1
/
5

What we do

「フィールドボイスインカム」は、スマートフォンでトランシーバーやインカムのように多人数同時通話を可能にし、また、AIによる音声認識・音声合成技術をもちいて現場DXを支援しています
音声コミュニケーションを可視化することでコミュニケーションロスの解消、顧客対応力の向上.等、業務の効率化に貢献
ボイットは音声技術で現場DXを支援し、日本社会が抱える「労働力供給不足」という課題に真剣に向き合う会社です。 労働力供給不足が進む中で、「無駄な仕事をしない」「価値のない労働に人を従事させない」ことは大前提となり労働の質を高め生産性を向上させなければならず、IT/DX化を急がなくてはならないのが現状です。 しかしながら、医療・介護・物流業界のIT/DX化は皆さんが想像している以上に遅れており、未だ医療現場ではPHSが利用されていたりします。 ボイットはそのようなレガシーな環境を変えるべく、音声技術を用いて「人が本来やらなくてもよい仕事はシステムが巻き取る」ことを支援しており、 Voyt(ボイット)という社名には、Voice(音声)、Voy(Voyage、Voyagerの語源 )、Tech Companyを組み合わせた造語「音声技術で未来を切り拓く会社」という意味が込められています。 ボイットは、2023年8月に設立されたばかりのスタートアップですが、2023年10月に東芝デジタルソリューションズ株式会社が自社開発したスマートインカムサービス「フィールドボイスインカム」を承継し、数百社の顧客を引き継ぎながら急速な事業拡大を目指しています。 【事業内容】 スマートインカムサービス「フィールドボイスインカム」の開発・運営 「目指すは音声版Slack」 オフィスワークでSlackはテキストコミュニケーションツールとしてチーム内の情報共有の中心となる役割を果たしているケースも多々あると思います。 しかし、ホテル・旅館 ・病院・介護施設 etc... といった現場やお店では常にPCやスマートフォンを利用できる環境にはなく、画面を見ながらリアルタイムなコミュニケーションをとることは困難です。 そこで「フィールドボイスインカム」は、スマートフォンでトランシーバーやインカムのように多人数同時通話を可能にし、また、AIによる音声認識・音声合成技術をもちいて現場DXを支援しています。「音声版Slack」として現場のコミュニケーションの中心となり、コミュニケーションロスの解消、チームワークの強化、顧客対応力の向上...等、業務の効率化に貢献します。

Why we do

20代前半〜50代の様々なバックグラウンドを持つメンバーが活躍
それぞれの大企業やスタートアップでの経験を活かし、現場のDXに取り組んでいます
日本の総人口減少に伴い労働力供給不足が2030年には341万5000人 (現在の中国地方の全就業者と同程度)2040年1100万4000人(現在の近畿地方の全就業者と同程度)に上ると予想されています。 現在、既に医療・介護・物流といった生活を支えるインフラとなる業界は労働力不足といわれていますが、2040年には更に労働力不足が進み下記のような未来が訪れることが予測されます。 「人手不足や高齢化による患者の増加によって医療従事者1人あたりの仕事量が増加。その結果、医療ミス・事故の発生に繋がり、安全で質の高い医療がうけられなくなる」 「介護サービスを週5日受けていた人が週に1.2日しかうけられなくなり、家族が休んで看ていかなければならない」 「配達ドライバー不足によりものが届かない地域が増え、人が住めない地域が増える」 このような未来となれば更に労働力不足や過疎化に拍車がかかり日本の生産力が急速に失われていくこととなります。 また、人手が不足しているという理由で倒産している業種もあります。そのTOPとなるのが「旅館・ホテル業」です。期待されるインバウンド消費に、宿泊業や飲食業が応えられなくなる日も遠くはありません。 その中で、少しでも無駄な業務をITで解決したり、一人の能力をマルチに使えるように補助ツールを活用するなどで現場の支援に役立てられればと思い、我々は現場のDXにチャレンジしています。 ※参考文献:Works177号「 特集 未来予測労働力はどれだけ足りなくなるの?」

How we do

副都心線「北参道」駅徒歩4分、山手線「原宿」駅徒歩7分と好立地でおしゃれなシェアオフィス
屋上には国立競技場が一望できるリフレッシュスペースもあります
【メンバーについて】 ・20代前半〜50代のメンバーによって構成されています。 ・メンバーのバックグラウンドとして大企業での新規事業開発やスタートアップの立ち上げに従事してきたメンバーが在籍。大企業が自社開発した音声認識の要素技術に携わったメンバーもおり、スマートインカムを通じた現場DXに本気で取り組んでいます。 また、ボイットでは下記を掲げポジティブにチャレンジし続ける姿勢を大切にしています。 ●失敗を恐れず、自ら先頭に立つ ●仲間を信じ、個を尊重する ●いつでも顧客の味方であり続ける ●誠実に働き、仕事に誇りを持つ 【働き方について】 ・インターン・中途・役職の垣根なく裁量を持って働いています。 ・フレックス制度やリモートワーク(週1~2日)を取り入れ効率的な働き方を目指しています。(※入社当初は業務に慣れていただくことを目的に週5日オフィス勤務を期待しますが、業務内容に応じて出勤日数やタイミングについては相談可) ★働く環境についてのストーリー★ https://www.wantedly.com/companies/voyt/post_articles/889824 【ボイットで働く魅力】 創業1期目の会社なので事業や組織を作り上げていくやりがいがあります。やる気/適正のある方には、管理職候補として組織全体をマネージメントしていくことを積極的にお願いしたいと思っており、チャレンジ・ステップアップができる環境です! フレックス制度や出社とリモートワークとのハイブリッド勤務で「仕事」も「プライベート」も全力で充実させたい方にはピッタリな環境です。 ■資金調達リリース 2024年5月 シードラウンドで1億円の資金調達を実施 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000141407.html