1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

私たちはデジタルイノベーションの実現を目的としたコンサルティングファームであり、グローバルIT企業Pacteraが持つ高品質かつ最先端なテクノロジーを活用してサービスを提供しています。 【サービス内容】 <戦略コンサルティング> ・新規事業戦略立案支援 ・業務変革の戦略策定支援 ・マーケティング戦略策定支援 ・ビジネストランスフォーメーション ・チェンジマネジメント <業務コンサルティング> ・BPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)支援 ・業務可視化・分析支援 ・PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)支援 <ITコンサルティング> ・ITロードマップ策定支援 ・AI活用支援 ・Fintechアドバイザー ・ITソリューションアドバイザー ・最先端テクノロジーに関わるR&D(DevOps、IoT、AI、RPA、Digitalなど) 【プロジェクト事例】 <チャットボット導入支援> 日系大手保険会社様向けにチャットボットの導入支援を行ったプロジェクトです。現在のチャットボット市場は製品ライフサイクルの成長期に位置し、国内プレイヤーで溢れかえっています。そこで、パクテラがお客様のベンダー選定フェーズから参画し、今後起こりうる潜在的なリスクについての提言まで行いました。 参考記事:『チャットボットの未来語ります。<中途社員インタビューVol.2>』 https://www.wantedly.com/companies/pactera2/post_articles/175569 <クロスボーダー案件> 海外に多数拠点を持つ国内大手電子部品製造業向けにサイバーセキュリティ強化支援をするプロジェクトです。弊社の主な役割としては、セキュリティ文書作成、リスク管理、教育などを企画・提案・推進しており、特に海外拠点への施策説明・展開支援においては、弊社コンサルタントの語学力や推進力など、お客様からも高い評価を得ています。

Why we do

弊社代表取締役社長杉山
私たちが暮らしている日本では、人口動態の変化に伴う様々な社会課題が発生しています。その多くが「デジタルイノベーション」によって解決できる可能性があり、私たちが日頃感じている以上のポテンシャルがあると言ってよいでしょう。 しかし、多くの企業がR&D投資を加速させ、一見私たちの生活を大きく変えるような技術が開発されたところで、本当にデジタルイノベーションは実現するのでしょうか?自動車が生産されても運転できなければ価値がないように、テクノロジーが進化しても社会に実装できなければ価値があるとは言えません。 この背景を踏まえると、誰かが「テクノロジー」と「社会課題」の間に立たなければ、デジタルイノベーションの実現は困難といえるでしょう。私たちの存在意義は、テクノロジーの付加価値を高めて社会に実装できるコンサルタントを育成し、デジタルイノベーションを実現することにあります。

How we do

<パクテラグループについて> 中国に本社を持つITカンパニーであるPacteraは、北米、ヨーロッパ、アジア・パシフィックおよび中華圏をカバーし、従業員30,000名以上、17の国/地域にオフィスおよびデリバリーセンターを設置しています。ビジネス・ITコンサルティング、ソリューション、アウトソーシングサービスを幅広く手掛けています。また、International Association of Outsourcing Professionals (IAOP) が発表した「2017 Global Outsourcing 100」では、5つの領域において全て最高の評価を頂いている五つ星のリーダーカンパニーに選出されました。 <パクテラ・コンサルティング・ジャパンについて> パクテラ・コンサルティング・ジャパンは、2015年9月に設立されたパクテラグループの日本法人です。グループが持つグローバルネットワークや資本を強みとしており、現在の従業員は約100名です。日本企業をクライアントとしながらも、他国の支社と連携しながらグローバル規模でコンサルティングサービスを提供したり、日本法人で採用された社員を海外に派遣したりするなど、グローバルに働ける環境が整っています。 <社内プロジェクトについて> パクテラ・コンサルティング・ジャパンでは、コンサルティングサービスに従事するだけでなく、「会社を創る」ことを目的とした社内プロジェクトにも取り組めます。具体的には、以下のようなプロジェクトを社内で実施していますが、自分で構想を練って仲間を集めれば新しいプロジェクトの立ち上げも可能です。 ・PCJ海外派遣制度 シカゴやバルセロナ、シンガポールといったパクテラグループが持つグローバル拠点に出向いて、現地の知見やノウハウを日本に輸入するためのプロジェクトです。年次に関係なく3人程度のチームを組み、現地ではどのような社内施策が行われているのか、日本でも活かせる働き方は何かといった切り口から動画を撮影・編集してナレッジを共有します。 ー紹介Movie:第一弾シカゴ編 https://www.youtube.com/watch?v=i1AZR3G9hCg ・社内SNSツールの運営 全社員が簡易ブログを投稿できるSNSツールを運営しながら、社員同士の相互コミュニケーションを促進するための仕掛けを考えて実行するプロジェクトです。具体的には、「常駐先の近くにあるお勧めのレストラン」や「業務上の出来事」等といったテーマを決め、社内での利用促進を図ります。 ー参照記事:『外資系コンサルティングファームの社内施策に迫る!~社内SNS運営事務局インタビュー~』 https://www.wantedly.com/companies/pactera2/post_articles/163459