1
/
5

SIerからweb系に転職してバリバリ活躍している方にインタビューしてみました!

こんにちは、広報担当の山崎です!
今回は弊社にはどんな社員がいるのか、どのように活躍しているのかをインタビュー形式でご紹介したいと思います。

今回紹介するのはSIerからエンジニアになって3年目の木村さんです。
木村さんは開発では主にPHPを使ってバックエンドを実装されています。
個人的な話ではあるのですが、私と同じ案件に配属された時は顧客折衝や提案をしてくださって大変頼もしいお方です。


Q. 簡単な自己紹介をお願いします

A. 新潟出身の木村です。今年で入社3年目になりました。
車好きのため、自動車部に入部していて、社内の車好きなメンバーと情報共有したり、会話で盛り上がったりしています。

入社する前の経歴を教えてください

A. キャリアは製造メーカーの組み込み系のエンジニアからスタートし、SIerを経てパーソンリンクに入社しました。
前職ではSIerとして、お客様の現場でシステムの開発・保守・運用を行っていました。


どうしてweb系に転職しようと思ったんですか?

A. SIerは使っている技術の領域が狭く、独自の知識に偏ってしまうところがありました。
Web系はオープンソースが基本でスピード感があるのでweb系に入社しようと思いました。


現在の役割や、仕事内容について教えてください

A. 社内の役割としては、広報チームやメンターチームに所属しています。
仕事内容としては、チームリーダーや開発をしています。開発では主にバックエンド(PHP、Laravel)を担当しています。


前職の活かせるスキルはありますか?

お客様の現場で業務行うことが多かったため、お客様とのコミュニケーションや調整周りです。
運用や保守にも関わる機会が多かったため、DB周りの知識は活かせています。

どのようなきっかけでパーソンリンクを知りましたか?

Web業界での転職を考えて、プログラミングスクールでWeb系の企業とのコネクションを探していた際に、パーソンリンクの会社説明会に参加したのがきっかけになりました。


入社を決めた理由は何でしたか?

A. 面接の際に社員同士の距離の近さを感じたことです。年齢差のある面接官同士でしたが、私の質問に対して、お互いがフラットな関係で会話をしていました。社員同士の仲の良さ、お互いの意見を尊重し合っている雰囲気を感じたことが決め手となりました。


入社前とのギャップはありましたか?

A. 人間関係については、面接の際に感じていた通り、立場や役職を超えてとてもフラットな関係で、社員同士の距離の近い会社でした。相談事や意見に対してもしっかり聞いて、理解してくれる上司がおり、安心して働けることがありがたいと感じています。
ギャップとしては、自由度の高さがあります。例えば、社内では毎週全体に共有している週報がありますが、プライベートな出来事を記載することがOKなため、仕事以外の点においてもお互いのことが知れ、コミュニケーションの活性化につながっています。
そのような週報のスタイルは今までの会社には無かったため、社員同士の良い雰囲気作りに役立っています。


今まで、「ぶつかった壁」みたいなものはありましたか?

業界として新しい技術やサービスが非常に早いスピードで生まれ、また現場でも活かされるため、常に新しいキャッチアップが求められます。案件によっても最新の技術や考え方が必要となり、都度のキャッチアップをスピード感を持って実施しなければならない点が壁として感じています。


仕事が一番楽しい瞬間、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

お客様に感謝される瞬間です。お客様に成果物を納品し、チームとしても個人としても感謝される瞬間は、自分のやってきた仕事に対して評価を頂け、やりがいに感じます。また、携わったサービスが無事にリリースされることも嬉しいです。


今後の展望を聞かせてください。

A. 今まで携わってきた技術を深めていき、経験してきた業界や業務知識を活かせる人材として活躍したいです。
また、中堅層としてマネージメントを担える管理能力も磨いていきたいです。

株式会社パーソンリンク's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more