Takashi Uchiyama

個人活動 / 宇宙飛行士挑戦エバンジェリスト

Takashi Uchiyama

個人活動 / 宇宙飛行士挑戦エバンジェリスト

歩くから道になる歩かなければ草が生える

1975年新潟県生まれ、埼玉県育ち。JAXAで新型宇宙船を開発しつつ、宇宙飛行士挑戦エバンジェリストとしても活動中。興味のあることを見つけたら、まずはとにかく首をつっこむ。首をつっこんだからには、それができるように努力をする負けず嫌い。一歩踏み出して、そこが道になっていくということを繰り返して、新しい道を作っていきたいと考えている。

個人活動1 year

宇宙飛行士挑戦エバンジェリスト現在

- 現在

(宇宙飛行士)挑戦の素晴らしさを広く伝道する。宇宙飛行士を志す人を応援する。

宇宙航空研究開発機構JAXA14 years

有人宇宙技術部門HTV技術センター主幹研究開発員現在

- 現在

地球低軌道から月周回軌道へ挑戦する。有人飛行も見据え、2代目「こうのとり」を作る。

  • 新型宇宙船を開発中

    現号機の「こうのとり」(HTV)を運用、グレードアップさせて、2代目「こうのとり」(HTV-X)を開発中。宇宙ステーションへの物資輸送のみならず、様々な先進的技術実証ミッションを行い、月周回ステーションへも物資輸送できるような宇宙船を作りたい。もっと遠くに、ゆくゆくは人を乗せて……という夢を描いている。

「こうのとり」(HTV)フライトディレクター

チームで「こうのとり」(HTV)のミッションを確実に成功させる。

「こうのとり」(HTV)フライトディレクター候補

日本で初めて、無人宇宙船を有人宇宙基地にランデブさせる任務を、オールジャパンチームでやり遂げる。

  • NASAと合同シミュレーションを行う

    未熟なチームながら、シミュレーターのなかで実際に「こうのとり」(HTV)のドッキングなどのミッションを行う訓練を実施。通常よりも不具合やトラブルが多く仕掛けられた訓練で、自分たちの宇宙船が安全であることをうまく伝えきれず、NASAに怒られてしまった。JAXAの上司からは「それがわかっていてアサインした」と言われ、実力をつけていかないとと改めて気を引き締めた。

  • 2008(~9)年第5期JAXA宇宙飛行士選抜試験受験に挑戦

    「こうのとり」(HTV)初号機の打ち上げ前で完全に油断していたところ、10年ぶりに宇宙飛行士の募集がスタート。10ヶ月に及ぶ試験に挑み、ファイナリストに選ばれるも落選。ショックだったが目の前にやるべき仕事があったことが救いになった。

    -

株式会社IHI9 years

宇宙開発事業本部HTV機構系設計担当

-

とにかく有人宇宙開発に身を置きたい。

  • 「こうのとり」(HTV)を開発

    入社と同時に希望していた「HOPE」プロジェクトが凍結し、宇宙に物資を輸送する「こうのとり」(HTV)の開発に携わる。社会人になり日本人も宇宙飛行士になれるということを知るも、それまで定期的に行われていた宇宙飛行士選抜試験がしばらくなくなってしまったので、本来やりたいと思っていた宇宙開発の仕事に打ち込む。CADや設計図の作成、バネの選定まで、修行だと思いながら業務に向き合っていた。

    -
  • JAXAに出向

    「こうのとり」(HTV)の開発事業のため、IHIに籍を置きながらJAXAに出向。「こうのとり」(HTV)の開発をほぼ完了。一度IHIに戻ったが、2008年にJAXAの中途採用試験を受けることに。

    -

東京大学大学院2 years

修士課程修了

-

宇宙開発の仕事をしたいと思いながらも、その延長として、何年か働いたら宇宙飛行士の選抜試験を受けたいと密かに考えていた。

東京大学4 years

工学部航空宇宙工学科

-

「大人になる頃には誰もが宇宙に行く世界になる」という思いから、その先にある宇宙飛行士を見据え、宇宙エンジニアになろうと航空宇宙工学を学んだ。


アプリをインストールして、知り合いの最新の活躍をフォローしよう