Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

東新住建の暮らしを支える7つの安心「資産価値」

東新住建は創業して以来、住宅を引き渡す時には不透明になる地盤や躯体構造の安全性確保にとことんこだわってきました。生活する人々の健康や周囲の環境を考慮した家づくりを大切にし、街の緑化にも力を注いでいます。長期的な視点で見ると、こうした家づくりや街づくりが、建物をはじめ地域の価値を向上させることに繋がっていくと考えているからです。

さらにアパート建築では、1994年から「ザ・借家」を提供しています。メゾネットタイプの賃貸アパートである「ザ・借家」は、オーナー様の安定経営を支えてきました。

ザ・借家の開発のきっかけとなったのは入居者ヒアリングです。不満やクレームのほとんどは「上下階の住戸で発生する音」にはじまるという結果を得たのです。それなら同じ住戸が1階と2階を使うメゾネットタイプにすれば、上下階で起こるトラブルは解消されます。そう考えた東新住建は、住戸をメゾネットに配置して音の問題を防止したうえで、江戸の長屋の持つコミュニティーの良さを加味して「ザ・借家」を生み出しました。

長期的な収支を考えた時に重要なのは、入居率の高さです。入居者からの人気があり、稀少性のあるメゾネットタイプは、時間が経過しても高い入居率を維持できます。そのため、安定した経営が可能になります。

土地オーナー、入居者、管理者それぞれが満足できる「三方よし」を成立させるシステムが、長期的な不動産価値の向上を生み出します。お客様のニーズに寄り添ってきた40年の歴史が、東新住建の事業を支えています。

東新住建株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings