1
/
5
農業専門家・研究開発
Mid-career
on 2021-03-11 996 views

日本の農作物で世界の農業に革命を起こしたい、篤農家さん募集

Oishii Farm

Oishii Farm members View more

  • Shinsuke Naito
    Director of R&D

  • Deciding to study English in the United States changed my life completely. Originally, I only planned to stay for my sophomore year in high school to pursue my goal, which was to become fluent in English. However, after spending a couple of months in Utah, I have realized the difficulty of learni...

  • Eriko Tsurugaya
    HR / Finance

  • ニューヨークでいちごの植物工場を運営してます。植物工場という日本の技術を使い、世界の人々に日本の美味しい農作物を届ける仕事をしてます。圧倒的なブランドを作り、世界最大の植物工場を目指します!

    日本からも施設園芸の篤農家さん、植物工場経験者、バイリンガルPMを積極的に採用しております。学歴不問、経験と情熱重視です。

What we do

Oishii FarmはNYを拠点として活動する世界最先端の植物工場のスタートアップです。
我々は日本の農業・植物工場の技術を活かして、世界中いつでもどこでも誰でも美味しい新鮮な野菜や果物を食べられるような、そんな世界を目指しております。

まず最初に我々は日本が世界に誇る最高品質のいちごに着目し、3年間の研究を経て、これまで植物工場では量産が難しいとされてきたいちごの量産に成功しました。アメリカで一般的に販売されているイチゴに比べて圧倒的に甘い日本のイチゴ。我々の植物工場でなければ、アメリカの天候・農業技術では生産不可能な品種です。Oishii FarmのいちごはNY中のミシュラン星付きレストランや五つ星ホテルから問い合わせが殺到し、NYのシェフでは知らない人はいない存在となりました。

ここからは更なる研究開発(農業技術&自動化・ロボティクス)を重ねると同時に、世界中に工場を拡大し、様々な日本品質の果実・野菜を世界中の人々に届けたいと考えております。

日本が世界に誇る施設園芸(グリーンハウス農業)とエレクトロニクス技術の結晶である植物工場という新たな農業技術を使って、世界中に日本の美味しい農作物を届けると同時に、400兆円とも言われている農業市場にパラダイムシフトをもたらし、「農業といえば日本」という21世記を一緒に創り上げていける仲間を募集してます。

Why we do

1. 持続可能(サステナブル)な農業の実現

農業業界は、いま重大な局面を迎えています。

日本にいるとなかなか感じる事が出来ませんが、世界の人口は増えていく一方で、気候変動や化学肥料問題により農業用地は年々減少しています。干ばつも世界中で発生しています。世界レベルで見ると10年後には生の野菜やフルーツが超高級食材になり、2-30年後にはほとんど食べられなくなる可能性があります。

植物工場は世界中場所を選ばず、天候に影響される事なく、95%以上の水をリサイクルする事で、これまでの農業よりも地球に優しい、サステナブルな農業が実現できます。

我々の子供・孫の世代がいまと変わらず、美味しい野菜やフルーツを食べるにはとてつもなく大きなパラダイムシフトを起こさなければならなりません。
Teslaが電気自動車で革命を起こしたように、Oishii Farmは植物工場で農業界に革命を起こします。

2. 「農業と言えば日本」と言われる世界産業の創出へ

植物工場は施設園芸とIoT技術の結晶です。日本はこの二つの領域において20世紀の間世界のトップを直走ってきました。その結果世界で初めて野菜を完全閉鎖型の環境の中で量産する「植物工場」という技術を確立しました。植物工場とは日本のお家芸なのです。

しかし日本は植物工場のビジネス化に時間がかかってしまい、今では米国をはじめとした諸外国のスタートアップがその覇権を握ろうとしています。Oishii Farmが米国の企業でありながら名前に「Oishii」を残しているのは、我々の技術が日本の物であるという事を世界に再認識して欲しいというところにあります。

20世紀は「電化製品と言えば日本」、「自動車と言えば日本」、という時代でしたが、21世紀は「食と言えば日本」、「農業と言えば日本」という一時代を築いていきたいと思います。

日本の農作物を世界に広めたいと熱いパッションを持ってる農家の方々や、MBA出身者、元外資系企業のトップランナーたちが構築する最速の開発ラインで、世界最大の植物工場の会社を作り、未来の"食"を救うこと、そして日本発の基幹産業を世界で立ち上げる事。これがOishii Farmのミッションです。

How we do

サッカー場ぐらいの大きさの倉庫に断熱材を敷き、多段式のラックを積み重ねて建てた独自の植物工場で、高品質なイチゴを効率的に栽培しています。LEDによる光量や気温、湿度、二酸化炭素量など、様々なパラメーターを調整しながら完璧な栽培条件を整えることで、365日最高品質のイチゴを作り続けることができます。
さらに、AIを使って作業・環境制御を自動化し、日々イチゴのポテンシャルを最大限に引き出すための研究開発を行なっています。

チームは、NYという土地柄もあり、世界中からプロフェッショナルが集まる超多国籍な集団です。外資系コンサル出身者もいれば、アーティストから元一流シェフまで、様々なバックグラウンドのメンバーが日本の技術に魅了され、農業界に革命を起こそうとしています。
また、大学機関や世界的なエンジニアリング企業など世界中のアカデミアとタッグを組み、オープンイノベーションな開発をしています。

As a new team member

我々は農場にていちごを安定的に生産するだけでなく、日々どのようにしたら植物工場の特徴を最大限に農業に活かすことが出来るかを考えながら、これまでの農業の常識に囚われない新たな農業のあり方を模索し続けています。

例えば1日を24時間ではなく、12時間にしたらどうなるのか?日本のいちごシーズンの気候を再現し続けたらどこまでいちごを収穫し続ける事が出来るのか?日々快晴の状態を再現し続けたらいちごは美味しくなるのか、はたまた疲れてしまうのか?通常の大気中よりも二酸化炭素濃度を高めたら、本当に光合成効率は良くなるのか?などいった、これまででは天候に限界があり実験すらする事が難しかったような、机上でしか想像できなかった様々な実験が可能です。

農家の皆さんであれば必ず「本当はもっとこうしたいのにな」、「もっとこんな天候になってくれたらな」と思った事があるはずです。それが全てコントロール出来る、そんな魔法のような場所が我々の工場です。もちろん何でもかんでもアイデアベースで実験を出来るわけではありませんが、きちんとした理論と科学に基づいて、様々なワクワクするような実験を行っております。そしてそこで学んだことを生産環境に落とし込み、再現が出来るのか、それをいちごの状態を見ながら少しずつ調整していくという地道な作業を繰り返します。

これらの一連の作業は研究者のメンバーと、いちごのエキスパートが一緒になって、科学と感覚を併せながら「何故そうなっているのか」を紐解き、新しいより効率的なレシピを開発していきます。植物の状態やデータを見て、何が起きているのかを瞬時に判断し、それを次の改善案へとつなげて行ける、そんな農家さんを募集しております。いちごだけでなく、トマトやメロンなど、グリーンハウスで栽培されている作物に強い篤農家さんの方、是非気軽に一度ご応募ください。

【仕事内容】
農業経験のある方には、以下の3つのロールがあります。どれか一つに就く人もいれば、複数のロールを同時並行で担当頂く場合もあります。
農場の生産管理:既に稼働している工場や今後新たに立つ工場の各拠点における、最適な生産方法の開発・導入・モニタリング・改善業務になります。苗の状態を毎日確認し、実際に農作業もしながらどのように生産品質・収量を改善できるかを日々モニタリング・改善して頂きます。新たに農場が立つたびに研究開発の成果を活かして少しずつプロセスが改善されますので、それを農家としての経験を最大限に活かしながら、現場に落とし込むといった匠の技が求められます。
研究開発の主導・サポート:研究開発チームと一緒にどのように品質を上げるか、また収量を上げる事ができるのかを模索して頂きます。仮説を立案し、実際に実験を行い、データを分析して何が有効なのかを紐解いていきます。研究者のメンバーには農業経験の浅いメンバーもいますので、農家としてどのようにいちごの健康状態を測るのか、そのノウハウの伝授も含めたロールとなります。
育種:既にOishiiでは植物工場に特化した品種の開発を開始しております。これまでの育種はグリーンハウスかつ日本の気候で効率良く作ることを前提としてされてきましたが、植物工場になった途端、品種開発の優先順位項目が大幅に変わってきます。味や収量はもちろん重要ですが、より少ない光で生産できる事であったり、植物工場のビジネスモデル上求められる様々な条件があります。逆に植物工場だから出来る事もあるので、それらを加味しながら、植物工場に特化した世界最高の品種を作り上げる事がゴールです。育種経験者の方、是非積極的にご応募ください。

【必要なスキル・経験】
●必須
・グリーンハウスでいちご、もしくはその他の作物を育てた経験のある篤農家さん
・経験年数は問いませんが、高品質の果物・野菜を独自のルートで販売出来ている方
・海外でも楽しく仕事をできるメンタリティをお持ちの方

●あると尚良し!
・海外で農業を指導した事がある
・他の農場でのコンサル経験がある
・育種の経験がある
・研究者としてのバックグラウンドがある

Highlighted stories

「農業の未来に革命を起こしたい」実家のイチゴ農園から離れて、アメリカの農業ベンチャーへ。農業の未来にかける熱い思いとは?
Oishii Farmが大型シリーズAラウンドで約55億円を資金調達。NYで、世界最大のいちごの植物工場の建設と完全持続可能型農業を目指した“Farm of the Future”の開発をスタート。
マッキンゼーから農業ベンチャーへ、チャレンジの原動力とは?
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
Oishii Farm
  • Founded on 2016/12
  • 50 members
  • Funded more than $300,000 /
    Featured on TechCrunch /
    Expanding business abroad /
    Funded more than $1,000,000 /
  • Kearny, New Jersey, United States
  • 日本の農作物で世界の農業に革命を起こしたい、篤農家さん募集
    Oishii Farm