1
/
5

What we do

29ONのメニュー一例
代表・米山
株式会社29ON(ニクオン)は、飲食DXに特化した飲食店舗運営をしています。 DXというのは「デジタル技術を活用する」ことが前提、かつ「新しい価値を創出する」ということです。 単なるITツールの導入ではない、ということが重要です。 実際の数字データを分析し、業態を変更することや、メニューや顧客体験を変えていくことがDXと言えます。 親会社・favyで培った、データ活用のノウハウを活かして、 ・店舗運営 ・商品開発 ・ブランド開発 を常に改善しながら取り組んでいます。 例えば、メインブランドの「29ON」では サブスクリプションを導入し完全会員制、完全予約制で運営しています。 年会費を頂戴することで、一般的な飲食店よりも高い原価率で商品開発をし、 お客様への満足度を高めています。 【ブランド一覧】 ・29ON ・すしおん ・サケリスト ・coffee mafia ほか

Why we do

サブスクの注文イメージ
ビジネスモデルの一例
私たちは、飲食人が本来の仕事に集中できる環境を作りたいと思っています。 例えば、 予約・注文をはじめとする事務作業を、アプリやツールなどデジタルのチカラで効率化する。 顧客管理をすることで、満足度が高いものを明確にする。 その結果、 商品・サービス品質を効率よく改善していければ、売上もお店のブランド力も上がりやすい。 それを繰り返すことで、リピーターが多い、顧客満足度の高い飲食店を築いていけると考えています。 アナログな飲食業とデジタルを融合させて、飲食店を成功させる。 そんな「勝ちパターン」とも言えるノウハウを蓄積しています。

How we do

オリジナルのお酒を製造しました
社員合宿での一枚
飲食の仕事ははチーム単位、店舗単位での取り組みになりがち。 しかし、29ONでは情報共有がオープンに進んでいることもあり、別のチームや別店舗の方とプロジェクトに取り組む場面も多くあります。 他店舗のメンバーとのコミュニケーションが取りやすくなっていて、風通しがとても良いです。 お互いに刺激しあうことで、新たな化学反応がおき、より良いアイデアが生まれてくると信じています。 同じ仕事でも、作業として処理するのと、楽しんで取り組むのとでは質も違うし、 成果をより良いものにするための改善も進んでいきそうだと思いませんか? 楽しむを忘れず仕事を突き詰めることで、プロフェッショナルとして成長できると考えています。 仲間とともに新しいことに挑戦していきたいメンバーを、これからも増やしていきたいです。