1
/
5

What we do

広告表現チェックツール『TRUSQUETTA』
広告表現チェックツール『TRUSQUETTA』は誰でも簡単に広告表現をチェックすることができるツールです
株式会社トラスクエタは、AIチェックツール『TRUSQUETTA』を通してコスメ・サプリメント業界に特化したデジタルマーケティング支援企業です。 誇大広告などにより消費者も企業も行政もアンハッピーな事態が多く起きているこの現状を、「広告チェック」の観点から全ての人がハッピーになれる『世直し』企業です。 ■事業内容 ・広告表現チェックツール「TRUSQUETTA」の運営 ・広告表現チェックデータベース「トラスクエタ」の保守・運用 ■広告表現チェックツール「TRUSQUETTA」とは 誇大広告による被害は日々増え続けていて、最近では消費者センターへの問合せが1年間で20万件を超えています。 また誇大広告や薬機・景表法違反となる広告を出してしまった企業の課徴金支払い額も年々増加しており、ついには2億円を超える企業が出ています。 しかし、薬機・景表法広告表現監修を行っている企業はわずか20% 「指導する行政も、課徴金を支払う企業も、そして何より購入した消費者がアンハッピーだ」 「すべての企業が事前に広告表現チェックを行えば、誇大広告によるアンハッピーを減らせる」 と考え、トラスクエタは5年以上かけて広告表現のOKワードとNGワードを5,300語以上蓄積し、2019年に広告文章チェックデータサービス『トラスクエタ』を構築、弊社のオンリーワンサービスとして特許を取得。 そして2020年4月に誰でもかんたんに広告表現チェックができるよう『コノハ』をリリースしました。 2023年10月に名称変更し、「TRUSQUETTA(トラスクエタ)」に生まれ変わりました。 ■今後の展望 TRUSQUETTAは2023年でリリースから3年を迎えました。 3年間、常に「AIで、確認作業をスマートに」というミッションを掲げ、活動をして参りました。 これからも、このミッションは変わりません。 現在では、大手化粧品メーカー様やスポーツ用品メーカー様まで幅広くご導入いただいております。 更にこの活動を加速させるため、監視ができる機能、AIの強化等、より便利で使いやすいサービスへと進化させて参ります。 また、各企業様のニーズに合わせ、個別カスタマイズに対応するなどきめ細やかなサービスを提供させて頂いております。 2023年には米国進出を予定しております。 グローバルな視点で安心安全な広告配信に貢献できるよう、積極的に活動して参ります。

Why we do

企業理念はLove myself ではなく Lover yourselfです。
トラスクエタの名称には、 これからも研究開発を怠らず、トラスト(信頼)出来るデータを積み重ねていく。トラスト(信頼)のあるプロダクトへ成長していく。という想いが込められています。
■企業理念 自分を愛し、人を愛し、価値を創造し、未来を創る Love yourself, love the people, and to create value, to create the future. 私たちの理念は、Love myselfではなくてLove yourself です。 いつか人間的に成長して、『あなたも、自分のことを愛してね。』といえる優しい人になって欲しいという願いが込められています。 そして、『恩返しよりも恩送り』。先輩や上司からたくさんたくさん教えてもらった恩を返すのではなく、後輩やこれから入ってくるメンバーに自らが与えていく立場であってほしい。それが恩送りだと思っています。 スキルは誰からでもどこからでも学び、受け取ることができます。でも、スキルひとつ受け取るにも自分の主体性や、求める力が問われます。だからこそ、人としての在り方を大切にしてほしい。 そんな理念のもとでメンバーは日々成長しています。 ■弊社ミッション AIで、確認作業をスマートに 業務において、日々沢山の確認作業が行われています。 例えば広告文章の確認や、社内で展開される資料の確認、社内独自のレギュレーションの確認等々。 面倒だった確認作業。 AIが代わりに行うことで膨大な確認業務を激減させられる世界をイメージしてみてください。 今よりコストが削減できて、他の業務に時間を割けるようになり、何より確認作業のストレスから解放されます。 例えば広告の場合。 一度は広告で見たことはありませんか? 「痩せる!」とか「日本一」いった表現。 これらの表現は、誇大広告と言われるものです。 消費者がこの単語が入った広告を見て、商品を購入したのに効果がなかった、健康被害が起きた。 そんな相談が毎年20万件以上も消費者センターに寄せられています。 コスメやサプリメント、健康食品の広告は、薬機法・景表法などといった法律が関係しています。 これらは専門的な知識が必要、そして広告監修というものはとても時間がかかるものです。 また、この法律に違反していると措置命令や罰金(課徴金)命令が下されます。 そんな薬機法・景表法関連の広告監修を行っている企業は、現状わずか20%。 そして、6億円や2億円といった多額の課徴金命令が下されている事例が増えています。 もし、のこりの80%の企業が広告監修をやっていたとしたら? 消費者は、消費者センターに相談することもなく、健康被害に遭うことも防げたかもしれません。 企業は、商品の売り上げを罰金に支払うことも、会社のブランドが傷つくことも防げたかもしれません。 行政も、20万件の相談が減ればもっともっと有益な施策を進めることができるかもしれません。 それより何より、誇大広告を使って、消費者を騙してでも商品を売ろうとする社会があるという現状を変えたい。 正直者が馬鹿見ない、理不尽な社会を、広告チェックの観点から変えていきたい。というミッションが私たちにはあります。 私たちは、そんな理不尽な社会を変えていく、『世直し企業』です。 ▼理念やミッションに関する詳しい情報はこちらから! https://note.com/awc_hr

How we do

オフィス出社でもメリハリのある環境で楽しく業務を行なっています!
リモートワークでも常にメンバーとコミュニケーションが取りやすい環境で働くことが可能です。
■働き方は様々。 オフィスは東京都渋谷区にあります。東京在住のメンバーはオフィスに出社して勤務を行い、地方在住のメンバーはリモートで業務を行なっています。 東京だけでなく、海外を含めた全国各地のメンバー活躍しているのがトラスクエタの大きな特徴です! 業務の進め方は、Google meetsやオフィスに集まってAWCの文化である「1分トーク」を行なってから業務がスタートします。リモートで業務を行うメンバーもいるので、常にGoogle meetsを繋いで業務を進めていきます。出社していてもリモートでも分からないところはその都度質問できる環境があります。 終業時には業務報告と振り返りをして解散します。 出社でもリモートでも何一つ変わらない環境で働くことができます。 ■「挑戦する人」を評価 人事考査において、最も評価されるのは、「新たなことに挑戦して成功した人」。その次が「新たなことに挑戦して失敗した人」「挑戦はしなかったが、挑戦した人を手伝った人」です。 一方、評価されないのは、「何もしなかった人」です。 成績が上がればもちろん喜ばしいことですが、なによりも先に評価をするのはメンバー一人一人の「挑戦する気持ち」です。