Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

モノづくりや最先端技術が好きな営業・マーケティング担当を大募集します!

WHILL Inc

WHILL Inc members

View all (30)
  • 代表取締役 兼 CTO(最高技術責任者 )。

    1983年生まれ大阪出身。 名古屋大学大学院工学研究科卒、 2008年オリンパス株式会社入社、医療機器の研究開発に従事。 2009年エンジニア団体Sunny Side Garage 設立。

  • ソニー株式会社にて、営業、商品企画、海外営業(シンガポール、インド赴任)を行う。帰任後に、大企業での残りの人生について思うことあり、とりあえず退職。転職活動中にたまたまWHILLの杉江さんに出会う。当時のWHILLの町田のオフィス(アパートの一室)で1台の試作機を不眠不休で作っているWHILLのメンバーを見て、転職を決意。現在WHILL株式会社に営業・マーケティングを担当。パーソナルモビリティという新規市場創出を目的に、日々試行錯誤中。この上なく、楽しい日々です。

  • テンプスタッフ株式会社の委託部門にて、自治体窓口の委託に関わる現場の立ち上げ、マネジメント、コンサルなど幅広い業務に携わりました。約80名のスタッフを採用、教育し、1ヶ月で現場デビューさせるためのノウハウを作り上げてきました。
    転職活動中に、ひょんな事からWHILLに出逢い、一目惚れ。内定をいただいていた某大手コンサルティング会社を辞退し、2016年5月より営業アシスタントとして在籍しております。
    とにかく「WHILLが大好き!」
    WHILLのために、WHILLの仲間のために、日々奮闘中!

  • 最大手の印刷会社で営業としてのキャリアをスタート。

    しかし...学生時代のスポーツに没頭した経験が頭から離れず、なんとかスポーツ業界で飯を食いたいということで、途中から、スポーツフロアコート、陸上トラックを取り扱う商社を見つけ、社長を口説き落して転職。並行して社会人トップリーグでアメフト選手としてのキャリアは継続し、ハイブリッドで超タフな社会人生活を満喫。でも体ボロボロに。

    現役を引退後は、仕事にようやく没頭。その時期に丁度、スポーツグランド用の人工芝が市場に誕生し、またまた奇跡的に、20年来の取引関係がある海外サプライヤーが主力製品として新型人工芝を開発。それらを日本市場に導入する...

What we do

  • 98a4f7d5 ffc5 445a b4fc 42de7e40ddac 2017年4月に発表されたWHILL Model C。フラッグシップモデル「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承しつつ、車載性や収納性を高める分解機能などを搭載した、普及価格帯で提供する最新モデルです。
  • A45446fc 3177 47f4 8c09 eb17ecd74ac3 こちらがフラッグシップモデルのWHILL Model A。高い機能性と融合した美しいデザイン、走破性と小回りを両立した走行性能、ソフトウェアを生かした利便性が特長の、まったく新しいパーソナルモビリティです。

WHILLは、日本(開発、販売・マーケティング)、米国(販売・マーケティング)、EU(販売・マーケティング)、台湾(製造)の4か国に拠点を置くハードウェアスタートアップです。

私たちは "すべての人の移動を楽しくスマートに" というミッションをかかげ、パーソナルモビリティの開発及び販売を行っております。
ハードウェアとソフトウェアの融合によるイノベーションを生み出し、まだ誰もポジションを確立できていない「歩道領域」で世界No.1を目指しています。

2014年にフラッグシップモデルのWHILL Model Aを発表し、2017年には普及価格帯モデルのWHILL Model Cを発表いたしました。今まで以上に多くのお客さまにスマートな移動を届けてまいります。
さらに、これからは自動停止、自動運転をはじめとしたIoT領域への取り組みにも注力していきます。

「すべての人の移動を楽しく」の実現へ ― 普及価格帯モデル「Model C」を発表したWHILL(TechCrunch Japan) 
http://jp.techcrunch.com/2017/04/13/whill-model-c/

Why we do

  • 9147503e 692e 446a aad9 5833d19845cc 「WHILL Model A」の第一号 購入者の大塚様
  • 4daad290 9ebd 4ecf b19c 909c06c86716 WHILLによって「外に出る大切さ、楽しさ」を実感されたというユーザーの村山様

「100m先のコンビニにいくのをあきらめる」
WHILLの創業者は、元日産のデザイナー、ソニーの車載カメラのエンジニア、オリンパスの医療機器のエンジニアの3人です。創業者たちがパーソナルモビリティの開発を始めたきっかけは、ある車いすユーザーの「100m先のコンビニにいくのもあきらめる」という言葉でした。
その背景には、100mというわずかな距離でも、段差が乗り越えられない、溝にはまってしまう、砂利道が走れないといった物理的なバリアや、車いすに乗って出かけること自体にためらいや不安を感じるという心理的なバリアがありました。
 これらの、物理的・心理的なバリアを克服し、スマートで機能的な「次世代型車いす」として、WHILLのフラッグシップモデル、WHILL Model Aは誕生しました。販売以降、大変多くの反響をいただき、デザインと走破性を両立したパーソナルモビリティとして多くの方にご利用いただいています。
 また、2017年には普及価格帯モデルのWHILL Model Cを販売開始。フラッグシップモデルWHILL Model Aのデザインや走行性能を継承しつつ、車載性や収納性を高める分解機能などを搭載した最新モデルです。 

*CEOの杉江が今のWHILL、そしてこれからのWHILLをプレゼンテーションした記事が掲載されています。 
https://industry-co-creation.com/industry-trend/3038

How we do

  • 706ebdff b157 4777 a8bb 841428c30f2a 誰しもが乗れる、乗りたくなるWHILLは、健常者・障がい者の垣根を越えたモビリティとしての楽しさを生み出します
  • F7c1b00f 3ff8 40b9 af75 749a103c86d8?1545011168 WHILL Model Cではより自分らしいスタイルを楽しんでいただけるようにカラーバリエーションを用意しました

≪マーケット≫
既存市場の大きいアメリカと潜在市場の大きい日本、そしてEUで展開しています。

≪設計・開発≫
日本発のハードウェアスタートアップとして、優秀な技術人材と高品質・短納期で部品を作製できるサプライヤーがあふれる日本に研究開発拠点を置いています。

≪製造≫
世界の電動車いす市場の約8割が作られており、高い技術と生産能力を誇る台湾で量産を行っています。

≪日本での事業開発の取り組み≫
1)介護マーケット
介護保険制度の福祉用具としての承認もおりたWHILLを介護レンタルによって普及させるために、貸与事業を営む企業を代理店として多数開拓しています。

2)非介護マーケット
日本では介護保険制度の事業運営をしている企業以外で福祉用具を販売しているお店はまだまだ少ないことから、あえて介護保険制度との関わりのない企業で販売できるチャネル開拓を行っています。
※ヤナセ社、メガネのパリミキ社など

3)シェアリングマーケット
旅行ツアー、空港、商業施設など、公共性の高い場所でシェアリングサービスのツールとして活用いただくことで、購入いただかなくても必要な場所で移動を快適にできるようにしていきます。
※HIS社、ANA社、NTTドコモ社などと

4)メディアアート・エンターテインメントマーケット
モビリティとしてのチャレンジのみならず、デバイスとしての可能性を広げる試みとして、メディアアートカンパニー「Rhizomatiks Research」とダンスカンパニー「ELEVENPLAY」がコラボレーションしたダンスパフォーマンス「border」にパーソナルモビリティの提供も行っています。

≪受賞歴≫
すでに日本を始め各国で多くの賞を受賞し、メディアからも多く取り上げていただいております。この期待に応えるべくこれからが本番です。

<受賞>
・Red Dot Design Award 2018 Product Design 最優秀賞
https://www.red-dot.org/de/pd/about/?lang=en
・CES 2018 Accessible Tech部門 Best of Innovation Award
https://www.ces.tech/Events-Programs/Innovation-Awards/Honorees.aspx
・グッドデザイン賞2017受賞
https://whill.jp/news/10824
・アジアデザイン賞2016(Design for Asia Awards 2016)大賞(Grand Award)を受賞
https://whill.jp/news/7714
・Pioneers Asia Challenge 優勝
http://thebridge.jp/2016/03/whill-wins-pioneers-asia-250-at-pioneers-asia-2016
・グッドデザイン賞2015 大賞
https://www.g-mark.org/award/describe/42566
・Forbes Japan 日本の起業家ランキング 3位
http://forbesjapan.com/articles/detail/10248
・日経優秀製品・サービス賞2014 最優秀賞
http://www.nikkei.com/edit/news/special/newpro/2014/
・日本イノベーター大賞2014 優秀賞
http://business.nikkeibp.co.jp/innovators/?rt=nocnt
・ベストチームオブザイヤー2014 優秀賞
http://business.nikkeibp.co.jp/innovators/?rt=nocnt

<テレビ番組(You tubeより)>
・テレビ朝日 モーニングショー
https://www.youtube.com/watch?v=hqMDMg3Ikbg
・日本テレビ シューイチ
https://www.youtube.com/watch?v=zBT1V8KzCbw
・フジテレビ めざましテレビ
https://www.youtube.com/watch?v=AYm580q-SqM
・テレビ東京 WBS
https://www.youtube.com/watch?v=J-h66uk9fN8

≪メンバー≫
ソニーやホンダ、日産、オリンパス、トヨタ、マツダなどの大手メーカー出身のメンバーが集まっています。

Description

今年で設立5年目を迎えるWHILLですが、事業拡大につき、営業・マーケティング担当を増員することになりました!

歩道領域でNo.1を目指すWHILLで、世界に対してイノベーションを仕掛けていきませんか?

WHILL株式会社が企画・開発するWHILLは、世界でもトップクラスのエンジニアが集結してつくりあげた、最先端技術が集結したモビリティです。
ユーザーの生活をより快適にするために知恵を絞った製品を、あなたの手で世界中に広げていきませんか。

神奈川・鶴見を拠点とした営業・マーケティングのチームは現在全部で6名。ソニーで海外駐在をしていたが日本帰国とともに退職をしてWHILLにジョインをした人や、博報堂や富士通など大手企業を数年で飛び出して転職してきた熱意あるメンバーで構成されています。

社会人になって数年が経ち、自分の仕事の範囲や今後の成長イメージに物足りなさを感じている人はいませんか?WHILLではそういった思いを元に思い切って転職をしてきたメンバーがたくさんいます。

このポジションでは、全国各地を飛び回っていただきながら、代理店の開拓や個人のお客様への対応などの営業活動、そして事業拡大の仕組みをつくるマーケティング活動を行っていただきます。

目指すは、WHILLを街のどこにいっても見かける世界。自分がこの手で広げていったモノ・WHILLが世界中を走っているなんて、すばらしいではありませんか。

ぜひ一緒にその世界観を作っていきましょう。

Highlighted posts

Basic info
Looking for セールス&マーケティング
Job type Mid-career
Special features Available to talk on Skype
Company info
Founder 杉江 理、福岡 宗明、内藤 淳平
Founded on May, 2012
Headcount 60 members
Industries Automobiles / Industrial Machinery / Electronics / Electrical Equipment / Health Care / Pharmaceuticals

Recommendations (9)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Recommendations (9)

There are no recommendations yet.

Having more recommendations will help this job posting appear in the Company ranking.

Location

神奈川県横浜市鶴見区末広町1-1-40-F 横浜市産学共同研究センター内 F棟

Page top icon