1
/
5
マネージャー候補
Mid-career
on 2020-12-29 522 views

弊社メインプロダクト_グノシーのエンジニアリングマネージャー候補を募集!

Gunosy

Gunosy members View more

  • だいたいログ

  • 執行役員CTO 兼 Gunosy Tech Lab所長
    アクセンチュア㈱にて分析基盤や機械学習の実業務への導入支援を担当し、2014年当社参画。全社横断でのインフラ責任者、グノシー、ニュースパスの開発責任者、メディア事業横断での配信アルゴリズム開発責任者等を経て、現在は社内全体の技術責任者を担当。
    慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科修了。

  • 株式会社Gunosy 取締役 最高データ責任者(CDO)、グノシー事業責任者を兼任。筑波大学大学院システム情報工学研究科博士課程修了。博士(工学)。大学院ではソフトコンピューティングのHCIにおける応用研究に従事。博士取得後、IT系企業にてソーシャルゲームのデータ分析チーム立ち上げに関わる。2015年Gunosyに入社。社外での活動としてデータ可視化プロジェクトやハッカソンに参加し、総務大臣賞 (STAT DASHグランプリ2016) 、日本統計学会統計教育賞 (2018) などを受賞。

What we do

  • クーポンアプリ「オトクル」/女性向け情報アプリ「LUCRA(ルクラ)」
  • 情報キュレーションサービス『グノシー』『ニュースパス』

Gunosyのミッションは「情報を世界中の人に最適に届ける」ことです。情報が増え続ける社会において、データとアルゴリズムの力で1人1人に合った情報を適切に届けることにより情報格差がある社会の課題解決を目指しています。

主力事業はスマートフォン向けメディアアプリである「グノシー」「ニュースパス」「LUCRA(ルクラ)」などを展開しているメディア事業です。メディア累計のダウンロード数は6,846万ダウンロード(2022年4月現在)を超え、国内最大級の情報キュレーションサービスとなっています。

直近では、KDDI株式会社と、auのポータルアプリである「auサービスToday」の開発・運営に関する協業契約を締結し、2021年4月にリリースをするなど、メディア事業は引き続き拡大を続けています。

継続した事業拡大に向けて強みであるテクノロジーの更なる強化に向けて、社内組織「Gunosy Tech Lab」において、自社プロダクトのアルゴリズム改善など、データによるプロダクト改善を続けると共に、社外への技術提供および学会における論文発表を中心とした研究開発も行っています。

新規事業への挑戦も行っており、2021年6月には変化の激しい時代背景や昨今のコロナ禍の影響で変化する情報の受け取り手の環境、ライフスタイルに寄り添う一つの方法として創業以来初のD2C事業『『ムードペアリングティー「YOU IN」』の販売を開始しました。
「情報を世界中の人に最適に届ける」というミッションのもと、「メディア」だけではなく「お茶」という手段を通じて1人1人の気持ちに寄り添う「ムードペアリング」を目指しています。
リリース後は、ふるさと納税の返礼品に選ばれるなど、新たな収益の柱となっています。

子会社のゲームエイトでは、国内有数のゲーム総合情報Webサービス「game8.jp(ゲームエイト)」を運営しており、月間4,200万人以上のユーザーが利用をしています。同社は、「game8.jp(ゲームエイト)」の海外展開など、更なる成長に向けた挑戦を行っています。

新規領域における非連続的な成長に向けた取り組みも実施しており、国内外の有望なスタートアップ企業に対するベンチャーキャピタル投資を推進しています。直近では高い成長率を見せるインド市場への投資も積極的に行っており、厳選された投資機会に対する出資・M&Aを通じて、既存事業以外の成長の柱の確立を目指しています。

Why we do

  • 2021年5月にWeWork渋谷スクランブルスクエアへオフィス移転をしました。シェアオフィスならではの共用エリアには、お茶やコーヒーなどのフリードリンクバーがあるので、ソファでゆったりと気分転換もできます。
  • Gunosy社員の専用エリアは完全フリーアドレス制で、全席にディスプレイを完備しています。

Gunosyのミッションは「情報を世界中の人に最適に届ける」ことです。

スマートフォンの普及により、コンテンツは溢れかえり、良質なコンテンツを必要な人に届けることは難しくなりました。Gunosyは<技術・チーム・成長>3つの強みを活かして、この課題に向き合っています。

〜Gunosy Pride〜
ミッションを達成するため、全員で共有する価値観と行動指針
https://gunosy.co.jp/recruit/environment/

How we do

■ 長時間より長期間働ける環境
Gunosyでは人は会社の最大の資産と考えています。才能溢れる多様な人材が仲間を思いやり、お互いに切磋琢磨しながら驚異的なスピードで創造活動を行っていける組織づくりを行っています。

■ 三方良し、一方的にならない
スピード感のある意思決定と仮説検証(高速PDCA)を繰り返すことで、事業拡大を実現しています。そのため、問題発見能力や課題解決のための論理的思考力、さらには柔軟なコミュニケーション能力を求めています。

As a new team member

▼ミッション
- 開発メンバーのポテンシャルを引き出し、フロー効率の最大化を目指す
- 開発チーム・ステークホルダーとの連携、ファシリテーション及びコミュニケーションの改善
- KPIの理解、事業計画を踏まえた開発の推進
- 採用、オンボーディング、スケーラブルな組織を目指した育成

▼使用技術
- 開発言語
 - アプリ
  - Swift、Kotlin
 - フロントエンド
  - TypeScript、JavaScript(React、Vue.js)
 - サーバーサイド
  - Golang、Python、Ruby
- データベース
 - MySQL、DynamoDB、Athena
- その他
 - AWS(EKS、Lambda、ECS、RDS等)

▼ 得られる経験
カバー範囲を広く、横断的に様々な技術に関わり知見を身につけることが出来る環境です。プロダクトへの貢献を重要視しており、特定の技能だけでない幅広い業務での貢献を期待しているため、サーバサイドに留まらず、インフラやクライアントサイドに幅を広げることを推奨し、チャレンジを歓迎します。
少数精鋭の開発チームのため、自身に与えられる裁量が大きいです。現場で技術選定を行うことができたり、主体的にプロダクト開発に携わることが可能です。
開発組織のマネージャーとして、開発するだけでなく事業責任者とも距離が近く、ともに何をつくるか・優先順位について議論することができます。

▼ 今後どのようなことをやっていきたいか
- 開発組織再編後の定着(参考:https://tech.gunosy.io/entry/company_bets
- フロー効率の最大化
 - 阻害する要素(システム等)の見直し、リプレイス
- 中長期での成長を見据えた基盤強化
- プロダクトとしての独自価値の構築

▼必須スキル・経験
- Go、Python、Rubyなどのプログラミング言語を用いたAPI開発経験
- RDBとKVSを用いた業務経験
- サービス(プロダクト)の開発・運用経験、技術選定や設計の経験
- AWS等クラウド環境での構築・運用経験
- 課題解決に向けた仕様策定能力
- チーム、ステークホルダーと連携しプロダクト開発を行うコミュニケーション能力
- エンジニアリングマネージャー、開発組織マネジメントまたはリーダー経験

▼歓迎スキル・経験
- CI/CDに関する知見
- ReactやVue.jsを利用したフロントエンド開発経験
- オートスケーリングを必要とする大規模トラフィックの運用経験
- Go言語での非同期処理実装経験
- Android/iOSエンジニアとの連携、開発の知見
- サービス・機能の設計・ディレクション経験
- 数字・収益をベースにした定量的改善に対する学習意欲
- 数値に基づいてユーザのためのサービス改善をすることへの意欲
- 採用業務経験(面接・面談の実施、スカウト等)

▼ エンジニア支援
エンジニアとして成長し続けられるよう、スキルアップ支援(制度や環境づくり)に努めています。
- 担当領域の拡張サポートおよび推進(クライアント + サーバーサイド等)
- 技術カンファレンスへの参加支援制度
 - AWS re:Invent,Google I/O ,WWDC
 - KotlinConf ,Droidcon,RubyKaigi
 - 人工知能学会全国大会,言語処理学会,YANS
- 技術書籍購入支援
- 各種勉強会の実施
- 新しい技術の輪読会や勉強会の実施等

▼Gunosyが求める人物像
- 当事者意識を持って、サービスをより良くしたい方(課題解決型) 

- 目標達成のためにチームメンバーと協力して仕事ができる方(チーム感)
- 向上心があり、挑戦し続け、失敗から学ぶことができる方(チャレンジ精神)
- 数値にもとづいたコミュニケーションができる方(数値感)
- その場しのぎのためではなく、長期的価値をつくるために仕事ができる方(中長期的な視点)

Highlighted stories

正しさへのあくなき探究心で自ら異動を志願。分析から開発に転身を果たしたエンジニアの素顔。
「Gunosy Way」から「Gunosy Pride」へ。社員を巻き込んで生まれ変わった新バリューに込めた思いを、プロセスとともにお話します!
いまの気分に向き合い、寄り添い、肯定する。ムードペアリングが提案する「機嫌よく生きる」こと。
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
About Gunosy
Gunosy
  • Founded on 2012/11
  • 249 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都渋谷区渋谷 2-24-12 渋谷スクランブルスクエア41F
  • About Gunosy
    弊社メインプロダクト_グノシーのエンジニアリングマネージャー候補を募集!