1
/
5

【ZOZOテクノロジーズスタッフインタビュー】 試行錯誤を繰り返し、貪欲にチャレンジし続ける。

【プロフィール】
福岡 明彦(開発支援本部 プロジェクト・AI推進部)
2019年6月にZOZOテクノロジーズへ中途入社。MA(マーケティングオートメーション)の事業推進や、グループ会社とのプロジェクト推進を務めたのち、2020年4月よりWEAR事業のPMとして携わる。

PM(プロダクトマネージャー)になろうと思ったきっかけを教えてください。

IT企業がカッコいいという漠然とした印象で就職活動をしていましたが、何か企画して、いろいろと仕掛けることが自分には向いていると思い、PMになりました。
離れている田舎の家族にも、自分の考えたサービスや機能をすぐに使ってもらえることが嬉しい体験だと思っているのですが、家族だけでなく、日本中、世界中の人たちに使っていただけるチャンスがあることがPMのやりがいの一つだと思います。

なぜZOZOグループに入社しようと思ったのですか?

今、ファッションという領域で、大きなチャレンジをするならZOZOグループしかないと思ったからです。
ZOZOTOWNや、WEAR、ZOZOSUITを中心としたあらゆるファッションデータがZOZOグループにはあるので、それらのデータやアセットを活かした新しい事業が実現できると考え入社しました。これまで数社の企業を経験してきましたが、ZOZOグループの社員は、ファッションやサービスに対する想いが強く、みんなカッコいいです。


続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more