、より作品をブラッシュアップしていきました。

▼猪飼さんの作品

Q:フォトグラファーになって意識していることは?

私の場合は、入社4年目に昇格試験でフォトグラファーになりました。今はフォトグラファーになって4年が経ちますが、はじめの頃はアシスタント時代に思い描いていたフォトグラファー像よりもやってみないと分からないことがたくさんあったので、来た仕事は全部受ける勢いで撮影をしていましたね。徐々に自主作品のテーマに合う地方創生やライフスタイル系の案件を持つプロデューサーに自らプロモーションをして、現在はそのような案件を軸に活動しています。今後は、同じような方向性の中でも更に長期に、且つビジュアルで地域全体を支えるような仕事ができたら嬉しいですね。

プロデューサーとクライアントが長い時間をかけてプロジェクトを進めて、フォトグラファーが決まるのは企画の最終段階ということもあります。私のシャッターで全てが決まると思うとかなり責任のある仕事ですが、結果を残して、頼んでよかったと喜んでもらえることにやりがいを感じます。

Q:アマナのフォトグラファーに向いている人は?

根本的に写真は好きであってほしいです。尚且つ自分の写真をブラッシュアップしたいと思い続けられる人が向いていると思います。実際の仕事では、自分の撮影したい画を作ることだけでなく、クライアントのリクエストに適した画を作る必要があります。ただし、それは合格点ちょうどのイメージ通りの写真ではなく、期待以上の写真にすることが大切です。なので、自分に合った分野の写真が好きということだけでなく、様々なジャンルの写真や流行にアンテナを張り、引出しを多く持っておくことが、フォトグラファーになった時により強い武器となります。

最後に学生さんへメッセージをお願いします

広告という業界に限らず、何もわからないところに飛び込んでいくのは不安かもしれません。最初は覚えることがたくさんあると感じるかもしれませんが、アマナには目標となるフォトグラファーが目の前にいるので、フォトグラファーになるためのヒントをより身近な環境で得ることができます。

学生時代では時間のあるうちに写真だけでなく、映画や小説、スポーツ、ゲーム、コスメなど好きなものを増やしておくと良いと思います。1つにこだわることも大切かもしれませんが、フォトグラファーは広告業界以外の業界全てと関わりを持つ仕事なので、より知識があるとそれがいつか思いがけない時に活きてくると思いますよ。

▼猪飼さんの作品

▼その他の作品はこちらからご覧いただけます

2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings