1
/
5

【データセンター銀座】

Photo by Ian Battaglia on Unsplash

お疲れ様です。イデアルアーキテクツの樫原です。


タイトルの【データセンター銀座】を見て、

ああ、あの話ね。

と分かった人はビジネス系のニュースをよく見る方ではないでしょうか。

近頃は生成AI半導体がビジネスでHOTなテーマですが、

これらを活用するうえでなくてはならないのがデータセンターであり、

日本でも投資が活発に行われています。

その投資先として「データセンター銀座」が注目を浴びています。


前置きはここまでにして本題の「データセンター銀座」に入ります。

「データセンター銀座」とは

千葉県印西市

のことを指します。

千葉県民の私としては初乗り運賃がやたら高い北総線の地域、ぐらいの印象だったので意外でした。

日系企業のみならずGoogleAmazon印西市にデータセンターの建設と稼働を進めています。


印西市がデータセンターの立地として選ばれるのは以下の理由が挙げられます。


①優れた立地条件(東京都心や成田国際空港へのアクセス)

②広大で安価な事業用用地(千葉ニュータウン開発による区画整理)

③災害のリスクが低い(下総台地の頑丈な地盤のため、地震、水害等に強い)

④海底ケーブルの陸揚げ局が近い(北米のデータセンター間で短い遅延)

⑤安定した電力供給のインフラが確立(変電所が近郊に立地)


「データセンター銀座」と呼ばれるにふさわしい好条件が並んでいます。



印西市は「データセンター銀座」化のおかげで固定資産税の税収が大きく増加し、教育や子育て、インフラ整備などまちづくりの財源に充てるとのこと。

悪名高い北総線の運賃も2022年に引き下げられていたようです。


引っ越し先を探しているなら、「データセンター銀座」も検討してみてはいかかでしょうか。




引用・参考

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1075553

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/74099

株式会社イデアルアーキテクツ's job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社イデアルアーキテクツ
If this story triggered your interest, have a chat with the team?