1
/
5

What we do

クライアントの『第二のシステム部』として課題を一緒に考え、解決していきます。
WCTCは課題に対して『スピード重視』をしています。メンバー全員で課題を共有し、解決策を考えます。
WCTCは、SIer/SES事業を主軸にメガベンチャーを中心に開発支援させていただいている会社です。 現在は、創業初期ということもあり、キャッシュエンジンとなるSIer/SES事業を主軸に行っておりますが、今期もしくは来期には、自社サービスの開発も進めていきます。 クライアント先にてある程度規模の大きなベンチャーならではの、案件の進め方や開発プロセスの推進方法を身につけることが出来、また立ち上げ期の会社で一緒に切磋琢磨し会社の成長を肌で感じられることが当社で働くメリットかと思います。

Why we do

同じビジョンを持ったメンバーが集まっています。
『テクノロジーで、ワクワクする未来を世界に』 これが私たちが実現したいビジョンです。 私たちはテクノロジーを活用し、もっともっと多くの人が笑顔溢れる社会実現に向け”ワクワク”するサービスを届け続けたい。 そのためには『エンジニア一人ひとりが主体』となりもっと”技術”を活かし、もっと”創造を形”に、もっと”楽しく”働き続けることができれば、私たちは多くの人を笑顔にできるプロダクトを届け続けることができると考えています。 エンジニアをはじめ、共に働く仲間、私たちと関わってくださる全ての人によって”ワクワクする”未来の実現を目指しています。

How we do

社員メンバー全員でディスカッションするカルチャーを大事にしています。
【クライアント支援】 ご担当していただく案件により異なりますが、基本的にはリモートワークの案件が中心となってます。 クライアント様のご要望により出社していただくこともございます。 週1回社内の定例を行い、各案件の進捗や課題を確認しております。 また、案件で困ったことが発生した際は、zoomやSlackで即時サポート対応できるようにしています。 案件内容やスキル面に不安がある方には、週次の定例だけでなく、必要に応じて日次で1on1を行い、即時フォローアップできるような体制を整えています。 【自社サービス】 現在は、自社サービスを全員で企画している段階です。 自社サービス構想提案を隔週で順番にプレゼンする時間を設けて、着実に進めています。 併せて、週1回で他社の事例やテクノロジーの活用事例を持ち回りで共有する勉強会を実施しています。 【企業風土】 当社は、年齢、経歴関係なく、社員メンバー全員で経営を行い、管理職を持たない組織づくりを目指しています。 積極的に一人ひとりがディスカッションに参加することで全員がプレイヤーとなれると考えています。 そういった背景から、社員メンバーに代表を「社長」と呼ぶのではなく、”名前”で呼ぶといったルールも設けています。 社員紹介の記事をぜひ読んでみてください! ●創業者インタビュー https://www.wantedly.com/companies/wctc/post_articles/339846 ●エンジニアインタビュー https://www.wantedly.com/companies/wctc/post_articles/341102