1
/
5

【TECH BLOG】AppleのデザイナーからZOZOTOWN新UIへのフィードバック - WWDC21参加レポート

こんにちは。ZOZOアプリ部の遠藤と林です。

日本時間の6月8日から12日にかけて開催された今年のWWDC21も、昨年と同様にオンライン開催でした。

FaceTimeの新機能であるSharePlayや、プライバシーが更に強化されたiCloud+、アプリ開発を一元管理できるようになったXcode 13など、新機能から開発環境周りまで幅広い発表が目白押しでした。

本記事ではオンライン開催が2年目になったWWDC21に対し、弊社のエンジニアが昨年の経験を活かしてどのように臨んだのか、また開催期間中の活動内容をお伝えします。今年3月に10年ぶりにリニューアルしたZOZOTOWNアプリとZOZOGLASSに対するデザインフィードバックも可能な範囲で紹介しますので、是非最後までご覧ください。

WWDCの概要

WWDC(Worldwide Developers Conference)は、Appleが年に1度開催している開発者向けのカンファレンスです。iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのアップデートをはじめ、開発環境周りの新機能などが発表されます。また、例年通りの各種セッションやLabsに加え、今年は新たに「Digital Lounges」と「Challenges」が追加されました。それらの新しい体験を加えた形でWWDCを楽しむことができます。


昨年の経験を活かしたオンライン参加の工夫

つづきは、こちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more