1
/
5

リバネス社・宮崎県主催の「宮崎テックプランター」にて、AIと自動収穫ロボットで農業課題を解決する取り組みで『パナソニック アプライアンス社賞』を受賞

Edit

541 views

ABOUT

宮崎県から世界を変革する力をもったアントレプレナーを発掘・育成し、世界の課題の解決と地域における新たな産業創出を実現することを目指すプログラム MIYAZAKI TECH PLANTER(宮崎テックプランター、主催:宮崎県・株式会社リバネス)。

2020年2月1日(土)に開催された「第3回宮崎テックプラングランプリ」では、ファイナリストに選出された9チームによる熱いプレゼンテーションが展開されました。

AGRISTは、農業の人手不足を解決する社会的企業として、AIを活用した自動収穫ロボットの開発とレンタルサービスについて発表。農家と共にスマート農業を実践することによって、農業所得の向上と地域雇用の創出を目指す取り組みが評価され、パナソニックアプライアンス社賞を受賞。

今後も、先駆的にロボティクス業界を牽引する大企業と共に、更なる技術開発や連携を推進していきます。