1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

大規模オンラインイベント開催ツール「reBako(リバコ)」
スプラトゥーンプレイヤーの繋がりを支援するコミュニティ "イカナカマ" も運営しています
■ ビジョン 1年に1つファンに支持されるサービスを作る-聞いただけではイメージしにくいかもしれませんが、ファンに支持されるサービスを作ることには高いハードルがあります。弊社では、0から1を創り出すための努力を惜しみません! ■ 「しくみ」を創る ビジネスには様々な課題があります。 例えば、「集客の施策に行き詰まってしまった。」「もっと顧客の意見を聴きたいんだけど・・・。」「もっとデータを見やすくしたい。」等々、多岐に及びます。 弊社は、これらの課題を解決する「しくみ」を創っています。 ■ フルリモートワーク 弊社はフルリモートワーク体制、つまりオフィスがなく、完全にインターネット上をオフィスとするスタイルを採用しています。

Why we do

テキストでのやりとりにはSlackを活用しています
■ 少し未来の「日常」をつくる 弊社のミッションは『少し未来の「日常」をつくる』というものです。 利用者が日常的に、当たり前に使ってくれるサービスを作ることに価値を感じたり、共感してくれる方を募集しています。 ■ 働き方への挑戦 今でこそ当たり前となったリモートワークですが、創業当初よりもう6年以上も全社員がフルリモートワークで勤務しています。弊社の大きなチャレンジではありましたが、今後会社が大きくなっても、工夫を凝らしながらフルリモートワークを維持していこうと思っています。このようなワークスタイルにお付き合いいただける方、是非ご応募ください!

How we do

年2回はオフ会を実施
オフ会にて事業計画を発表する代表 車
■ ビジネスに踏み込んで課題を解決する 弊社のエンジニアは、インフラ構築やコーディングだけできれば良いわけではありません。どれだけお客様のビジネスを理解できるか、ということにも重きを置いています。弊社では、ビジネスの課題を幾度となく解決してきた実績のあるメンバーや、ときにはCEOと共に思考し、お客様の要望に応える、必要十分なソリューションを提供しています。 ■ 各々が自らのスタイルで働く フルリモートワークを行うためには、各々が自律していることがとても大切だと考えています。自律できる人にとっては、リモートワークは仕事とプライベートの両面で充実させるでしょう。 【働く地域を選ばない】 北海道から宮崎まで、皆思い思いの場所に住んでいますが、滞りなく業務を進められています。もちろん、海外で働きたいという方も問題なく働くことができます。実際に、1年間世界一周をしながら働いた社員もいます! 【働き方を選ばない】 オフィスがあると、オフィスに働き方を拘束されてしまいます。例えば、支給された資材が使いにくい、自炊したいのにできない、満員電車に乗らなきゃいけないといったように・・・。オフィスを完全になくすことで、これらの拘束から解放され、自分にとって一番働きやすい環境を自らの手でことができます。 【リモートで働くために】 円滑なフルリモートワークを実践するために、どのようなことをしているのか少し見てみましょう。 例えば、以下のようなしくみを導入しています。 * DiscordやGoogle Meetを用いた音声通話 * Slackによるチャットコミュニケーション * Google Drive等のファイル共有ツール etc. 上記以外にも様々な取り組みを行っており、常にブラッシュアップし続けています。 働き方は完全に個々人に委ねられます。 冒頭に書きましたが、だからこそ、自律する必要があるということです。