Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「LINE CONFERENCE 2019」で発表したLINEの未来。新サービスも続々登場。

先日6月27日(木)、毎年恒例になっている事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」を開催しました。



スマートポータルの中核をなす「LINE」のほか、コア事業である広告、エンターテイメント、ニュース、戦略事業である「LINE Pay」を含むFintech、AI、O2Oなど、各領域における今後の展開、新サービスの発表などを行いました。

オンラインとオフラインが融合するOMO(Online Merges with Offline)の時代に、LINEがどんな未来を描こうとしているのか、「Life on LINE」という新たなキーワードとともに発表(#LINECONF)。


過去最高に盛りだくさんだった「LINE CONFERENCE 2019」の発表内容を振り返りたいと思います。

1)Keynote “Life on LINE”

CWO(Chief WOW Officer)の慎ジュンホが登壇し、新たなビジョン「Life on LINE」を発表しました。LINEが生み出そうとしている「WOW」は「ライフスタイルイノベーション」。24時間365日、ユーザーの生活すべてをサポートするライフインフラを目指します。


「Life on LINE」の実現のための3つの戦略として、「オフライン」、「フィンテック」、「AI」を掲げました。オンラインとオフラインが融合したOMOの世界で、LINEはオンラインとオフラインのハブになり、ユーザーの日常生活をより便利で快適なものにしていきます。その実現に向けた新サービスを発表しました。

■「LINE Mini app」(提供開始予定:2019年秋ソフトローンチ、2020年春ローンチ)

「LINE Mini app」は、LINE内に新設するサービスプラットフォームです。このプラットフォームで、ユーザーはLINEの中であらゆるサービスや情報にアクセスできるようになります。

企業や店舗は「LINE」の中にサービスページを開設して、予約フォーム、クーポン発行、ポイントカードなどの機能を利用できます。さらに通知機能を使うと、例えば、クリーニング店では、仕上がり日をオフィシャルアカウントからプッシュで通知を送れます。一人ひとりの状況にあわせたコミュニケーションが可能になります。

■「LINE Score」(6月27日から提供開始)

後半はCEOの出澤剛が登壇し、スコアリングサービス「LINE Score」を発表、さらに「Life on LINE」を推進していく上での、プラットフォーマーとしての責任について語りました。



LINE ScoreはAIを活用したLINE独自のスコアリングサービスです。LINE上のLINEウォレットから利用できます。ユーザーごとのスコアの値によって、最適なキャンペーンや特典などを提供していきます。利用開始には規約への同意が必要で、LINEアカウントの既存の設定でデータが算出、利用されることはありません。

詳しくはこちら
LINE、「日常をちょっと豊かに」していく、独自のスコアリングサービス「LINE Score」を開始

「LINE Score」がローンチ! 企画チームに聞く「日常をちょっと豊かにするスコアリング」


■プライバシーの保護と人材育成
LINEでは、これからもユーザーの安心安全を第一に、プライバシーに常に配慮してサービスを提供していくことを宣言。さらに、未来のサービスの作り手を育成していくために、プログラミング教育プログラム「LINE entry」を発表しました。

2)Communication Platform

日本で月間8000万人のユーザーがアクティブに利用するコミュニケーションアプリ「LINE」の新しいコミュニケーション機能「OpenChat」を発表しました。

■「OpenChat」(提供開始予定:2019年夏、対象国:日本)
LINE上で関心事をベースにグループをつくって、会話や情報収集ができるようになります。グループ機能を強化したOpenChatは、トークルームごとにプロフィールを変更してグループの雰囲気に合わせて気軽に話したり、トークへの参加や検索を通じてリアルタイムで感度の高い情報を収集できたりします。



詳しくはこちら
【新機能】グループ機能を拡張したOpenChatがリリース!

3)Contents Platform

LINE NEWS」は、月間PV数が100億を突破(2019年5月末時点)し、1日7000件以上のコンテンツを6500万人のユーザーにパーソナライズして配信する、国内最大規模のコンテンツプラットフォームとして成長を続けています。


今回は、スマートフォンファーストの新しいコンテンツを模索する実験プロジェクト「LINE NEWS Experimental Project」から、2つの取り組みを発表しました。

■放送局とのリプレイ動画連携(提供開始予定:2019年夏頃から順次、対象国:日本)

放送のリプレイ動画をリアルタイムで連携する「Replay Cast」構想を発表しました。第1弾はテレビ東京と連携し、夏頃から順次、番組と連動した配信をしていきます。



■「VISION」(6月26日に開始)

スマホに特化した新しい映像表現を目指し、創作表現の場として「VISION」の提供をスタートしました。6月26日からLINEの「ニュースタブ」内で縦型動画コンテンツを展開しています。動画、映像業界をけん引する佐藤雅彦さん、小山薫堂さん明石ガクトさんも参画し、今後、作品の公募なども予定しています。


詳しくはこちら
【LINE NEWS】クリエイター向けに新たな創作表現の場を開放 動画プロジェクト「VISION」を始動

4)Entertainment Platform

熱量の高いファンとともに文化を形成していく「Fandom」をテーマに、LINE Creators MarketLINE LIVELINE MUSICの新たな展開について発表しました。


■LINE Creators Market

・「LINEスタンプ プレミアム」(提供開始予定:2019年7月)
「LINEスタンプ プレミアム」は、300万セットを超えるクリエイターズスタンプ(約3億8000万円分)が月額240円(学生プランは半額の120円)で使い放題になるサービスです。


■LINE LIVE

・「プレミアムチャンネル」(提供開始予定:2019年7月)
配信者が定めた月額費用を支払うことで、限定ライブ配信を視聴できる機能です。

・「ライブコマース」(提供開始予定:2020年中)
ライブ配信を楽しみながら、そのままネットショッピングできる機能。リアルタイムに質問やコメントをしながらショッピングを楽しめます。LINE LIVERは限定グッズを販売するなど、ファンとの交流にも活用できます。

■LINE MUSIC

国内の音楽ストリーミング業界をリードする「LINE MUSIC」では、音楽とのさらなる出会いを創出する取り組みを発表しました。

・大型アップデート(公開予定:2019年秋)
よりスタイリッシュに音楽を楽しめるようUIを大幅に改善。ジャンル、ムード別のデイリー更新型プレイリストやラジオ機能も搭載します。今後は、AIを活用したプレイリスト移行機能やVOICE Searchも実装予定です。

・MUSIC VIDEO(提供開始予定:2019年夏)
「LINE MUSIC」内でアーティストのミュージックビデオを視聴できる機能を追加します。

・「ONE PLAY(仮)」(提供開始予定:2019年秋)
5400万曲が聴き放題になるフリーミアムモデルをスタートします。どの楽曲も1回ずつ無料でフル尺の再生ができるようになります。一定時間が経つと、また同じ曲が聴けるようになります。

詳しくはこちら
【LINE MUSIC】4周年を迎え、NEXT-LINE MUSIC構想を発表。独自の音楽フリーミアムモデル「ONE PLAY(仮)」など大型アップデート


5)Mobile Payment Platform

モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は、日本、台湾、タイでの登録者数が合計4800万人を超え(2019年6月時点)、さらに成長を続けています。各国での状況や新たな取り組みについて発表しました。


台湾:台湾の登録者数はこの1年間で290万人から約630万人に成長し、サービス普及率30%、認知度83%の2軸で、台湾NO.1のモバイル決済サービスになっています。

タイ:タイでも登録者数はこの1年間で310万人から約600万人まで増加しています。台湾とタイの国内では、2018年秋から一部の主要交通機関で「LINE Pay」が使えるようになりました。

日本:日本国内では、大型キャンペーンの効果で登録者数が約3600万人に増加しています。

■スターバックスとの提携

「LINE スターバックス カード」が開始2カ月半で発行数100万枚を超えました。今後もこのパートナーシップで、ユーザーに利便性の高いサービスを提供していきます。


■「LINE Pay Visaクレジットカード」発行

Visa、オリコと提携して「LINE Pay Visaクレジットカード」を発行することになりました。東京 2020 オリンピック競技大会のデザインイメージを披露しました。

詳しくはこちら
【LINE Pay】Visa・オリコ・LINE Pay Visaクレジットカード発行で合意


■「MoPA」にNTTドコモが参画

LINE Payとメルペイが設立した、モバイルペイメントの加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance(MoPA)」にNTTドコモが参画することになりました。


詳しくはこちら
【LINE Pay】LINE Pay、メルペイが設立した加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」(MoPA)にNTTドコモが参画

韓国の決済サービス「payco」、「NAVER Pay」との提携もスタートしています。「Global Alliance構想」のもと、他社の決済サービスとも連携し、アジア最大のモバイル決済プラットフォームとして、さらなる成長を目指しています。

6)Financial Platform

「LINEウォレット」を起点にお金の流れをシームレスにし、金融領域でも「Life on LINE」を実現していきます。各国で銀行事業の準備が進んでいることに触れ、アジア最大の決済・銀行プラットフォームを目指すことを宣言しました。


■「LINE証券」(提供開始予定:2019年秋)

「LINE証券」は、厳選された日本のリーディング企業100社の株式を、1株、最低で150円程度から平均で3000円程度の少額から購入できるサービスです。シンプルで直感的な操作ができるUI/UXを準備しています。平日21時までリアルタイムの売買ができるのも特徴の1つです。


■「LINE Pocket Money」(提供開始予定:2019年夏)

「LINE Score」のベネフィットの1つとして、個人向け無担保ローンサービス「LINE Pocket Money」を提供予定です。ユーザーが得たスコアに応じて、貸付利率(年率)と利用可能額を決定します。突然、お金が必要になったときのために、申し込み、借り入れ、返済までのフローが、アプリ上で即日可能なサービスを予定しています。

7)Commerce Platform

LINEショッピング」、「LINEデリマ」、「LINEトラベル」(※リンク先はスマホ専用)で、特にOMOを意識したサービスを展開しています。各サービスの実績と、今後の展開について発表しました。


■LINEトラベル

2018年6月のサービス開始から順調にサービスを拡大し、四半期ごとの取扱高(GMV)は456%(2018年4Q-2019年1Q比較)に成長しています。今回、さらにOMOを推進するサービス「おでかけNOW」を発表しました。

・「おでかけNOW」(6月27日から提供開始)
おでかけNOWは、「LINEトラベル」内で展開する、おでかけ検索・予約サイトです。今いる場所に応じて、近くの飲食店やイベント、アクティビティの検索や事前予約が可能です。「オズモール」や「一休.comレストラン」、「asoview!(アソビュー)」、「Walker plus」などと提携し、LINE上で簡単に旅行プランがつくれるサービスです。


詳しくはこちら
LINEトラベルjp、「おでかけNOW」を本日より提供開始 位置情報をもとに、近くの飲食店・アクティビティ等の検索・事前予約が可能に


■LINEショッピング

年間取扱高が2017年から2018年にかけて167%成長、ユーザー数は2700万人を突破するなど順調にサービス拡大を続けています。OMOに特化した「SHOPPING GO」も、四半期ごとの取扱高で約2倍(2018年4Q-2019年1Q比較)に成長しています。

■LINEデリマ

サービス開始2年で加盟店舗数が1万6500店以上、年間取扱高は179%(2018年4Q-2019年1Q比較)の成長を記録しています。テイクアウトサービス「LINEポケオ」(※リンク先はスマホ専用)の本格展開も発表しました。

・「LINEポケオ」(6月27日から本格展開)
お店検索、注文、事前決済まで、LINEで完結できるテイクアウトサービスです。先行公開している「ガスト」、「バーミヤン」、「ジョナサン」、「松屋」などに加えて、本格展開を開始しました。また中小規模の飲食店向けに、簡単にテイクアウトサービスを開始できるオーダーシステム「LINEポケオ for biz」の申し込み受付もスタートしました。


詳しくはこちら
テイクアウトサービス「LINEポケオ」を本格スタート 中小規模の飲食店に向けたオーダーシステムを本日より提供開始

8)Marketing Solution Platform

ユーザーの生活に自然に溶け込み、便利で豊かな生活をサポートするマーケティングプラットフォームとして「Life-marketing Platform」を目指すことを宣言し、新たな取り組みを発表しました。


■「スマートチャネル」で動画配信(提供開始予定:2019年秋)
「LINE」のトークリスト最上部にコンテンツを表示できる「スマートチャネル」で、動画配信を開始します。トークリストに表示されたバナーをタップすると、画面が拡大して動画を視聴できるようになります。

■「LINE Ads Platform for Publisher」(提供開始予定:2019年夏)

LINE Ads Platform」を中心としたアドネットワーク「LINE Ads Platform for Publishers」を開始します。「LINE」や各種ファミリーサービス内の広告配信で活用しているデータを、外部サービスの広告配信でも活用できるようになります。詳細は7月末頃に発表予定です。


■「LINEチラシ」(提供開始予定:2019年10月)

チラシやDM(ダイレクトメール)を、ユーザー個人の興味関心・生活エリア・タイミングに合わせて配信します。よく行くスーパーなどをお気に入り登録しておくと、「LINEチラシ」の画面上でお得な情報を商品単位で比較できます。さらに、LINE Beaconを活用して、お店を訪れたときにお得な情報のリマインドを受け取ることもできます。

AIアシスタント「Clova」の利用シーン拡大やAIソリューションビジネス「LINE BRAIN」について発表。さらに、検索事業に再び参入することを発表しました。


■リッチモンドホテル、BMT社との取り組み

リッチモンドホテルBMT社と協業し、ホテルでの「Clova」の導入を進めます。例えば、客室内に「Clova」搭載デバイスを設置することで、フロントに電話しなくても近くのコンビニを教えてもらえたり、音声でテレビや照明などの家電操作ができたりするようになります。

■「Gatebox」との連携

新製品「Gatebox 量産モデル」に「Clova」を連携させ、オリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」のスキルや会話パターンを増やします。Clovaの音声合成の技術や会話エンジンを組み合わせて、極限まで声優の生声に近い豊かな会話が楽しめるようになります。また、法人向けにビジネス利用を促進する「ビジネスパートナープログラム」も開始します。

■「LINEカーナビ」(提供開始予定:2019年9月以降)

トヨタ自動車と開発しているアプリ「LINEカーナビ」を発表しました。ドライブをしながら、目的地の天気を調べる、音楽の再生、「LINE」メッセージの送受信などに加えて、目的地検索、カーナビゲーションを音声で操作できます。


■「LINE BRAIN」

LINEのAI技術を、外部企業などにも展開していく「LINE BRAIN」事業をスタートします。


2019年7月からAIチャットボット技術「LINE BRAIN CHATBOT」、文字認識技術「LINE BRAIN OCR」、音声認識技術「LINE BRAIN SPEECH TO TEXT」 の販売を順次開始します。


詳しくはこちら
LINEが開発・保有するAI技術を外部企業等へ展開する「LINE BRAIN」事業、始動
関連リリース
スカパーJSAT、LINE、伊藤忠商事が三社で協業基本合意書を締結LINE、Dialpadと音声認識AI技術の共同開発に関する覚書を締結


■「LINE Search」(提供開始予定:2019年7月より順次)

LINE上に存在しているあらゆる情報をユーザーへ、最適な形で届ける統合検索サービス「LINE Search」を開始します。LINEのトークやオフィシャルアカウントだけでなく、LINE NEWS、LINEマンガ、LINE MUSICなどの各サービスやLINEが保有するデータベースを統合して、検索することが可能になります。


■「LINE ASK me」法律相談もスタート(提供開始予定:2019年9月以降)

検索して情報を得るだけでなく、そのまま相談や依頼などができる1to1プラットフォーム「LINE ASK me」を発表しました。「トーク占い」、「トークCARE」に加え、パートナーに弁護士ドットコムを迎え、法律相談サービスをスタートします。

■「LINE STEP」(提供開始予定:2019年7月予定)

グルメレビューアプリ「LINE CONOMI」に続き、飲食店やレジャー施設をレビュー、検索できる「LINE STEP」をスタートします。

以上、「LINE CONFERENCE 2019」の発表内容の振り返りでした。

メッセンジャーからライフインフラへ。LINEでは「Life on LINE」の実現を目指し、ユーザーの生活をより便利で豊かにすべく、引き続き、様々な挑戦を続けていきます(Enjoy the Challenges)。

今回ご紹介した各プロジェクトで、積極的に人材の募集を行っています。もしLINEのビジョンに共感できる方がいましたら、ご応募お待ちしております。


一緒にWOWをつくりましょう。

LINE株式会社's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon