Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

MTGの風景
オフィスの風景
株式会社Gudeは、情報格差による機会損失をなくすために様々な事業を手掛けています。現在は主に関西を中心に活動しており、事業を拡大させています。 ◆ Gudeのメイン事業について ◆ -ダイレクトマーケティング事業 一部上場企業の商材を扱ったセールスを行っています。人々の情報インフラがより良くなるように日々努めています。 -Webメディア事業 月間25万PVのWebメディア運営のノウハウを活かした、関西圏の学生向け総合情報メディアを運営しています。 -Webサービス開発 自社サービスを開発しています。リーン開発という手法で効率的な改善による最速でのPMFを目指しています。 -受託開発 クライアントに満足してもらうようなプロダクトを日々開発しています。 提案→開発→改善のプロセスを基軸に業務を行なっております。

Why we do

-ビジョン- 最善の選択肢に誰もがたどり着ける情報環境をつくる -仕事への想い- 膨大な量の情報がインターネット上に溢れている現在、一見すると都市圏と地方の情報格差は縮小していっているように見えます。しかし、その膨大な情報量と比べて、若者が本当に自分にとって価値がある情報にたどり着くことはますます難しくなっているのが現状ではないでしょうか。「本当に価値がある情報」とは、「今後の社会を担う若者が自分のアクションに反映することができる情報」のことだとGudeでは考えています。 生活をする中で日々膨大な情報が目に入りますが、ほとんどの情報は右から左に流れていくだけ。どこか他人事の情報を、自分たちの中に意味あるものとして蓄積するわけでもなくただ眺める。それが実情だと思います。 特に、都市圏以外の地方においてこの傾向は顕著です。インターネット上に掲載される情報はそのほとんどが都市圏のことを扱っており、地方に住む若者にとって自分自身の行動に反映しにくいものばかりです。事実、日本における放送を除いた情報流通量の約20%が東京に一極集中しています。インターネット上に流通する情報には誰もがアクセスできますが、情報環境にも地方格差が存在するのは客観的事実です。 株式会社Gudeは、情報環境の地方格差を解消するために、まずは関西圏の若者がより価値のある情報を得ることができる環境づくりに取り組んでいます。オンラインではwebメディアの運営を行い、オフラインでは学生がより身近にビジネスを通して社会経験をすることができるエコシステムを創っています。

How we do

飲み会に出歩く様子
▶︎フラットな組織体制 複数のチームによるプロジェクト方式で事業を進めています。誰もがお互いを認め合い、切磋琢磨していく環境です。意志疎通にスピード感があり、年齢や立場関係なくコミュニケーションをとります。 ▶︎スタートアップマインド 常にスタートアップを意識して業務に取り組んでいます。若者が中心メンバーだからこそ、敢えてお互いにプレッシャーをかけ合い、本気でワークします。ワーク後のフィードバックも真剣に取り組み、お互いを高めあえる環境です。 ▶︎Gudeならではの人材育成と実践 学生スタートアップという環境上、学習と実践を高速で交互に行う事を求められます。一方に注力しすぎないバランス感覚が養われます。成長に対するリアルな実感値が半端ないです。