Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

学生と代表取締役!二つの顔を持ち第一線で活躍する若手エンジニア、大平義輝さんに独占インタビュー 前編!!

(花岡歩:以下花)「今回は、シュアーイノベーションでシステム開発に携わっていただいている大平さんにインタビューしたいと思います。大平さんよろしくお願いします。」


(大平義輝:以下大)「よろしくお願いします。」


(花)「まずは大平さんの経歴や過去の活動についてお聞きしたいと思います。大平さんは現在大阪大学院の1年生で、大阪大学へ入学する前は高等専門学校に通われていたとお聞きしました。大阪大学に編入することにしたきっかけを教えてください。」


(大)「中学生の頃からアニメに登場する人のようなエージェントに憧れがあり、中学生でも分かる範囲でその技術について調べていたりしました。その結果、ロボットや心理学、脳のモデル化などに興味を持ち始め、一年生からロボットの授業を受けることができる松江工業高等専門学校に入学しました。

卒業が近づき次の進路を考えた際、日本の大学の中で、

最も『人のようなエージェント』の実現に近い環境を探し始めました。

その結果、現在の大阪大学基礎工学部に入学を決めました。」


(花)「中学生の頃から、将来どういったことをしたいか明確に決まっていたのですね。入学された大阪大学では現在、どのようなことを学ばれているのですか?」




(大)「人酷似型アンドロイドロボットを用いた対話の研究を行なっています。最近様々なデバイスで対話の研究開発が行われていますが、とりわけ人らしいモダリティ*を持つロボットと対話を行うと、対話相手は人のような反応をロボットに期待します。

私たちのところではより人に近いと認識してもらえるように認知機能や表出方法などを研究しているのですが、その過程で用いる現在の世界でトップクラスとされる様々な技術ですら人と比較するとまだまだ未熟なものと感じてしまいますね。だからこそアンドロイド、人らしいモダリティを持つ対話ロボットは今が黎明期なのではないかと感じています。」


(花)「スマートスピーカーやアンドロイドと会話をしていると、時々不自然に感じることがありますが、ロボットの『より人らしい会話』を実現させるための研究を行なっているのですね。その研究においてプログラミングをする機会はたいへん多いと思いますが、プログラミングを学び始めたきっかけは何ですか?」


(大)「高専に通っていた時、授業の一環でロボットを動かすための簡単なプログラミングをしたことがきっかけです。その後に、友人経由で繋いでもらった高専ベンチャーという団体(http://www.kosen-venture.com)で本格的に勉強し始めました。その団体ではオンライン上でチームを作り、Ruby on Railsを使ってサービスを作成していました。」


(花)「学生のうちにベンチャーで独自のサービスを展開していたのは本当に凄いですね。大平さんはハッカソンに参加したりなど、プログラミングの学習に対してたいへん意欲的だと感じたのですが、その学習の原動力は何ですか?」


(大)「高専時代は島根に住んでいたこともあり、自身が持つ能力をアウトプットしたり、新しい知識をインプットしたりする機会がほとんどありませんでした(今振り返ってみると、もっとオンライン上でコンペなどに参加するとよかったと思いますが、当時はその発想がありませんでした笑)。大学編入と同時に大阪に来ると、そのような機会がたくさんあり、テンションが上がってたくさんのコンペに参加していました。

最初は自身の能力をアウトプットすることが原動力となっていましたが、現在は基本的にプログラミングをはじめ自身が持つ技術は、達成したいことに対するツールという認識なので、

プログラムを使って様々な問題を解決したい、世界を変えたいという意欲が原動力となっています。」


(花)「課題解決や世界を変えるなどの高い目標を持ち、達成するために日々学習し続ける大平さんの姿勢にたいへん感心しました。私も大きな目標に向けて日々頑張りたいと思います。次回は大平さんが活躍されてきた活動や、これからのビジョンについてお聞きしたいと思います。」


* 話す内容に対する話し手の判断や感じ方。また、それを表す文法的範疇。(例.「だろう」「かもしれない」)





ーーーーーーーーーーーーーーProfileーーーーーーーーーーーーーー

大平義輝

大阪大学大学院 基礎工学研究科の修士1回生

石黒研究室にてアンドロイドの対話の研究に従事
株式会社FLAG WAVING 共同代表取締役

データサイエンスの教育団体, 阪大AIメディカル研究会部長

C2Cの広告サービスecbeas創設者,

シュアーイノベーションでは、自社サービスの開発や機械学習を用いた価格査定システムの構築、業務効率化システムの作成に関わる

Ruby on Rails, 機械学習, 自然言語処理のエンジニア、世界を変えるサービスを日々模索中

株式会社シュアーイノベーション's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings