Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「もっと裁量がある仕事をしたい」そう思った20歳の男が動画領域に挑む

”動画が好きだった男の理想と現実”

大田 :こんにちは大田です。今日は同じ動画チームの若きエース『タサキング』にインタビューしてきました!タサキングさん今日はよろしくです!

タサキング:よろしくでーす

大田 :手の動きが斬新ですね...それではインタビューさせて頂きます!まず、モスティーで働く前は何をされていたんですか?

タサキング: もともと動画編集に興味があり、前職でコスメ動画の動画編集とユーザーの動画分析をしていました。理想では『もっと自分の提案したことを動画にできたりするのかな』と思ったのですが、実際は指示された動画をたんたんと動画編集するだけで、とてもつまらないものでした。それで僕は『ここにいては行けない』と思い、前職を辞めました。あとは、前職は10時出社なので僕は耐えれませんでしたね。笑


大田:わかる...僕も朝は苦手です。笑 そこからなぜモスティーに来ることになったのですか?

タサキング:高校で知り合った友人に、社長の杉野さんと直接話をする機会を頂き、実際に話しをしてこの人と仕事したいなと、思いモスティーに入社しました。

大田:おお!!杉野さんのどんなとこに惹かれたのですか?

タサキング:物事の肝をとらえるのがうまいと思いましたね。その時自分の中で迷っているものがあってそれをぽっと解決してくれてすごいなと。

大田:なるほど!さすがだ。モスティーで働いてていいなって思うこととかありますか?

タサキング:いい意味で文化祭の延長線って感じですね!笑 でも、マネタイズはしっかりやっていて。全員が当事者意識持って仕事している。すごくこの雰囲気が好きです。後はエンジニアとデザイナーの垣根がなく誰もがフラットに話せるというのはすごくいいなと思っています。

大田:ほんとにそれですね!まじいい会社!具体的に今会社では何をしているのですか?

タサキング:今は動画メディアチームで働いていますね。これから動画の領域はまだまだ伸びていくと思ってて今はYouTubeなどの人依存のコンテンツが多いのですがそれは会社としてやっていく上でリスクだと思うので、コンテンツ依存型のチャンネルを立ち上げられないかと思っていて。「Nicole」人間に依存しないチャンネルを立ち上げることに挑戦しています!

大田:かっこいい!今後やっていきたいこととかありますか?

タサキング:動画って領域は成長率を落とさずに伸びていくと思っていてモスティープレスのチームでしかできなことを確立していきたいと思っています。

大田:ありがとございました!動画チームがんばっていきましょう!



株式会社モスティープレイス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more