Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

カード業界の不正増加に伴い不正対策の負荷も増加傾向に。
カード不正利用の流れ。こうした課題を解決するサービスを提供しています。
EコマースやWebサービスの増加など、インターネットの普及により世の中は便利になる中で、「決済」は非常に重要なインフラです。 決済の手段も多様化しており、クレジットカード決済、コンビニ決済など、サービスの様態に合わせて様々な支払いの手段が存在しています。 しかしながら、既存の決済の分野では不正による被害が年々増加傾向にあり、Eコマース運営事業者にとっては不正対策などの負荷も大きくなってきています。 特にクレジットカードの不正利用(チャージバック)においては、年間で数百億円規模の被害が発生しています。 当社では現在、こうしたEコマース運営事業者を対象に、どの様に運営する事で不正を排除できるか、といったコンサルティングや、不正検知システム、被害を補償するサービスなどを提供する事で、各事業者の課題の解決を行っています。 将来的には、新しいテクノロジーを駆使する事で、Eコマースを利用するエンドユーザーが、安心・便利はもちろん、お金を払うシーンが「楽しく」なるようなサービスの提供を目指しています。

Why we do

支払いをより「楽しい」と感じられるシーンへ
皆さんは、日常の生活の中でお金を支払う時、どの様な手段で支払いをするでしょうか。 現金での支払い、電子マネー、ポイントでの支払い・・・など、たくさんの選択肢がありますが、グローバルでも一番多く利用されているのがクレジットカードによる支払いです。 しかし、どの様な支払い手段においても、「お金を支払う」シーンではネガティブな感情が伴うのは、私だけでしょうか。 Eコマースをはじめ、新しいテクノロジーの進化に伴い世の中を便利にするサービスが次々に登場しています。 しかし、エンドユーザーとサービス提供事業者の間での支払いを担う「決済」においては、まだまだテクノロジーの活用により、発展の余地があると私たちは考えています。 現在「決済」において主流となっているクレジットカードは、1950年代にアメリカで生まれました。 レストランでの支払いなど、実店舗での利用を想定して設計されたクレジットカードのインフラですが、テクノロジーが大きく発展した現在の世の中でも実店舗での利用を前提とした設計となってしまっているため、Eコマースの世界においては様々な課題が発生しています。 まずは、こうした様々な価値をサービスとして提供するEC事業者の課題を解決するソリューションを提供しています。 将来的には、お金を払って商品を購入したり、サービス提供を受けたエンドユーザーのみなさんが、気持ちよく、楽しく「お金を支払う」体験を提供できるようなプラットフォームを提供したいと思っています。 少しでも多くの人に、不安や心配などの「お金」にまつわるネガティブな感情を少しでも減らしてゆく事にチャレンジしたいと考えています。

How we do

六本木一丁目のオフィス。
カード決済における不正対策システムのイメージ
現在、主に活動しているメンバーは創業メンバーの3名を含めて6名で営業しています。なお、創業メンバーの3名はともに決済業界出身という事もあり、この業界には精通しています。 急成長が続くインターネットの世界で、世の中の課題を解決するような新しいシステムやサービス、インフラを創ることを目指しながら、EC事業者の課題に向き合っています。 現在は、主にカード不正対策のソリューションを提供しておりますが、国内大手決済会社様・カード会社様に弊社ソリューションを評価して頂き提携関係にあるため、不正対策に課題を持つEC事業者様からの声掛けがあれば、当社にご連携頂くようなネットワークを構築しています。 こうして課題を抱えたEC事業者各社さまの課題をヒアリングし、不正の撲滅・安心安全のEC業界を目指し伴走しています。

Page top icon