1
/
5

What we do

日本最大級のデータマネジメントプラットフォームを提供しています
新しいサービスも展開しています
私たちは、データマネジメントプラットフォーム(IM-DMP)の提供と、 高度な分析技術によるデータ活用コンサルティングを行なっています。 「 IM-DMP 」は約4.7億ユニークブラウザのオーディエンスデータを保有する 日本最大級のプラットフォーム。日本のインターネット人口の約9割をカバーしています。 このDMPを活用してマーケティングソリューションを提供し、 クライアントが抱える課題を素早く効率的に解決します。 おかげさまで、国内パブリックDMP市場 4年連続売上シェアNo.1※を獲得。 今後はマーケティング領域での勝ちパターンをFin TechやSales Techなどの 新事業領域に展開していきます。 ※出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2019」       「ITR Market View:マーケティング管理市場2017ー2018」       パブリックDMP市場:ベンダー別売上金額シェア (2015-2018年度) 将来的には、私たちのデータをオンライン・オフラインの垣根を超えて活用する 「データビジネスのプロデューサー集団」を目指していきたいと思っています。

Why we do

「データ活用における革命を起こす」を企業理念に活動しています。
代表の簗島。データによる“意思決定”はシンプルで、 とても効率のよいものだと考えています。 この仕組みを確立して世の中に広めたいと創業。
生活の中にきちんとデータが浸透していけばきっと、私たちの生活はもっと豊かになる。 そういうことをやりたいんです。 例えば靴屋さんに行ったとき、店員さんが既に自分の情報を知っていて、 欲しかった靴が用意されている。 「何時何分にどこにいて、何をしていた、何を買ったのか」などの情報を把握できれば、 人の行動を先読みして、きっと最適な生活の提案ができるはず。 そういう風に、データ活用できる領域をどんどん増やしていきたい。 私たちのデータを使った意思決定がどんどん広がり、ツールベンダーというより インフラ化している状態を実現しようと思っています。 すべてのデータを統合し、本当に人が生きやすい社会をつくれる。 そう信じて、これからも私たちは突き進んでいきます。

How we do

20〜30代を中心に様々なバックグラウンドを持つ仲間が集まっています!
毎月全社の報告会があり、その後懇親会を実施しています。
インティメート・マージャーでは、技術レベルの高い開発チームと、 データ活用のプロであるコンサルティングチームがタッグになって、 お客様が抱える課題をデータという切り口で解決していきます。 データを活用したニーズはここ数年で出てきたもので、専門家がいない領域でもあります。 裏を返せば、今までの仕事の経験にとらわれずに活躍することができる領域。 インターネット広告やWeb関連出身のメンバーだけではなく、 メーカー出身者や人材業界出身者など、様々な業界の経験者が活躍しています。 データ分析やDMPと聞くと、数学や統計学など、 難しそうなイメージを持たれるかもしれませんが、 データを分析した先には人の心があります。ですから、人間に寄り添える人ほど DMP業界に向いているし、トッププレイヤーは人間大好きな方たちばかり。 共通しているのは「データの可能性を信じている」こと。 データ活用のプロフェッショナルとして活躍してきたCEOを中心に、 データが活用される未来に共感したメンバーが集まっています。 また、CEOをはじめ合理的なプロセスを好む人ばかりで、 無駄なルールやしがらみが無いのも特徴の一つ。 効率的であることを追求し、意思決定も早く、スタートアップらしい雰囲気です。