1
/
5

”誇りに思う仕事” を開発事業で叶える。劇的転職を経て会社の未来にワクワクする宅建士にインタビュー

いつもTAPPWantedlyをご覧いただきありがとうございます。採用広報の田中です!
本日は開発事業部にて宅建事務として活躍中のSugimotoさんにインタビュー。劇的転職のエピソードから今後のビジョンについてお話しいただきました。

ー はじめに、これまでのキャリアについて教えてください!

高校卒業から日焼けサロンやアパレル会社での勤務を経験し、給与への不満から ”手に職をつけたい” と考えて半年間でがっつりエステを学びました。フェイシャルとボディの資格を取得してエステサロンと美容外科での経験を積んだのですが、実際仕事をしてみると施術してる側が痩せるんじゃないかというくらいハードな仕事で・・・体力的にずっと続けられるか分からない不安を毎日抱えていました(笑)

ー そこで事務職を視野にいれたのですか?

仰る通りです!20代のうちにたくさんの職場を経験したからこそ、1つの場所・キャリアで定着したい気持ちも強く『ずっと働くなら安定している事務職!』 という考えが頭をよぎりました。
自分の生活を豊かにすることを考えて給与が高い事務職を調べたところ、不動産会社に所属する宅建士だったんですよね。”重要な業務を任せてもらえる” ”莫大な金額に携われる” というところに魅力を感じ、働きながら1年ほどで宅建を取得。前職の不動産会社に飛び込みました。



ー 前職ではどんなお仕事を経験されましたか?

実需から投資、マンションから戸建てとかなり幅広く扱う不動産会社で、申し込みからお引き渡しまでの対応を一貫して担当させていただいておりました。書類作成はもちろん金融機関の打診からお客様への重説、契約サポートまでを幅広く経験。パソコンと向き合うだけの事務ではなくて、お客様であったり外部の金融機関・司法書士の方とコミュニケーションが取れる仕事であったことはとても充実してたように思います!

ー そこから転職活動を考えたキッカケはあったんですか?

コロナ禍で不動産事業の停滞を感じたのが1番のキッカケです!私の ”宅建事務” として働いてた仕事内容も、だんだん別事業の事務をお手伝いする比率が大きくなり始めていて。この業界でキャリアアップしたいと考えていたこともありますし、2年半という期間の中で様々な案件を経験してたくさんの知識を吸収できたからこそ、”自分が違う環境でどこまで通用するのか” を試したくて、転職を決意しました。



ー 転職活動の中でTAPPを選んだ理由を聞かせてください!

1番最初はホームページを見て、すごく明るい会社だなと思って目に留まったのがキッカケ。細かく見ていくと、会社の発信が ”対お客様” を物凄く大事にしているということを感じてエントリーしました!
数社同時に選考を進めていたのですが、面接を通して人事の方や現場に所属する皆さんが物凄く話しやすくて一瞬でTAPPに惹かれたんです。社内のオープンさ、会社成長のスピード感、皆さんのお人柄も好きになって絶対ココがいい!と入社を決めました。内定いただけて本当に嬉しかったです・・!

ー なんと嬉しいお言葉・・!入社してから感じたギャップはありますか?

上長や役員の方たちとの距離がとっても近いということですね!前職は15人ほどの会社でしたが、TAPPは100人をこえる規模感ということで前ほど自分の気持ちをダイレクトに伝えられる機会は少ないのかなと思っていたんです。私にとって ”いいギャップ” であり、魅力的な部分でもあります!
いつも親身になってコミュニケーションを取ってくださるからこそ、『どんどん新しい仕事に挑戦したい!』と手を挙げられる環境です。

ー 現在はどんな仕事を担当していますか?

主に新築・中古物件の仕入れにまつわる宅建事務を担当しています!契約書のドラフトチェックから各システムの入力、お客様に提案するマイソクや物件資料の作成、新築や業者販売に関する重要事項説明書の作成などなど。中国籍の方へ販売をする営業担当も在籍しているため、ホテルやビルなどイレギュラーな契約業務も対応することもあります。億単位の金額がキャッシュで動くときは、ドキドキです・・!

ー 宅建事務としてのやりがいを教えてください!

まず、こんなに莫大な金額を動かせる事務は他にないのでスケールの大きさは1番楽しい部分かなと感じます。今後はもっと仕事の幅を広げて、海外であったり大規模な不動産であったり ”携われたこと” を誇りに思えるような仕事もどんどん増やしていきたいです!



ー 今後拡大する上で、チーム作りも大事になってきますね!

そうですね。開発事業部としての宅建事務は私が1人目ですが、物凄いスピード感で拡大する動きがある現在、仕入れ営業だけでなくコーポレート側の構築も必要不可欠です。未経験でも、宅建事務として自走できるように教育していきたいと思っています!
不動産業界って ”見て学ぶ” が主流なイメージかと思うので・・払拭していきたいですね!

ー 最後に、今後のビジョンをどうぞ!

TAPPがビジョンとして掲げる ”海外への展開” をはじめ、更にスケールが大きい不動産に宅建士として携わることが今後のビジョンです。街づくりやグローバルな事業の経験は私自身ないので、この会社で実現したいと思ってます。
現在、自社ブランドマンション【CREST TAPP】シリーズを土地から建設できるまでになって事業部としては拡大の兆ししかありません!今後も、開発営業と共に ”ワクワク” 成長したいです。

いかがでしたか?TAPPメンバーが熱いのは営業だけではありません!スケールの大きい仕事を自ら担いたいと考える姿勢、とっても素敵ですよね。今後も事業拡大に伴い宅建士としてサポートしてくれるメンバーは必要不可欠。今後の活躍も楽しみにしています♪

次回の投稿もお楽しみに~!!

株式会社TAPP's job postings
37 Likes
37 Likes

Weekly ranking

Show other rankings