1
/
5

What we do

国際的で多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっています。
共同創業者は4名。「グローバル×Web3」で世界で戦える企業を創ります。
Pacific Metaは、「Connecting Japan to the world through reliable Web3.(信頼できるWeb3を通じ、日本と世界を繋げる)」というパーパスの元、「Web3の総合コンサルティングファーム」として、国内外のWeb3プロジェクトを一気通貫でご支援させていただいております。 Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対して、Web3の専門知識を活かしたコンサルティング/事業開発/マーケティングの支援や、グローバルチームであることを活かした国内プロジェクトの海外進出、海外プロジェクトの日本(及び東アジア)進出支援を行っております。 ▍事業内容 ▼コンサルティング事業 戦略コンサルティング、事業開発コンサルティング、トークン上場支援/コンサルティング、開発ソリューション、研修 ▼マーケティング支援事業 ハンズオン型マーケティング支援、国内プロジェクトの海外展開事業、海外プロジェクトの日本/東アジア進出事業、コミュニティ構築/運営 ▍会社HP https://pacific-meta.co.jp/

Why we do

若手の優秀なメンバーが揃っています。目標に向かって日々切磋琢磨しています。
ニーズに合わせ、国内だけでなく世界各国のパートナーとも連携。
創業の経緯はこちらのnoteをご覧ください。 https://note.com/iwasaki0614/n/nfcbf6d60b20b ▍事業選定理由 日本は2011年以上、11年連続で人口が減少しており、それに伴って国内産業も衰退しつつあります。そのようなマクロ環境の中で、偉大なる企業を作るには、「日本の強みを活かした事業をグローバルに展開する」ことが重要であると考えました。 日本の強みは「IPコンテンツ大国である」ということです。日本の漫画、アニメ、ゲーム等は世界でも非常に人気です。IP世界総収入ランキングでは、上位はほとんど日本のIPになっています。 そして、IPコンテンツはWeb3と非常に相性の良いものとなっています。 上記の理由より、私たちはIPホルダーを初めとする日本企業のWeb3化を支援し、日本企業と世界の橋渡しをする存在になろうと考えました。 ▍Web3業界における現状の日本の課題 ① グローバル化の遅れ Web3業界でも、海外企業が業界を先導しており、日本企業は専門人材・知識が不足しています。 ② 信頼できるパートナーの不足 Web3業界では知名度や実績のある企業が非常に少なくなっています。また、グローバルにコネクションを持つWeb3業界の企業が少ないため、日本企業と世界を繋ぐ企業がまだまだ足りていません。 ▍Pacific Metaが提供する価値 私たちは上記のような課題を踏まえ、海外の先行事例や最新情報を収集し、日本企業のWeb3化をハンズオンで支援し、日本の遅れを取り戻します。また、日本企業に対し、Web3の社内教育支援も行うことで、日本全体のWeb3リテラシーを向上させてまいります。そして、いち早く日本・海外で知名度・実績を獲得し、Web3業界で信頼されるパートナー企業になり、日本と世界を繋ぐ存在になります。 ▍インタビュー記事 学生起業・M&Aを経験した東大出身CEOがWeb3に挑戦する理由は? | PM創業ストーリー リンク:https://www.wantedly.com/companies/pacific-meta/post_articles/459899

How we do

開放的なオフィス共用スペース
年齢を問わず自由な発言が尊重される環境です
▍若くて優秀なグローバルメンバー 平均年齢は26歳と非常に若い組織です。スタートアップでの新規事業立ち上げ経験者やマネジメント経験者、Web3領域に深い知見をもつメンバーが集まっています。また、世界各国から様々なバックグラウドを持つメンバーが集まっており、文字通りグローバルチームになっています。 ▍フラットでオープンなコミュニケーション 年齢層が若く少数精鋭の組織ということもあり、ポジションや年齢に関わらずオープンでフラットなコミュニケーションが多いのが当社の特徴です。 ▍社内勉強会 社内では定期的に流行っているWeb3サービスのリサーチ結果の共有や、ブロックチェーン・NFT等に関するリサーチ結果の共有を行っており、それにより社内全体のWeb3リテラシーが向上しています。また、Notionにこれまでのリサーチ結果を蓄積することで、新しくジョインしたメンバーも非常にキャッチアップしやすい環境になっています。