1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

創業者の村尾は、Googleで営業オペレーションやAgency Program を営業統括として世界展開。Fintech Startup の雄 freee ではセールス全体と事業部を率い、数々の先進的な取り組みで急成長に貢献。
Magic Momentは、「All Customer Engaged」をキーワードとして2017年に創業されました。 従来の「売り切り販売モデル」から「顧客体験中心のサブスクリプション」へのビジネスモデル変革を支援してきた知見を活かし、営業組織を変革するSaaSプロダクト”Magic Moment Platform”の開発に取り組んでいます。 2019年12月にSansan や freee の筆頭株主である DCM Ventures を中心に総額1.6億円の資金調達、2020年7月に6社に向けたサイレントローンチを終え、現在PMFに向けて顧客を巻き込んで走り出しているフェーズです。 Magic Moment Platformは、顧客との信頼関係を再定義し、営業組織を変革するプロダクトです。 あらゆる営業活動をデータ化・一元管理し、分析していくことで、顧客の行動をつぶさに読み取り、顧客との関係性をリアルタイムで可視化し、クライアントの営業組織をより本質的な価値提供を行う組織へと変革します。 現在、クローズドβ版のため、具体的なプロダクトの内容を記載出来ないのですが、以下の記事にて、プロダクト立ち上げの背景にある考え方や、大きな枠でのプロダクトが何の課題を解決するのか、について代表村尾からお話させていただいております。 よろしければご覧ください。 ▼「営業は本質に立ち返る」Magic Moment村尾氏が語る、営業組織の課題と未来像 https://media.startup-db.com/interview/magicmoment-murao

Why we do

Magic Moment Platformが解決したい課題は、本質的な課題解決に向き合えていない営業現場を変革したい、ということです。 「商品を大量に売ること」が重視されていた高度経済成長期から、サブスクリプションモデルに代表されるように、「顧客と企業の関係性」を重視される時代に変わりました。 しかし、営業の現場はその変化に十分に対応しきれていません。 従来のKPI管理により、営業組織は、「売上目標達成」「獲得することこそすべて」という意識になってしまっており、そのサービスが顧客にとって価値があるかどうか?という最も大切なことが軽視されがちなのです。 Magic Moment は、そのような課題意識を背景に、BtoBにおけるサービス提供者と顧客の「信頼関係(エンゲージメント)」を再構築し、顧客にとって素晴らしい体験を実現するためのプロダクトを開発しています。これは Google や freee、その他ユーザーの皆様の営業組織を変革してきた経験を保有しているMagic Moment にしか実現できない圧倒的な資産であり、プロダクトを形作っていく上でのコアとなるものです。 顧客との信頼関係を再定義し、営業パーソンが顧客に真に価値を提案することに集中できる世界、顧客の成果に真摯に向き合える世界を創り出したいと思っています。

How we do

業務に必要な図書を自由に借りることができます
木目調のデザインをベースとした、開放感のあるオフィスで仕事に取り組んでいます
既存構造を変えうる大きな価値を生み出すプロダクトを作り、顧客に届ける。 そのためには、各分野の素晴らしい人材が集まり、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境をつくることが大切だと考えています。 ■ 一緒に働くメンバー Google Japan や P&G 、BCG のような業界をリードする事業会社/コンサルティングファームや、freee や ビットキー のようなスタートアップで実績を残してきたメンバー、さらに大学を卒業して弊社に入社したメンバーなど、多種多様なエンジニア・ビジネスメンバーが在籍しています。 それぞれ共通しているのは ・社会によい変化をもたらしたい ・1から会社の土台・カルチャーを作ることが楽しい ・人生において、これ以上ない大きな挑戦をしたい といった想いを持っていることです。 ■ 価値基準 Magic Moment には価値基準(Value)があります。これらの上位にあたる概念は一切なく、役職問わず常に意思決定や行動の基準になっています。 ・Essential:何事も本質的に捉える。 ・Resilient:失敗を恐れない。何度でも立ち上がる。 ・Maximize the Value:提供する価値を最大限まで高める。 ・Data ↔ Intuition : データドリヴン。しかし、その先にある直感も大切にする。 ・Openness:情報やマインドセットはすべてオープンにする。 ■ 社内制度&環境 ・社内図書館 業務に関連する書籍を貸与や購入リクエストを受け付けており、メンバーのインプットを支援する環境が整っています。また、豊富な人生経験を持つメンバーからの推薦図書なども参照することができるため、仕事だけではなく人生に活きる、そんな書籍の選び方に困りません。 ・1on1 マネージャーや代表村尾との定例 1on1 を行っており、メンバーの相互理解や課題解決をサポートしています。 特に Magic Moment は、Google の1on1を色濃く取り入れており、実際Google においてマネジャーアワードを取った創業者の村尾が積極的に1on1を推奨しています。 ・Magi Thanks メンバーの貢献に対して「Magi Thanks」することで、お礼とともにささやかなポイントを贈ることができます。Amazonポイントなどに交換可能です。(月一回のポイント付与が嬉しい!) 会社のカルチャーをより濃くしていく意味でも非常に意味のある制度です。 ・Social TGIF こだわりのあるケータリングフードやお酒を楽しみながら、社内外のメンバーと交流ができる場を設けています。食事もそうですが、かけがえのない人間関係を醸成する良い機会となっています。 フルリモート環境下においても、オンラインで会話を楽しみながら様々な企画を行っています。 ・外部ディスプレイ 業務の生産性を高めるために、オフィスのテーブルには外部ディスプレイを設置しています。コロナウィルスによるリモート環境の整備に関してもディスプレイの設置を補助しています。 ・フレックスタイム制度 多様なコミットメントを受け入れるために、柔軟な働き方を認めています。その人の人生において、Magic Moment がどのような役割を果たすのか、みなさんと真剣に考えさせてください。 ・社員のメンドクサイを撲滅 徹底的な事務作業の効率を追求。資料は全て電子化されているのはもちろん、入社手続きから年末調整、経費申請、メールやドキュメント作成に一切紙は使いませんし、クラウドソフトウェアの徹底活用で場所を問わず働くことができます。(出社に関しては要相談)