1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
フロントエンド経験者
on 2021-01-02 1,307 views

Well-being人材育成サービスで超高齢社会の課題解決に挑みたい方!

株式会社TRAPE

株式会社TRAPE members View more

  • ●経歴
    経済学部卒業後、「人間臭さを追及し社会をよりよくしたい」という思いから、リハビリ専門職となり国家公務員系病院、介護事業所複数サービス運営責任者、吹田市介護保険事業者連絡会会長など医療・介護業界の第一線を歩む。

    現場のステークホルダー、そして高齢者の方々ともに多くの「課題」を抱えているが、それを「可能性」に変えるアクションを誰も起こせなずにいることを実感し、「デザイン」の力で社会課題を解決する会社をおこさねばと強い使命感をもつ。

    TRAPE創業後、厚生労働省の各種委員として国の制度づくりに深く関与。
    ・「介護サービス事業における生産性向上に向けた調査事業」試行的ガイドライン委員...

  • 仕事や経験にかかわらず、誰にも衣食住は必要。
    どんなことがあっても、人は一日ずつ生きていく。
    毎日同じような行動を続けながら、今までと違う結果を期待してはいけない。
    他へのリスペクトを忘れてはならず、かといって他の価値観に生きてはいけない。

    人は自分が思うより社会的な存在で、先人の創ってきた多くの社会的なアルゴリズムの中で暮らし、ごく一部の人が「新たなアルゴリズムがあれば社会はきっともっと良くなる」といって具体的な挑戦を試みる。でも既存システムの免疫力は思ったよりも高く、変化はなかなか生み出せない。

    それなりのリスクテイクと努力は必要。その覚悟をもって事にあたろう。

    昔のことは ↓...

  • 14歳の時にBASICと出会い、高専にてUNIXおよびC言語を学ぶ。

    3年半会社員エンジニアとして働いた後、24歳でフリーランスとして独立する。
    現在は地元に戻りリモートで複数のプロジェクトに参画中。

    最近は特にAngularとRxJSがお気に入り。

    【得意分野】
    ・アルゴリズム
    ・論理思考

    【経験値】
    ・Webアプリ開発
    ・OS開発(WindowManager/FileSystem)
    ・ルーティングプロトコル開発

  • disability と aging をもつ人がより生きやすいように。テクノロジーを使って解決したい。社会問題*福祉の可能性を探ってます。そのため同志でサークルを立ち上げました。

What we do

私たち株式会社TRAPE(トラピ)は、超高齢社会の課題に様々な現場プロジェクトで挑みながら、医療介護専門職がオンラインで専門性をアップデートできる人材開発サービス「Club TRAPE(トラピ)」を運営しています。
https://trape.jp/club-trape/

【主な事業内容】
Club TRAPEは、高齢者のケアに関わる医療介護専門職の「Well-being人材づくり」をオンラインで行うサービスです。

TRAPEはこれまで、国の制度づくり(介護保険・総合事業のデザイン)、自治体の介護予防を改革するためのパイロット事業、介護事業所の働き方改革・生産性向上などの案件に携わってきました。

そこで見えたのは、現在の介護制度の「限界」と、そこで働く人達の「可能性」です。

制度に縛られず、「目の前の方のWell-beingを追求する」という本質的アプローチを、医療介護専門職の方々に身に着けてもらうことで、その方々の活躍の場を拡げ、新たなキャリアを拓き、世の中のWell-beingを増やす。それがClub TRAPEで実現したいことです。

Club TRAPEで専門性を高め、本質的アプローチを身につけていただいた方には「Well-being Designer」として、孤独な高齢者の方の日常をWell-beingにすることや、他の専門職の方々にそれを伝えるという、新たな活躍の機会を提供しています。

【私たちのビジョン】
誰もが自分にとって最高の社会的な役割を持ち続けることができる、そんなWell-beingにあふれた日常にする。それがTRAPEの目指す社会像です。

TRAPEは、たくさんのWell-being Designerが生まれ、活躍してもらうための舞台となる場所です。
社名のTRAPEは、「trapezoid=台形」に由来し(なので、トラピと読みます)、企業ロゴでは富士山をイメージしました。Well-beingな社会の土台となり、そこで活躍する人の舞台になりたい、という願いを込めています。

日本中にいる、可能性をもった(でもまだ孤独に悩んでいる)専門職の方々が、オンラインで自在に対話し、学び、新たな領域を開拓していく。自身の成長と社会課題解決が両輪となって社会を変えていく。テクノロジーがその基盤をつくり、背中を後押し、ドライブしていく。TRAPEはそんな世界観で事業を進めています。

Why we do

国、自治体、医療介護の専門職の方々と多く関わる中で、ほとんどの方が「介護の現状は課題ばかりだ」とおっしゃいます。

課題とは、たとえば
・高齢者は増えるが、働き手は足りない
・採用してもすぐに辞めてしまう
・スタッフはいつも多忙で疲弊している
・高齢者は今より元気になることはない(悪化を防ぐことすらままならない)
・高齢者には可能性がないと考えてしまう
・社会保障・財源はもう限界
などです。

高齢者を支えるために作られた介護保険制度も、いつの間にかそこで働く人の生活を含めた制度の維持が優先されるようになりました。専門職も、提供するサービスの質や結果にかかわらず同じ報酬がもらえることに慣れ、なんとなく仕事をする日常が続いています。

しわ寄せは高齢者に行き、ひとたび介護保険のお世話になると、状態は悪化し続けて要介護度が上がっていくというのは、国の発表データからも明らかです。
今の制度や専門職には、まだ本人のWell-beingを追求する、そのためのサービスを提供する、という意識が根付いていません。今ある制度やメニューを金太郎飴のように提供する、自分の得意な専門サービスばかりを推奨する、ということが起こります。
それを知らない高齢者の方には、他の選択肢は与えられず、周囲に言われるがまま受け入れることで、可能性を失ってしまいます。

しかし、それは高齢者の真実の姿ではありません。
医療介護専門職がどのように関わるかで、高齢者の方々の状態(アウトカム)は180度変わります。
可能性を見出し、実現することで、元気になれる方が大勢いるのです。これが本来の「介護予防」です。

そこに私たちは一歩踏み込み、現状を変えようとチャレンジしています。
ご本人にもっとフォーカスし、ご本人のWell-beingな日常を実現したい、そう考えています。

そのために、私達と同じような意識をもちながらも、現状に押されて変化・行動できていない日本中の専門職の方々の背中を押し、学びを助け、対話を重ね、仲間を創り、Well-Beingを増やせる人を増やしたいのです。

みんなの未来をみんなでつくる、それが私たちの目指すところです。

■代表・鎌田の経歴
経済学部卒業後、リハビリの専門学校に入り作業療法士免許取得。その後病院勤務を経て、吹田市にある医療法人の介護部門センター長として、当時誰も手をつけていなかった介護保険の原点である「自立支援」を軸とした介護サービス(訪問看護、通所リハビリ、ケアプランセンター)を展開。同時に、同市の事業者連絡会会長として多くの介護事業者、行政、住民とともに地域づくりに取り組む。
その過程において、それぞれのステークホルダーが自分たちの課題をそのままにしていることに強い危機感を抱き、「ひと」「環境」「活動」の要素を新たにつなぎ合わせてデザインの力で本質的な価値を生み出すWell-being Designerとなるべく、2015年に株式会社TRAPEを設立。

How we do

【メンバー構成、特徴、多様性】
メンバーは現在10名ほど
・事業運営チーム4人 …… Club TRAPEでの教育・コーチング、介護現場での実証プロジェクトなど
・エンジニア4名 ......Club TRAPE開発
・アシスタント2名 など

社会への課題感や疑問を何かしら持っていて、アクションを起こしたいと思っている人間の集まりです。
出身は、医療介護系3名、金融・ビジネス1名、教育機関1名、などなど多彩な顔ぶれで、医療介護以外のバックグラウンドの方を歓迎しています(業界を変えるのはヨソ者!)。

【仕事の進め方、カルチャー】
■ 私たちはいかなるときも、ストーリーとアクションを大事にしています。
どんな方にも、その人なりのストーリ―やその先のビジョン・目指したいものがあると思いますが、それとTRAPEのビジョンが交差してると感じてくれた方、ぜひ一緒に働きましょう!

■そして、アクション。ビジョンは語るものではなく実現するもの。目標に向かってアクションを起こせる人が当社にカルチャーフィットすると思います。

■場所にとらわれない柔軟な働き方
本社は新大阪(Base TRAPEと呼びます。)、共同創業者は東京、CTO(最高技術責任者)は長崎にいます。現在は完全在宅勤務。遠隔地フルリモートも可能です。これからの働き方を率先して取り入れ、常に変化していくことを良しとしています。

As a new team member

医療介護の専門職(=ユーザー)向けにWell-Being教育を行う「Club TRAPE」というサービスのアプリ開発を一緒に進めてくれるエンジニアの募集です。

【主な業務内容】
Club TRAPEのシステム開発
フロントエンド・バックエンド両方の業務がありますが、
今回は特にフロントエンド経験のあるエンジニアを優先して探しています。

【求めるスキル・経験】
フロントエンドの場合【優先】
・Reactの経験必須(実務経験2年以上)
・TypeScriptへの理解あり(望ましい)
・デザインの知見あり(望ましい)
・バックエンド業務の経験(望ましい)

バックエンドの場合
・NodeJSの経験必須(実務経験2年以上)もしくは他のフレームワークでもTypeScriptに対する理解が深い

【採用形態・条件】
原則、居住地に制約なし(フルリモート可)
ただし、自律的・主体的な働き方ができることが必要
関西圏の方であれば本社オフィス(新大阪)を使っていただけます。

①中途採用・転職をご希望の方
➔ 一定の試用期間やパラレルワークでお互いのフィットを確かめさせていただきます

②副業希望の方
➔ ある程度の期間と稼働コミット時間の確保をご相談させていただきます

③学生インターンの方
➔ 上記の求めるスキル領域で1年以上の長期インターンを経験されている方

※ 法人、業者の方は今回募集の対象外です

【現在の自社の技術や環境】
・バックエンド……NodeJS。一部DDDの考え方導入。
・フロント……reactとredux
・リポジトリ……GitHub
・インフラ……AWS。ELB、EC2、RDS(postgres)構成。一部lambda。フロントはAmplify。
・コニュニケーションツール……Slack
・開発手法……アジャイルライクに2週間に1度リリース。その都度、各イテレーションで扱う内容をマネジメントと相談し、設計・実装していく。

【こんな方を求めています!】
・自ら考え、自らアクションを起こしてくれる方
・社会課題を解決することに興味がある方
・Well-beingを大事にしている私たちの考え方に共感して一緒に働いてくれる方

【やりがいや醍醐味】
・まだ少人数・伸び盛りのスタートアップのため、企業の成長を一緒に実現していくことができます。
・経営陣と常に対話しながら、ビジネスの全体像を理解し、上流からサービス開発に関わることができます。
・技術やサービス開発のほかに、これからの医療介護業界、人材開発、組織開発を学ぶことができます。

私たちのビジョンや目指す世界観に共感していただけることを何より大切にしています。
一緒に社会課題を解決していきましょう。

少しでも興味を持たれた方、一度お話してみませんか?
お待ちしております!!

Highlighted stories

TRAPEエンジニアチームのリアルとカルチャーについて
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社TRAPE
  • Founded on 2015/09
  • 10 members
  • 大阪府大阪市淀川区西中島5-11-9 新大阪中里ビル 3F
  • Well-being人材育成サービスで超高齢社会の課題解決に挑みたい方!
    株式会社TRAPE