Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

マニューバーはテレビ番組の制作/リサーチをメインの業務としつつ、企業やPR会社とTV番組をつなげる仕事もしています。またADやディレクター、CGデザイナー、イラストレーター、翻訳家の紹介などの人材ビジネスも手掛けております。 テレビというメディアが時代とともに変化していく中、従来のテレビメディアの良さを生かしつつ、映像業界の労働環境や作業効率の改善に努め、将来のメディアの在り方に積極的にコミットし、映像業界を支えていきたいと思っています。

Why we do

私(代表)は就職活動をほとんどしていません。働きたくなかったからです。 なぜ働きたくなかったか・・・ それは、会社に入ることによって、自分の行動、そして人生が制限されてしまうと感じたからです。 もっとシンプルに言えば、ヒゲを剃りたくなかった笑、そしてスーツを着たくなかった笑、地方勤務も嫌だったなあ。 今考えると完全に若気の至りですが、そんな甘ちゃんフリーターの私をテレビ業界は受け入れてくれました。しかも、ヒゲを生やして私服のままです笑。 この業界はいい意味でも悪い意味でも自由です。もちろん、予算や放送コードなどの制限はありますが、基本的には学歴やコネではなく、「面白い番組を作る」その一点で評価されます。※不祥事はダメですよ。 テレビ番組の将来に関して色々と言われていますが、景気や技術革新にも意外と強いです。 超エリート企業や一部のベンチャー企業を除き、こんなに固く稼げる職業も少ないんじゃないでしょうか。 マニューバーは、今は少人数ですが、テレビ業界の中でもメディアの未来を見据え、その根幹を担えるような会社にしていきたいと思っています。

How we do

リサーチの仕事は主にネットや図書館で調べものをして、番組に必要な情報をまとめて制作会議に提出します。今風に言うとキュレーターですね。 調べるのが好きな人や、いろんなことに興味がある人は向いています。ずっとパソコンに向かっていますので、人とずっと話していたい人には向いていないかもしれません笑。 仕事自体はそんなにキツくないです。祝日は休めなかったりしますが、始業時間は遅めです。 AD(アシスタントディレクター)の仕事は、何でも屋です。 文字通りディレクターの手伝いをするのですが、手取り足取り教えてくれるわけではありませんので、イチからやり方や技術を盗む(習得する)、そしてディレクターを含め、周りの人を動かす、ということを学んでいき、ディレクターになれれば、自分でVTRを作ることができます。 ディレクターは自分の作品のクオリティを追及するのが仕事なので、絵やプラモデルなど作品を作ることが好きな人は向いているのではないでしょうか。 またディレクターにならなくても、お金の管理やキャスティング、企画を考えるプロデューサーを目指すこともできます。 現場で色々な人とかかわるので、放送技術や編集、スタイリストやマネージャーに転職する人もいます。まずはADになって、この業界を見てみるといいのではないでしょうか。 仕事は、ハイ。キツイです。 何がキツイって、寝不足ですね。放送直前ぎりぎりまで編集したりするので、徹夜などはよくあります。放送が終わったらしばらくヒマな日が続きます。セクハラパワハラはさすがに最近聞かないですね。職人気質のディレクターはまだまだ多いですが、気に入られれば可愛がってくれる人ばかりです。 ブラックブラックと言われますが、この世の中、面白い仕事でホワイトはあり得ません。面白ければ面白いほど、仕事に時間を費やすからです。ホワイトで20代で1000万円稼げるようなこともないでしょう。ノーリスクノーリターンということです。 ホワイト業界に努めたい人は、悪いことは言わないので別の業界で頑張ってください。