1
/
5

【社員インタビュー】EC事業者様とEC支援企業様の架け橋になる

MIKATA株式会社は、EC業界特化のメディアプラットフォーム「ECのミカタ」、バックオフィス特化のメディアプラットフォーム「オフィスのミカタ」を運営する会社です。今回は、コンシェルジュ部の矢萩さんにお話を聞きました。


ーまずは矢萩さんのキャリアを教えてください。

新卒でMIKATAに入社しました。もともと芸能関係に興味があったのですが、憧れの人がECを展開していて「いつか自分のブランドを持ちたい」と感じ、ECのミカタで業界のことを学びたいと考えたのが入社したきっかけです。

ー矢萩さんの強みと弱みは何ですか。

責任感が強いので、興味のあることはとことんやり遂げるのが強みです。自分の成長だけでなく、誰かのためになる仕事ができることもやりがいに感じています。

弱みは人見知りしてしまうことです。仕事上のコミュニケーションは問題ないのですが、仕事以外ではもっとうまく話せないとと感じています。

人見知りですが飲み会などは好きで、お酒を飲むと一人でずっと喋っていることが多いです…笑


ーコンシェルジュ部の業務を教えてください。

主にビジネスマッチングとインサイドセールスの業務に分かれています。正社員は私1人で、アルバイトさんがビジネスマッチングに3人、インサイドセールスに1人います。

ビジネスマッチングは、EC事業者と支援事業者をマッチングするサービスです。EC事業者から物流倉庫やコールセンターなどの委託先を探す問い合わせを受け、ヒアリングした後に対応できる支援事業者を紹介し、商談の設定まで行います。

インサイドセールスは自社主催セミナーに参加してくれた人や、ホワイトペーパーをダウンロードしてくれた人に連絡して悩みを聞きます。その悩みに対して解決できるサービスやシステムを紹介してビジネスマッチングにつなげるのですが、一番の目的はEC事業者様の悩みに寄り添って相談にのることです。

そのなかで私はコンシェルジュ部全体のKPIの設定や指示出し、アルバイトさんのシフトの管理を行っています。

実は、インサイドセールスは今よりも多くのEC事業者様の課題解決にお役に立てるようにと、私のアイデアから生まれて今年の夏に立ち上げました。

MIKATAはとても風通しが良く、思ったことは発言しやすい雰囲気なので、アイデアを形にしやすいんです。


ーどのような人がコンシェルジュ部に向いていますか。

1日のなかでも電話で話す時間が多いので、人と話すのが好きな人が向いています。電話以外にはパソコンで細かくデータ入力を行うので、まめに管理できることも大切です。ビジネスマッチングを利用している支援事業者とは細かい連絡が発生するので、業務を続けていくとお互いの関係性も深まっていきます。

コンシェルジュ部はEC事業者の悩みを解決する業務が多いので、自分の成長だけでなく誰かの役に立ちたい人にはぴったりの仕事です。


MIKATA株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from MIKATA株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?