1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

社名・ブランドであるMINAGINE(ミナジン)は①経営者・社員を含めた組織で働く「みんなの人事部」、②日本全国すべての会社の「みんなの人事部」、という想いを込めて、創業メンバーで策定しました。
労務管理のワンストップサービスを提供するには各分野のスペシャリストが求められます。エンジニア、社労士、コンサルタント、実務エキスパートなど、違う強みをもったメンバーが連携しながら仕事を進めています。
テクノロジー×ヒューマンサポートで「人事労務」総合サービスを提供するHRtechベンチャー 私たちは、人事労務のプロフェッショナルチームです。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションのもと、すべての人に働きやすい環境を提供するべく、サービスのローンチから10年を迎えたテクノロジー+ヒューマンサポートを提供する『人事部サービス』を手がけている会社です。 現在は主にベンチャー・中小企業を中心に、人事制度の構築をご支援しています。自社開発によるHRTechシステムと、約30年にわたり蓄積した人事制度の知識やノウハウを掛け合わせることで、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 当社の強みは人事労務のワンストップサービスを提供していることです。「勤怠管理SaaS」、ルールの整備・見直しを行う「コンサルティング事業」、明確化されたルールに基づいた運用サポートを行う「アウトソーシング事業」を展開しており、お客様の要望に応える形で開始したサービスもあります。 人事業務は勤怠管理1つとっても、法解釈の違いや具体的な管理手続きの方法など、理解が非常に難しく複雑な部分が多くあります。だからこそ、私たち『人事労務のプロ』がサポートに入り、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 ※サービス紹介はこちら https://minagine.jp/ ■MINAGINE就業管理システム ■MINAGINE労務管理アウトソーシング ■人事評価制度コンサルティング&クラウド ■社労士顧問サービス

Why we do

会社・働き方ともに大変革のタイミングを迎えています。これからの時代に求められる「新しい労務管理の在り方」が問われており、私たちの活躍しどころだと思っています。
メンバーがやりがいをもって働ける会社のベースは「従業員が安心して働ける基盤づくり」だと私たちは考えています。
近年「働き方改革」に伴い、働き方が大きく変容してきています。 HRTech領域はミック研究所の調査結果によると、2017年179.5億円、2018年250.8億円、2019年355億円と順調に推移しており、2023年には1000億円を超える市場規模となることを推測しています。HRTech拡大の背景には、あらゆる人事労務の「課題」が表面化してきたものだと考えています。 これまでの働き方としては、年功序列型賃金や、性別・雇用形態などに格差のある待遇などが主流でしたが、現在は年功序列から成果主義が主流になりつつあります。 それぞれの企業に合った人事制度や働きやすい環境が構築されていなければ、「良い人材が辞めてしまう」ということも少なくなく、従業員から不信・不満を持たれ仕事のパフォーマンスに影響が出ることも少なくありません。こういった課題背景から、問題意識を持って人事労務の課題解決をしようという企業が増えてきています。 本来、会社とは仕事を通じて達成感や成長を味わいながら、安心できる未来を描ける場所で、それを支えるのが人事の仕事だと考えています。 当社が目指すのは今まで以上にテクノロジーの力を活用し、いまだかつてない新しい「人事労務のスタンダート」を築くことです。だからこそ、「人事の力で会社をみんなが生きる場所にする」というコンセプトを掲げ、「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションの実現に向け、邁進し続けています。 《私たちの想い》 ”MINAGINブランドストーリー”この事業に込めた我々の想い https://www.wantedly.com/companies/minagine/post_articles/54086

How we do

社員数は現在40名。20代・30代を中心に、分野の違うスペシャリストが少数精鋭で中小企業の人事の課題と向き合っています。
半期ごとに全社員が集まる総会を開催しています。会社・部門方針はもちろんですが、個々人のやりたいこと・目標も議論しながら考えています!(この時はOKRの設定がテーマ)
~事業・組織の未来をともにつくる仲間集め~ HRTechの市場は急拡大しているフェーズです。組織的にも大きな変革が求められており、急拡大のフェーズを支える仲間を集めています。 ミナジンには様々なバックグラウンドをもった社員が在籍しておりますが、それぞれに共通しているのは、「全ての働く人たちが働きやすい環境を作るサポートをしたい」といった想いを持ち、それを実現するために行動していることです。 私たちのサービスを実現するには、人事制度のトータルサポートが必要不可欠です。そのため、システム開発のエンジニア、制度設計のコンサルタント、就業規則作成などの社労士、給与・保険実務のエキスパートなど、各領域の専門家と共にチーム一丸となって人事の課題と向き合い、企業の人事課題を解決へと導いています。 現在はIPOに向けて準備を進めており、各ポジションごとに新体制を構築しているフェーズです。今やる仕事が5年後・10年後と、当社の仕組みとして残っていくため、「体制が構築されたステージ」で働くのではなく、それを「自分で構築したい」というアツい想いを持つ方にとってはピッタリな環境だと思っています。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションに共感でき新しい何かを創り上げることに対しワクワク感を感じながら働きたいと感じている意欲のある方と共に邁進していきたいと思っています。 また、当社は『やりたい』と言ったことに対して機会を奪うことは基本的にしません。成長機会を貪欲に求めたい人や、自分の実力をもって、大暴れしたい人、今いる場所では何かできないことがあるのだとしたら、ぜひミナジンで挑戦してほしいと思っています。 《当社の組織運営に関する記事》 ・「感情の衝突」はどう避ける? ミナジン取締役が実践する「個を消す組織改善」 https://wevox.io/media/dio_story_minagine/ ・感謝の言葉で人を繋げば事業への誇りが自然と生まれる https://blog.unipos.me/2018/01/05/minagine/ ・「称賛し合う文化」は自発的な行動を生むーー組織の一体感醸成で得た確信 https://www.pr-table.com/minagine/stories/17818