1
/
5

スマート農業を推進、収穫ロボット開発で「大分県IoT推進ラボ認定プロジェクト」認定

Edit

661 views

ABOUT

AGRISTは、大分県内で起業支援・シェアオフィス運営などを行うASOと共にコンソーシアムを構成し、大分県内の企業が参画するIoT等のプロジェクトや製品サービスを認定することにより、IoT等の活用に積極的に挑戦する元気な地元企業を応援する「大分県IoT推進ラボ認定プロジェクト」に参画します。

【大分県IoT推進ラボ認定プロジェクトについて】
大分県では、大分県版第4次産業革命〝OITA4.0〟を進めるにあたり、農林水 産業、製造業、サービス業など様々な分野で、幅広く IoT や AI、ロボット、セ ンサーなどを活用した地域課題を解決するためのプロジェクトを創出することを 通して、産業の新たな活力を創造することを目指している。

大分県 IoT 推進ラボにおいて、県内企業が参画する IoT 等を活用したプロジェクトを認定することにより、〝OITA4.0〟に積極的に挑戦する元気な県内企業を後 押しするとともに、IoT 等の活用事例を県内に広げていく。

 ◆大分県IoT推進ラボ認定一覧
 https://www.pref.oita.jp/site/sme/heisei29-ninteikekka.html

【事業概要】
「農作物の⾃動収穫ロボット開発運⽤における実証実験」
本プロジェクトでは、農業の高齢化や担い手不足に伴う人手不足という課題を解決するため、AIを活用した農産物の自動収穫ロボットを開発し、農家にレンタルをします。そして、これまでのきつい・儲からない農業から、楽しい・儲かる農業へ変え、地域の産業振興と次世代の育成に繋げます。

<スマート農業の実践によって目指す成果>
「反収を最⼤化できない・規模を拡⼤できない・儲からない」という農業の現状を変えるため、人手不足という問題を解決し、作業の省力化・効率化、病気の早期発見を実現し、農家と共に持続可能な農業を目指します。

<取り組む開始を目指す具体的な内容>
・地域の栽培環境に適したピーマン収穫ロボットの開発運⽤テスト
・AIによる病気発⽣の予測と収量最適化(データ蓄積と分析予測)
・収穫ロボットと人が協働するのに最適な栽培環境の構築検証

【株式会社ASOの会社概要】
・法人名:株式会社ASO
・所在地:大分県別府市田の湯町3番7号アライアンスタワーZ4階
・代 表:代表取締役 宮井 智史
・事 業:起業支援、シェアオフィス運営
・ウェブサイト:https://alliance-share.com/