1
/
5

【インタビューVol.9】美容師からIT業界へとキャリアチェンジしたメンバーにインタビューしてみた!

【目次】

  1. 安蒜薫さんの経歴
  2. 情報システム部(プロジェクト)発足について
  3. 情報システム部に関わっているメンバーインタビュー
  4. ライボで働いていて感じること
  5. 今後どのような人と働きたいか

インタビュイー紹介

安蒜薫:メディアグループ所属、ライティング業務兼情報システム部所属、社内システムの管理担当
迫田朱理:メディアグループ所属、企業チームのライターとして活躍
工藤佑太:メディアグループ所属、企業チームのリーダーとしてメンバーを管轄



1.安蒜薫さんの経歴

--本日はよろしくお願いいたします。まず、薫さんのご経歴が…美容師を13年されていたんですね!すごいです。そして約6年間店長をされていたんですね。美容師から人材系IT業界へ、大幅なキャリアチェンジした理由を聞きたいです!

そうですね。前職では集客をメインで行っていたのですが、企画や文言を考えることが好きで、予約の取りやすい仕組みを作ることを実現した経験からマーケティングに興味が湧きました。

次第に、こうした集客にマーケティングは必須だと考えるようになり、自身が考えた施策が成功した時の楽しさを感じるようになりました。サロンワークの他に、培ったマーケティングプロセスを他の業種で生かせないかと考えた事が転機でした。

--そうなんですね!個人的に気になったのが、店長をされていたということで、お店のトップとしてマネジメントや諸々あったと思うのですが、一番大変だったと思うことは何ですか?

やはり人間関係が一番大変でしたね。美容師は個性が強い方が多いので、各々に合ったやり方を指導することが大変でした。スタッフ間の考え方が違う際に、意見をまとめて一つの指針を作ることも難しかったです。

--なるほど、そういった経験が今のライボで活かされているのではないかと、薫さんの働き方を見ていて思います!それでは、ライボに入社されたきっかけや、社内でどんなお仕事をされているのか教えてください。

ライボを受ける前に、WantedlyでWeb業界を見ていたのですが、小谷さんのインタビュー記事を発見して、会社や組織を作る上で柔軟な価値観を持っていることに共感できたので、面接を受け、第一印象も良かったので入社を決めました。

他にも、メディアグループで使うツールのアカウント発行や、エラー対応サイト改善調査などを行っています。調査に関しては、マーケティング業務に近いと思います。


2.情報システム部(プロジェクト)発足について

--メディアグループの業務改善に役立つお仕事をされているのですね。情報システム部を立ち上げたきっかけは何ですか?

部署発足の理由は、メディアグループの人数拡大に伴い、業務共有の難しさやフローが統一されてないことによる認識の違いなどが浮き彫りになったことが挙げられます。

今までは運用・改善・ドキュメント作成をする専任する人がいなかったので、グループの方向性を統一していく為に2021年8月頃に立ち上げました。

--情報システム部の業務内容はとても意義のあるものですね。ありがとうございます!他にも、薫さんがライボに入社されて思ったことを教えてください

社内全体の風通しや人間関係が良い職場だなぁと感じています。今までの職場はトップダウンの形式が多かったのですが、ライボは壁打ちを気軽にさせて頂いたり、メディアグループのマネージャーであるぷぎさんもよくヒアリングしてくださるので、課題発見しやすく、周りの方々と仕事を進めやすいと思っています。

--ありがとうございます!今後、情報システム部がどのような取り組みを行うのか教えてください。

今後、情報システム部に関わってくださる方の採用を行い、人数を増やしていきたいです。JobQの業務改善の向上に着手できていない部分がまだまだあるので、ツールの導入や仕事の自動化を積極的に進めていきたいです。

3.情報システム部に関わっているメンバーインタビュー


--お二人はメディアグループの中でも情報システム部に携わっているとお伺いしましたが、実際チーム内で変化はありましたか?あと、メンバーから見て薫さんはどんな人ですか?

情報システム部ができたことにより、整備されていなかったシステム周りや、誰に依頼したらよいか分からなかったツール権限などが一括にまとまりチーム内でのパフォーマンスが上がりました。これが1番大きい変化であったと思います。薫さんは僕が管轄している企業チームのメンバーなのですが、日々ライティングスキルが向上されているなと感じます!

薫さんは、情報システム部の仕事とメディアグループの業務を掛け持ちされていてとても大変そうなので、情報システム部でともにお仕事をしてくださる方がジョインしてくれたら嬉しいなと思います。

--なるほど!先ほどメディアメンバーのパフォーマンスが上がったと仰ってましたが、何か具体的な変化等あれば教えてください。

そうですね、文章の表現等をチェックするツールで「文賢」というものがあるのですが、存在は知っているけど使い方が分からない…というメンバーが沢山いたんですね。なので記事の修正時間がとてもかかっていました。そこで情報システム部の薫さんが使い方を一新して、明確化させたことによって、以前よりも多くのメンバーがツールを簡単に使えるようになり、記事にかけるコストパフォーマンスが圧倒的に向上しました。

他にはABテストというような施策のツールは、権限がないと使えなかったのですが、権限周りの整備や付与を積極的にしてくださるので、チーム内で記事改善のためにできることが広がりました。

私は昨年の10月にライボにジョインしてまだそんなに時間が経っていないのですが、薫さんが情報システムの管理をされていて、ツールのアカウント発行だったり業務改善をしてくださっていました。前職からキャリアチェンジし、パソコン業務に不慣れだったのですが、薫さんのおかげでスムーズに業務に取りかかり、慣れることができました。

他にも、メディア業務で分からない事もたくさんあったのですが、親身になって相談に乗ってくださいました!頼れるお姉さんという感じです。

--お二人ともありがとうございます!今後メディアグループ兼情報システム部にこのような方がジョインしてくれたら嬉しいな~という思いがありましたら教えてください!

僕は楽しんで仕事をしてくれる人が入ってくれたら嬉しいなと思います。社内のメンバーを見て頂いたら分かると思うのですが、辛そうに仕事をしている人がいないというか、、皆と協力しながら、のびのびと仕事をすることができる人が良いですね。

私は、こんな方が良いというよりはまず薫さんの魅力をお伝えしたいです(笑)薫さんは入った当初から声をかけて下さったり、私が分からなそうな顔をしていると気にかけてくれたりと、とてもお優しい方です。他のメンバーもとてもお優しく、入社して3ヶ月くらいなのですが、とても楽しく働けているので、今後ジョインされる方は心配しなくてよいですよ!と伝えたいです。

--薫さんはとっても優しいですよね。情報システム部署はどのような人材を必要としているか薫さんのご意見もお聞かせください!

情報システム部の仕事はマルチタスクで、メディアグループ内でのサポートや、他部署との連携が多くあります。なので、コミュニケーション能力があって、業務の優先順位を決めながら同時進行できる方がジョインしてくださると嬉しいです。

また、初めて触れるツールや・業務内容が多いので、解決しようという意思があり、周りと協力しながら自身で業務を進めることができる方を求めています。

4.ライボで働いていて感じること


--ありがとうございます!それでは、現段階におけるライボの改善点があったら教えてください!

ライボ全体の課題や業務タスクが膨大なので、情報システム部で行っているオペレーション改善は、ライボが大きくなる上で続く永遠のテーマな気がします。

その中でも優先順位を決めながら、成果をダイレクトに出せるよう自分自身も改善していきたいです。

5.今後どのような人と働きたいか

--最後に、今後ライボでどのような方と働きたいか教えてください!

私自身も異業種からライボに入社して感じましたが、働いている方のバックグラウンドは様々で、多種多様な経験がある方が多いです。

しかし、メディアグループ内ではそういった方が多くはないので、今後は異業種でサービスやプロダクトに携わっていた人達と働いて自身の知見を増やしていきたいです。

株式会社ライボ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ライボ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?