1
/
5

【社員インタビュー】お客様に最適なサービスを提供して「全方よし」を実現

MIKATA株式会社は、EC業界特化のメディアプラットフォーム「ECのミカタ」、バックオフィス特化のメディアプラットフォーム「オフィスのミカタ」を運営する会社です。今回は、セールス全般を担当しているサクセス部の岩澤さんにお話を聞きました。

ーまずは岩澤さんのこれまでのキャリアを教えてください。

1社目は訪問販売、2社目はOA機器の卸売と小売、そして3社目がMIKATA株式会社です。MIKATAには「オフィスのミカタ」の立ち上げから参画しています。自社のサービスを提供しているので、お客様にとって最適なサービスをカスタマイズできる点に魅力を感じました。

MIKATAに入社してからはずっとサクセス部に所属していて「オフィスのミカタ」と「ECのミカタ」を両方担当しています。


ー岩澤さんの強みと弱みは何ですか。

訪問販売でいろんな人に会ったり卸売で企業と密に関わる機会が多かったりしたので、お客様のニーズを汲み取って解決策を提示し、売上につなげることが得意です。どうやったら物が売れるのかを考えていたら、必然と相手の立場になって物事を考えるようになりました。

「まずはやってみる」性格なので、チャンスがあると思ったら事前準備が足りなくても動くことがあります。ですが、MIKATAはベンチャーなのでスピード感が大切という側面もあります。

ーサクセス部ではどのような業務をしているのでしょうか。

サクセス部の目的は、1社でも多くのEC支援企業であるお客様にECのミカタを利用してもらうことと、そして少しでも長くお付き合いしてもらうことです。なので新規のお客様との商談や、既存客とのエンゲージメント作りが主な業務です。これは、オフィスのミカタも同様です。

1日に3〜5件の商談を行っており、問い合わせからの商談が8割、MIKATAからアプローチして新規開拓する商談が2割くらいです。アプローチは体当たり的に行うのではなく、リストなどを活用して、MIKATAのサービスが必要そうなお客様に戦略的にアプローチしています。

商談で受注できたら社内のマーケテイング部や編集部と連携して、サービスを提供していきます。既存客は170社くらいいるので、サクセス部の2名で分担して管理していますね。


※オンライン会議中の岩澤さん

ーサクセス部やMIKATAならではの魅力を教えてください。

お客様の状況や予算に応じて、最大限カスタムしてサービスを提案できるところです。売りたい物だけを売っていると、お互いが得にならないこともあります。ですがMIKATAのサービスはみんなにメリットがあるので、お客様の役に立っている実感を得られます。実際にサービスの継続率は75%もあるので、満足してもらっている証拠です。

MIKATAは自社がどうやったら得をするかではなく、お客様や業界のことも考えてサービスを提供しています。さらに個人や家族の人間関係も大切にしているので、本当にあたたかい会社だなと感じます。

お客様・ユーザー・一緒にMIKATAをつくるパートナー・業界・そしてMIKATA自社、すべてにとって最善の方法を考えることをMIKATAでは「全方よし」と呼んでいます。


ーどのような人がMIKATAに向いていますか。

前向きでチャレンジ精神がある人が向いていますね。会社としても「なぜできなかったのか」でなく「どうやったらできるのか」を考える傾向があります。「ECのミカタ」は業界で知名度があり、お客様の期待値が高いです。その期待に応えられたときはやりがいを感じますし、まだまだ大きなことに挑戦できるポテンシャルがあります。

ぜひ、一緒に「全方よし」を広げていきましょう。

MIKATA株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from MIKATA株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?