1
/
5

すみやんインタビュー「成長を加速!UGへの転職。」

開発も名残惜しい。けれどコーポレートエンジニアが好き。


大学生のときにシステム開発に興味をもち、新卒でSlerへ入社しました。その後転職をし、コーポレートITに携わるようになりました。以前はシステム開発への名残惜しさもありましたが、現在はコーポレートエンジニアに魅力を感じています。

親の仕事の影響もあり、昔からコンピュータは身近な存在でした。
大学ではネットワークやシステム開発を学んでいて、一番興味をもったのはシステム開発でしたね。「私の開発したシステムを使用し、喜んでもらえたらいいな」と思っていました。
当時、毎週のように友達と飲みに行って「こんなシステムを作れたらいいんじゃないか」「グループウェアにこんな機能をつけてみたらどうか」など夢を語り合っていました。
懐かしいですね。
なぜ興味を持ったのか覚えていないのですが、大学生の時は「グループウェア」に着目していました。なんでなんだろう(笑)

新卒で入社したSlerは、グループウェアの開発を得意としていました。お客様先に常駐していたので、働く環境はUGと少し似ていたと思います。
開発をしたくて入社したのですが、実際の業務はシステムの運用でしたね。
開発はときどき行っていました。開発の好きなところは、思い通りの動きをしてくれるかワクワクしたり、動いたときに開発メンバーとハイタッチして喜んだりというところですね。仲間と協力して物を完成させていくというところに魅力を感じていたのかもしれません。
メインの業務では、影響範囲の大きい複雑なシステムを運用し、お客様の要望に応えたり、課題解決の提案をしたり、というところにおもしろさを感じていました。

数年働くなかで、お客様先のコーポレートIT部門の方々とコミュニケーションをとることも多く、自社のコーポレートITを考える仕事もいいなと思い始めていました。

得意な分野を活かして企業をよりよくしていきたい


その後、介護福祉という今までと異なる業界へ転職し、コーポレートIT部門の仕事をするようになりました。ITの知識や経験をもとに、営業や経理など他部門の業務を改善していきながら介護福祉業界の理解を深めていきました。他部門の業務を知ることで、会社の仕組みや成り立ちを学べることは特におもしろかったですね。

自分の得意な分野を活かして企業をよりよくしていきたいという想いはずっと変わらない点です。
得意分野は、システム開発に加えてコーポレートITが増えました。

その会社で突然吹いた新しい風は「買収」でした。これまで全く異なる会社の人たちが突然一緒に働くようになって、私の所属していた会社の社員は戸惑うばかりで、自分で考えて行動することができませんでした。親会社の方々から「それくらい自分で考えて」とよく言われましたね。
この会社はトップダウン型で、そこで働く社員は、受け身で指示待ちの人が多かったんだということに買収によって気づかされました。
その後、変化していく会社でさまざまな困難に遭遇しました。一生に一度といってもいいぐらい大変な経験もしましたね。おかげで、メンタル面はかなり強くなれました。
大変でしたが、誰かがやらないといけないことでしたし、こんなにも困難なことに挑戦できる機会はめったにないだろうと思い、仕事を続けていました。
それに、今後の会社の変化に当事者として関わっていきたいと考えていましたし、これまでトップダウン型の会社で言いなりになってしまい意見できなかったので、このような状態になってしまったことに責任を感じていたのもあります。

なにも知らない業界へ飛び込む楽しさ


UGに転職するきっかけとなったのは、登録していた転職媒体からのスカウトです。
実は、スカウトをもらう前からUGのことは知っていたんです。
少ない人数でコーポレートITの仕事をしていると、自社のシステム環境に没頭してしまいますし、常に自分の選択は最適だったのかという不安感もあって「他社のコーポレートエンジニアはどうしているのかな?」と調べたりもしていました。そのときに、たまたまUGのコーポレートサイトに辿り着き、ビジネスモデルに衝撃を受け、記憶に残っていたんです。

そんなUGからスカウトをもらったので、「話を聞いてみたいな」と思ったんです。UGでなかったら転職していなかったかもしれません。本格的に転職活動をしていたわけではなかったので、面談に行ったのも勢いでした。
スカウトをもらってから面談を重ねていくうちにUGにどんどん心を惹かれて、転職を決意しました。

介護業界に転職したときに、新しい業界を知り、多くの経験をすることで成長が加速することを実感しました。なので、転職を繰り返すのではなく、UG一社に属しながら経験したことのない業界を経験できるという点がとくに魅力的で、私の好きなコーポレートエンジニアでそのような働き方ができることにワクワクしましたね。

入社後は、すぐに異なる業界のお客様を2社担当するようになりました。限られた時間で会社の成り立ちや仕組みを知ることは難しいなと感じながらも、まったく経験したことのない業界のお客様なのでやりがいを感じています。
これからは複数社担当する中で、お客様のビジネスへの理解を深めていきたいですね。

ユナイトアンドグロウ株式会社's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more