This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

調理師から物流業界へ。私が営業として活躍する理由

佐藤 貴重 
営業
調理師として働いた後、PALに転職。ECの撮影、ライターから始まり、物流業務、コールセンター立ち上げなどを経験。現在は営業として活躍している。

調理師からPALへ。異業種スタートから物流営業までの道のり

以前は、調理師専門学校を卒業して調理師として働いていました。やりがいは感じていたもののハードな環境で、転職を決意。好きなことを仕事にしたいと思い、ECの撮影やライターの求人を出していたPALの求人を見て、応募したことが入社のきっかけでした。異業種からの転職に快く受け入れてくれたPALには感謝です。撮影などの経験しつつ、初めて「物流」の仕事に触れ、コールセンターの立ち上げなども経験しました。それまでは営業が成約に繋げてきた案件に対して間接的にサポートする業務がメインでしたが、フロントでお客様と接し、事業拡大の役に立ちたいという気持ちが次第に大きくなり、入社5年目の時に営業部への異動を希望しました。

失敗や経験が成果に変わる

希望が叶って営業に異動しましたが、最初は不安なことばかりでした。クライアント様は管理職の方であることが多く、提案する際には緊張の連続。周囲のサポートもあり、回数を重ねるにつれて、少しずつ提案や交渉の質が上がり、成果がついてきました。できることが一つずつ増えていったことが、「失敗や経験が成果に変わる」と自信につながりました。

異動を通じて感じるのは、上司は自分の可能性を信じてくれて、活躍できるフィールドを与えてくれているということ。初めての仕事でも先に役割を与えてくれるので、成長の伸びしろしかないです。そこには失敗を許容し、できなかったら次に活かそう!というPALの文化がベースにあるのだと思います。

変革期の物流業界だからこそ、未来を作っていると実感できる

今は物流現場の人材課題を解決に向けて、次世代のロボットの導入に向けたコンサルティング営業をしています。現場に駐在し、現業の洗い出しや課題整理をした上で、新しくできるセンターに機械化導入のサポートをすることもあります。自分の提案でお客様の悩み事が解決でき、感謝の言葉を頂いた時にはやりがいを感じますね。物流業界ではデジタル化、IT化が今まさに進んでいく中で、課題をひとつずつ解決し、その変化を共に創っていけるところに面白さを感じます。


今までにないものは自分たちの手で作ればいい。チャレンジングな環境で成長できるのがPAL

営業する中で一番大切にしているのことは、クライアント様との信頼関係です。信頼してもらえて初めて、悩み事をお話いただけることも多いんです。これまでのコールセンターや現場経験を活かし、お客様の気持ちに親身に歩み寄り、会話することを大切にしています。PALは物流を基盤に様々なサービスを提供していて、今までなかったものを作っていけるチャレンジングな会社です。そんな新たなサービスを一から作り上げ、新たなメンバーも増えてきました。今後、そんなPALに賛同し、新たにジョインしてくれる人達と共に、その可能性を広げていきたいです。


株式会社PAL's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more