This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【メンバー数は昨年比300%超!「さらなる拡大に向けた勝負の年」初の外部会場にて全社キックオフを開催!/ Event Report vol.1】

こんにちは!広報インターンの真木です。

先日、6月14日に株式会社TRASTA第15期のキックオフが開催されました!
本社メンバーに加え、ホテルの現場・支社のメンバーも集い、今期の事業戦略や各部署の進捗状況・今後の目標などを共有し、さらなる事業拡大に向けて決意を新たにした一日となりました。

ということで、今週と来週に渡ってキックオフ'15の様子を公開していきます♪
第1弾となる今日は、代表取締役と各部署から、今期の事業内容や目標に関する発表を中心にご紹介します。

今回のキックオフは初めて外部の会場となる、川崎キングスカイフロント東急REIホテル(下記写真)にて開催。実はこのホテル、「泊まる+α」をコンセプトにしており、遊びや学びのコンテンツと融合させた次世代ホテルなんだそうです。私たちにとって勉強にもなる場所ということで、COOの越島さんが選んでくださいました!

(写真:素敵なラウンジをお借りしました!)

◆代表挨拶

まずはCEO木地さんからの挨拶でキックオフはスタート。

「僕たちの会社は、今後も存続していく価値のある会社だと改めて強く認識しています」

今期は、これまで築いてきたベースを各々がどう使い、どう発展させていくかが重要となる勝負の年。ひとりひとりの行動が事業の拡大に繋がっていること、各事業部の垣根を超えて全社が結束を固めて走っていくことが大事だということをお話しいただきました。


◆今期の事業戦略

次にCOO越島さんから、今期の事業戦略や会社のバリューについてのお話を頂きました。

今期は、TRASTAが描く「STAYサイクル」構想をどれだけ確立させていけるかが肝となる年。各事業部が密に連携し、全てのユーザーに最高の旅行体験を提供する仕組みを築いていくというビジョンを全員で共有しました。

また、TRASTAのバリューである「走攻守」の根底にある概念として「Best for TRASTA」を皆で再確認。部署や勤務地が違っても「TRASTAにとってのベストとは何か」という思考回路を大事にしたいとお話を頂きました。

そして、「Best for TRASTA」の実現のために必要なものは何かと考えた時に、全員で大切にしたいのが「LOVE TRASTA」の気持ち。ストレート、けれども欠かせない思いですよね。
「会社が好き」「メンバーが好き」という純粋な気持ちが会社にとってのベストに繋がることをお話頂き、改めて「なぜこの会社にいるのか?」「自分はここで何を成し遂げたいのか?」を再確認できる時間となりました。


◆ホテル事業部

ホテル事業部は主に、ホテル営業・企画提案・設営・開業準備・運営を行なっています。

部長の杉本さん(下記写真、左)と、副部長の福田さん(下記写真、右)から、ホテルの受注から開発、運営などそれぞれのミッションと具体的なアクションを共有いただきました。

今後2020年までにSTAYブランドホテル18店舗のオープンを計画しているTRASTA。(https://stay-hotels.jp/
その実現に向けて、今期もホテル事業部を中心に会社一丸となって走っていきます!


◆STAY CYCLE部

STAY CYCLE部は、AIを用いて収集したビックデータをもとに、旅行者に最高の旅行体験を提供するためのWebサービスを作っています。
部長の岩本さんより、新しくリリースした旅前のWebサービス「intrip(https://intrip.jp/)」に関する説明や今後の拡大に向けた構想などを発表頂きました。

intripとは、inspiration+tripから来ています。
「素敵な偶然や予想外のものに出会う」という意味の「セレンディピティ」をキーワードに、旅との偶然の出会い、思いがけない発見を提供するこれまでに無いサービスです。比較的年齢の若いチームで作り上げてきたサービスを、今後どう広げていくか、どう質の高いものにしていくかなどの構想を共有頂きました。
他部署からの質問も多く、会社としても期待の大きいサービスであることが感じられました。

私も今後intripが普及し、多くの方に使っていただけるようになるのが楽しみです♪


◆STAY PACKAGE部

STAY PACKAGE部では「宿泊体験に革新を」をビジョンに、STAYホテルを中心とした新しい宿泊体験のデザインを目指し、サービス開発やホテル企画を行っています。

部長の辻さん(右)、開発マネージャーの山田(きゃりー)さん(左)、ホテル企画マネージャーの坂本さん(中央)から、今期のミッションや構想をお話いただきました。
今後リリース予定の新しいサービスについてもご説明いただき、TRASTAの目指すSTAYサイクルの確立に向けて日々前進しています!サービスについてはリリースをお楽しみに♪


◆HR&CC

経営戦略室のHR&CC担当山口さんから、今後のTRASTAの評価制度や働き方に関する制度、社内コミュニケーション活性化のための取り組みなどについて発表がありました。

TRASTAはこの1年でメンバーが3倍以上増えているんです!
本社だけでなく各ホテルの現場スタッフも急増し、これまで以上にコミュニケーションの活性化が重要となっていきます。
そのような中で、年に一度全社員が一堂に会するキックオフはとても貴重な機会。今回のキックオフの準備を中心となって進めてくださったのも山口さんでした。

さらに最近は、全員にとって働きやすい環境を目指すべく新しい取り組みが導入されており、この場で再度ご紹介いただきました。社員が気持ちよく働くことを大切にするTRASTAのカルチャーを再確認し、ここで働けている幸せを実感できた瞬間でした♪


ご一読いただき、ありがとうございます(^^)
次回の第2弾ではこのあとの表彰式、そして大盛況に終わった懇親会の様子をご紹介します!
どうぞお楽しみに♪

株式会社TRASTAでは一緒に働く仲間を募集しています

Web engineer
37兆円市場に切り込む!旅行系フロントエンドエンジニア Wanted!
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
管理部門アシスタント
旅行好きが集まるスタートアップ!管理部門のアシスタント/アルバイト募集
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
不動産販売担当
宅建を活かしてTechカンパニーへ転身!ホテル売却の契約・決済担当者を募集
私たちは「Tourism innovation -観光産業に革新を-」というビジョンを掲げ、テクノロジーやデザインの力を使って観光産業に大きな価値を生み出す TRAVEL Tech事業を核にIPOを目指すスタートアップ企業です。 インバウンドの増加、2020年の東京オリンピックなど活気あふれる観光産業は日本にとって、ますます重要な産業となっていく中、TRAVEL Tech事業を核とし、観光におけるタビマエ、宿泊、タビナカ、タビアトそれぞれの体験をリデザインし、次世代の旅行体験を作りあげるべく、TRASTAでは現在3つの事業を展開しております。 ◯ STAY CYCLE事業 旅のスタイルは代理店一括手配から、好きなものを自由に組合せるものへ変わりました。 私たちは更にその先の旅行体験を定義し、実現していきます。 第一手目として、「直感だけで "行ける旅" に出会える」旅マエのサービス『intrip』を2019年4月にリリースしました。 https://intrip.jp/ ◯ STAY PACKAGE事業 旅行者のための「新しい宿泊体験」を描き、実現に向けた仕組みを構築します。 長い間変化のなかった/見られなかったホテルにおける宿泊体験に対して、運営者側の働き方や仕組みから変えていくホテル運営のSaaSプロダクトを開発します。 ◯ ホテル事業 ホテルの企画から運営を行い、旅行者のニーズやインサイトを抽出します。 それらフィードバックをホテル内外の体験に活かし、旅行全体のサービスデザインを行うことで旅行体験の向上を実現するホテルを作っています。 https://stay-hotels.jp/ STAY CYCLE事業が最高の旅行体験を、STAY PACKAGE事業が最高の宿泊体験を、ホテル事業で最高のおもてなしを提供することで、旅行全体の体験を新しいものに変えていきます。 事業のビジョンに向かって明確な戦略を描き、日々ブラッシュアップを行い、全社員が高い自走能力と向上心を持ちながら日々の業務を推進しています。 2017年8名だった社員数も2019年4月時点で60名を超え、2020年には運営ホテルはおよそ16軒となります。
株式会社TRASTA
株式会社TRASTA's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more