Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

弊社はChatbotマーケティングのプロダクトのBotchanシリーズを展開しています。 皆様は入力フォームの離脱率はご存じでしょうか?実は68%もの方が最後のフォームで離脱するという実証結果が出ています。 せっかく広告宣伝費をかけて集客した人が最後の最後で離脱してしまう、、、、 私たちはChatbotを使い、申込もストレスレスに行うChatbotを中心に事業展開しています。 <プロダクト> ■Botchan EFO 今まで静的な申込フォームをChatbotの動的フォームにすることで 顧客のコンバージョン率を向上させるプロダクトです。 ■Botchan payment EFOと同様の要領でEC等の決済まで行うことが出来るプロダクトです。 こちらのプロダクトは日本に数社しかいない、競争力が高いプロダクトになっています。 ■Botchan for-LP 日本で数社、世界でも数少ないSNS広告×Chabotのプロダクトです。 SNSは準顕在層にリーチする一つの媒体です、当該プロダクトはその準顕在層に対して Chatbotを使いシナリオを通して顕在化させるプロダクトです。 ■Botchan AI Chatbotのレコメンドの精度をAIを用いて向上させるプロダクトです。 今後はすべての弊社Chatbotに実装する基盤になるものです。

Why we do

私たちは広告代理店事業から創業し、SNS広告中心に大きくグロースし、今は自社プロダクトである『Botchan』というマーケティングチャットボットの事業を進めています。 広告代理業とプロダクト事業は別のものではありますが、根底には変わらないクライアントのマーケティングに対するニーズがあります。 違うのは、アプローチの方法。 だから、クライアントの売上に寄与したいという点は今も昔も変わりません。 私たちが自社プロダクトを作りたいと思ったのは、SNS広告等のマーケティングの最前線にいて、正直色々とやり尽くした自負がある中で、クライアントもユーザーも疲弊しないマーケティングを探りたいと思ったからです。 今までのマーケティングの世界は一方通行が基本でしたが、そこにChatbotというコミュニケーションプロダクトを入れることでマーケティングが一気にインタラクティブなものになります。 そうすることでよりWeb世界をもっと全世界のみんなにとって滑らかなものにしていきたいと思っています。

How we do

<wevnalの価値観> ■CHANGE 変化:人生の主人公として、自らが変わり、自らが変えよ 〜時代、顧客、組織の変化に敏感であれ〜 私たちは9年間で通常の広告代理店→SNS特化型広告代理店→Chatbotマーケティングと変化をして言っています。 今後も時代を捉えて、地に足をつけながら1歩先のビジネス展開をしてまいります。 ■SPEED 迅速:期待を超える圧倒的スピードで信頼を得よ 〜wevnalの生命線はスピード〜 TRY&エラーを大切にし、まず1歩目を初速でやり、そのフォードバックを元に前に進めます。 何よりもこのスピードがなければ今もwevnalが9年続くことがなかったと思います。 ■INTEGRITY 誠実:さらけだし、ありのままの事実を報告せよ 〜嘘つかない、隠さない、ごまかさない〜 また誠実さと同時に言ったことをやり切るINTEGRITYも持った組織であり、またそのやり切る人を称賛する文化です。 逆に言えば、口だけの人材/評論家をもっとも嫌います。 ■CHALLENGE 挑戦:常に前提を疑い、自ら高い目標に挑め 〜今やる精神で失敗よりやらないことを恐れよう〜 弊社のChatbotプロダクト陣はまさにCHALLNGEしているフェーズです。 そこでは今までのビジネスで通用するものと通用しないものがあります。 なので何を前提としてやっていたことなのか、使えるもの使えないものを峻別しながら事業を進めています。 ■UPDATE 改善:失敗から学び、再現性を高めよ 〜フィードバック文化を創れ〜 仮説を元に小さく失敗し、ポイントを見極めて大きく投資していくのが弊社スタイルです。 SNS広告で大きく会社が伸びた時もそのスタイルで大きく会社が伸長しました。 Chatbotは今まさにその成功事例が少しずつ出来てきているフェーズです。 ■RESPECT 尊重:「ありがとう」に溢れる1日にせよ 〜最高のチームであるために関わるすべての人に感謝の気持ちを〜 価値が顧客に届けることこそが会社の存在意義です。 また1人では価値は顧客に届きません、それぞれが徹底して得意なことを磨き、総合力で顧客に価値提供を行います。 だからこそ社内の人に価値提供を受けた際に感謝することをとても大切にしています。