1
/
5

インターンでの悔しさを胸に、結果を追い求めて活動していく【インターン参加者ブログ】

はじめに

こんにちは!SAKURUG採用担当の神谷です。

この記事では今年SAKURUGで開催された2daysインターンにおいて、特に活躍した人に対して贈られる社員賞、かつ、SAKURUGのサマーインターン初っ端の神谷賞を受賞した学生から頂いた感想を紹介します!

SAKURUGインターンに参加した感想

まず始めにインターンとの感想としてはハードワークだったなと感じました。

たった2日間で事業立案からプレゼン迄を行う大変さを実感しました。このプレゼンも簡単なものではなく、細かい質問に対応したり、実現可能性をしっかり見られていたりと高いパフォーマンスを求められるものでした。

私たちのチームは特に大変で1日目から2日目にかけて案がピボットしたので1日目の後も2日目の前も、別で時間を取って集まっていたのはいい思い出になったかもしれません笑

私自身チームの中では大した働きはしていなくて、唯一やっていたことはモチベーションキープでした(チームの盛り上げ役です)。私は働く環境の軸としてチームワークを重要視していたので、それだけでも実現できてよかったです。

しかし、チームとしては優勝することができず悔しさが残りました。チームのモチベーションキープをするだけではなく、その先に結果がなければただの盛り上げ役で終わってしまいます。

この悔しさを糧に結果を追い求めながらこれからも活動していきたいと感じました。2日間という短い期間でしたが密度の濃いインターンでした。ありがとうございました!



今回は下記理由から神谷賞を贈らせていただきました。

・彼も記載してくれた通りのチームのムードメーカー

・意見の発信・傾聴の両立の体現

・結果を目指して取り組む姿勢

改めて、インターンに参加してくれてありがとう!!

りっかいの行動力はとても素敵です!

今後の就活も何事にも恐れず自身の強みであるムードメーカーを生かしながら

就活頑張ってね!!!

株式会社SAKURUGでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more