1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.
研修講師(人財/組織開発支援)
on 2020-11-20 294 views

編集工学を活用した企業研修プログラムの研修講師募集

編集工学研究所

編集工学研究所 members View more

  • 編集工学研究所 主任研究員

    編集工学研究所で研修講師、企業のビジョン策定/カルチャー浸透支援を担当。編集工学の方法論を用いた商品/サービスのコンセプト開発や、組織価値の言語化を得意領域とする。

    1986年生/北海道出身/ワシントン大陶芸/イシス編集学校参丞/NPO情報発信講座/読書/アナロジー思考/アブダクション

  • 編集工学研究所 チーフエディター

    出版社で5年間雑誌編集を経験。その後NYでのデザイン留学を経て、編集工学研究所に入社。

    主に、クライアント(LINE、資生堂、理化学研究所など)からの依頼を受け、企画、コンセプト編集から、メディア制作まで行う。

    企業の文化や歴史まで幅広く編集の対象になるのが、出版社で仕事するより断然おもしろい! 編集をしたいけど、いわゆる出版社の仕事だけじゃなく、もっと広く、深くチャレンジしたいという方、ぜひご連絡ください。

What we do

どんな情報も「編集」することで新しい価値になります。ここで言う「編集」とは、書籍や雑誌の編集といったいわゆる職業としての意味にとどまりません。複雑さを増す社会において「編集する力」があらゆるところで求められています。私たち編集工学研究所は、この広義の「編集」を生業とするクリエイター集団です。

「編集工学」とは、「編集」の仕組みを解き明かし、社会のさまざまな場面に適応する技術です。人や組織に潜在する可能性を編集工学のメソッドで引き出し、その新たな価値を目に見えるかたちで表出させます。企業が漠然と抱える「思い」や「らしさ」を言語化したり、地域の魅力を文化背景をたどって表現したり……、「編集工学」する対象は多岐にわたります。そうした私たちの活動は、次のような事業に大別されます。

1)Roots Editing (ルーツ・エディティング)
組織や地域や商品等のルーツをさかのぼり、そこにある「らしさ」を新たな価値に転換する。
・企業理念・指針の再構築・再解釈
・インナー/アウター・ブランディング etc…

2)Concept Editing (コンセプト・エディティング )
商品やサービスや企業が持つ価値や目指す未来を、コンセプトとして表出させる。
・ヴィジョン/マスタープラン策定
・企画・コミュニケーション設計 etc…

3)Creation (クリエイション )
メッセージやコンセプトを表現し伝えるためのメディアを制作する。
・コピーライティング、ビジュアライズ
・パンフレット・冊子・書籍・映像等の制作
・書棚空間のプロデュース

4)Education (エデュケイション )
個人や組織の「編集力」を底上げする、さまざまな学びのプログラム。
・個人向け:「イシス編集学校」
・企業向け:各種修企業研修

Why we do

編集工学研究所の仕事は、知的探究を重んじます。たとえば企業理念の再解釈の際には、編集工学研究所が30年にわたり蓄積してきた「知の体系」を活かして、本質をたどる作業を入念に行うこと。この成果が如実に表れるのは、共通のビジョンや理念を描き浸透させることで組織の力を底上げするインナー・ブランディングや商品やサービスの魅力を発信するアウター・ブランディングです。

ブランドづくりや組織づくりの根幹となるのは、クライアントが現状思い描いている価値や理念をさらに掘り下げたところにある文化的文脈です。編集工学研究所のメソッドと知の体系を駆使しながら、そこにある本来の価値を編集していく。そのプロセスを経てはじめて、質の高い表現物をつくることが可能となるのです。

また、編集工学研究所の大きな特徴は、書物や本棚によってコンセプトを表現する場合が多々あるということ。「超近大プロジェクト」の一環である近畿大学の「ビブリオシアター」や、資生堂本店「SHISEIDO THE STORE」の4階フロアにあるブックサロンスペース「SHISEIDO THE TABLES」、無印商品の「MUJI BOOKS」などを、これまでプロデュースしてきました。オブジェクトとしての「本」を用いて、クライアントの持つ豊かなイメージを空間として創りだしていく仕事です。

How we do

  • 3階 オフィス
  • 1階 ブックサロンスペース[本楼]

編集工学研究所の従業員数は15名ほど。多くの外部パートナーに支えられながら、少数精鋭のチームを維持しています。所長である松岡正剛が蓄積していきた仕事や人脈、編集工学研究所の実績や評価、そういった他にない価値が、エキサイティングな案件や魅力ある人々を引き寄せ、編集工学研究所の周辺はいつでも創造性にあふれています。

世田谷区にある編集工学研究所のオフィスには、6万冊の本に四方を囲まれた「本楼(ほんろう)」というブックサロンスペースがあります。こうした膨大な知に常にアクセスしながら仕事ができる環境は、深く物事を考えかたちにすることが好きな人にとって大変魅力的です。

また、なんといっても、稀代の編集者である松岡正剛と仕事場を共にできるということは、大きな学びの機会でもあります。

As a new team member

編集工学研究所では、“少し狭くなった見方”を広げたり、“柔らかい発想”を促したり、“新しいアイディア創造”を行いたいなど、人財開発、組織開発の領域でさまざまなご要望を持つクライアント企業さまに対して、編集工学を活用した以下のような研修プログラムを提供しています。

■人財開発支援領域
・情報編集力研修:編集工学の基本的な「型」を3時間〜2日間のプログラムで講義。
・Quest Readig:「探究型読書」という読書メソッドのワークショップ。

■組織開発支援領域
・Quest Link:社内ファシリテーター育成による「共創型組織」の開発支援。

その他、企業さまのご要望に応じてゼロから研修プログラムを開発するサービスも用意しています。

研修プログラムの開発から研修日当日の講義まで、企業の人財/組織開発に関わる幅広い業務をお任せします。企業向け研修の講師経験がある方のご応募をお待ちしています。

Highlighted stories

【編集工学研究所のキャリア】主任研究員 橋本英人の場合
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
編集工学研究所
  • Founded on 1987/07
  • 15 members
  • 〒156-0044 東京都世田谷区赤堤2丁目15番3号
  • 編集工学を活用した企業研修プログラムの研修講師募集
    編集工学研究所