1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

イタリアのブランド"ボリーニ"の革靴です。
お付き合いしているイタリアのメーカーさんのひとつです。 私たちは、作り手の思いや哲学に常に共感しています。そして親しい友達や家族のようなお付き合いをさせて頂いています。
 私たちWorld Footwear Gallery/ワールドフットウェアギャラリー(WFG)は、1979年の創業以来、世界中の良質な革靴をはじめとした革製品を取り扱っています。  商品は、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、モロッコ、イギリスなどのヨーロッパからメイドインジャパンまで多岐に渡りますが、時を越えて長く愛用できるものというコンセプトのもとコレクションしております。 そして、できる限り長く愛用していただける靴をお客様にご提供するために、店頭に並ぶ8割以上の靴がサプライヤーと直にやりとりをしながら注文をした別注品となっています。  ヨーロッパには定期的に買い付けのために出張し、現地のものづくりをしている職人たちとセッションを重ねながら買い付けを行います。  メイドインジャパンに関しては、日本の靴製造業の発展に微力ながら力添えができるよう、現在、特に力を入れている 分野です。  また、神宮前本店2階では、手縫いの靴職人やかばん職人、靴に手染めを施すパティーヌ職人らが在駐するオーダーサロンを運営し、オーダーメイドの受注販売も行っています。  パーソナルなものを所有する喜びというものは、飽食の現代、最も大切なキーワードです。このパーソナルな要望、想いを目に見える形にして、お客様に差し出すことは非常にやりがいのある仕事です。そのセッションの熱をその場で職人に伝えることができるのもオーダーサロンの魅力です。

Why we do

「靴について」 “良い靴はその人を素敵な場所へ連れて行ってくれる” 日本では「足元を見る」という言葉があります。 また社会の中では身嗜みが大切と言われますが、実際、その人の為人を察するにあたり、まず足元を見られることが多いことも事実です。 私たちは、“靴”は自分の人生を共に歩む、特別なものだと考えています。 時には、靴がその人を素敵な場所へ先導してこともあると信じています。 私たちは、お客様と共に歩む良い靴をご提供することでお客様の人生を豊かにするお手伝いをしたいと思っています。 「皮革製品全般について」 経年変化を楽しむ一流の"皮革製品”は、熟練の技術に加え、作り手の意識や情熱が反映されています。 それは、使う人の温もりと共に味が出て、その時々の生活を記憶していきます。 私たちは皮革製品の魅力を伝えることで、お客様の人生を豊かにするお手伝いをしたいと思っています。

How we do

現在は10名という少数精鋭で運営しています。メンバーは靴好きもいれば、イタリア好き、イギリス好き、007好き、ファッションマニアと様々ですが、お客様の喜びが自分の喜びであるという点では皆共通しています。小さい組織ですので、買い付けから海外業務、PR、イベント企画、ウィンドウディスプレイなどすべて自分たちで行います。意欲さえあれば誰だって、何だって出来る晴れ舞台を用意しております。スタッフは皆、ワールド フットウェア ギャラリーを自己実現の場にして一度しかない人生を謳歌したいと考えています。