Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

好きです。と、言われる企業に。
PR3.0 Conference(2018.11.27)
私たちPR Tableは、SaaS事業「PR Table」と、コミュニティ事業「PR Table Community」を展開しています。 ■PR Table わが社を伝えるPRソリューション「PR Table」の企画・開発・運営を行っています。 企業・団体様が「社内に眠るストーリー」や「日々のちょっとした変化」、「仕事を通して溜まったノウハウ」をコンテンツ化して、わが社を表現していくSaas型CMSです。 累計1,000社(2019年11月時点)を超える人事・経営企画・広報担当の方々にご利用いただいてます(https://product.pr-table.com/) これまで、エンジニア1名、デザイナー1名で開発を進めて参りましたが、次フェーズでは開発組織の拡大を目指しています。 現在、フリーランスや副業エンジニアを中心に6名のチームへと変わり開発環境の整備を完了しました。

Why we do

PR Tableの創業メンバー
Public Relationsの探究と実践
ITの普及によって、人々は多くの情報を得ることができ、行動を起こすハードルが下がりました。しかしその一方で、あらゆる“出会い“にミスマッチが発生してしまっているのではないでしょうか。 それは会社であっても同じです。 社員数、売上規模などといった定量情報や、メディアによる第三者評価だけでは、ミスマッチをなくすことはできません。わが社らしさの“表現“を判断基準にひとつ加えることで、ミスマッチをなくすことができるのです。 だからこそ私たちは、会社が自社を表現でき、ステークホルダーに伝わるSaaS事業「PR Table」の企画・開発・運用と、会社や社会との新しい関係構築を考える"個"を育むためのコミュニティ事業「PR Table Community」の企画・運営を行っています。

How we do

会社の性格(2019.6現在)
渋谷道玄坂オフィス
開発チームは、フリーランス・副業メンバー合わせて8名という小さな規模ですが優秀なメンバーに恵まれ開発を進めています。 これまでの少人数体制での開発手法を見直し、モダンな環境への移行をしました。 開発内容としては、顧客側のダッシュボード・読者側画面のUIやデザイン、そしてデータの収集・分析など多岐に渡る開発をしていきます。 そして今後、更にプロダクト開発を進めていく中で正社員のエンジニアメンバーを募集しています。