1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

【制作実績一例】三菱化学物流さま
【実績一例】デルタインターナショナルさま
------------------------------------------------- ホームワーカーズコミュニティは、日本各地で活躍するフリーランスと、社会のニーズを結び付ける企業です。 ------------------------------------------------- 私たちは、日本全国の企業に属さずに働くフリーランス(個人事業主)をリソースとして、おもにWeb関連の課題を抱える企業にソリューションを提供しています。 具体的には、Webデザイナーやディレクター、プログラマー、ライターなどのWebに関連するスキルを持つフリーランス、在宅ワーカーを集め、Webサイトの制作や運営の代行といったサービスの提供を行っています。 HWCは企業の持つ課題を明確にし、課題を解決するに適したフリーランスを選出、ケースによってはチームを組織し、プロジェクトの進行を管理しています。 またフリーランス、在宅ワーカーに対しては、仕事の斡旋、プロジェクトの進行管理を行うほか、フリーでの活動支援(スキルアップ・コネクションづくりのためのセミナーの実施、講師活動機会の提供)を行っています。

Why we do

【登録会員紹介】Webデザイナーの天野さん
【登録会員紹介】Webディレクター小林さん
ツールやデバイス・サービスの進化や、人々のはたらくことへの価値観の変化により、ワークスタイルの多様化が進み、 個人が仕事を獲得できるチャンスは随分増えたと思います。 先進的な企業も、雇用形態にとらわれることなく、 特殊な能力・知識を持った人や、秀でた技術を有しているこういった人たちとともに、ビジネスを拡大させていくことを積極的に始めています。 私たちはこういった変化について、親会社「ウェブスタッフ株式会社」の事業を通じ、「フリーランス」という働き方を選択してきたことを、ずいぶん前から間近で見、応援し続けてきました。 しかし中には、  「収入が安定しない」  「営業活動ができない」  「仕事が大きくて、案件が大きくて1人では捌ききれない」  「対応できない技術があり依頼を断ってしまった」 といった悩みを抱えてフリーランスという選択肢を諦めてしまった方も多くいらっしゃいました。 そして、フリーランスや在宅ワーカーとともに仕事をしようとしている企業担当者の方からも、 「企業でなく個人と取引することへの不安」 「フリーランス技術レベルが判断できない」 といった考えから、フリーランスとしごとをすることを躊躇する声があることも事実です。 けれど、ワークスタイルの多様化が社会に浸透し、 多くの優秀な人材が「フリーランス」・「個人事業主」として活躍を始めている今だからこそ、より多くの企業にその力を活用して欲しい。 私たちホームワーカーズコミュニティは フリーランスの“シゴト”をもっと自由に、クリエイティブに そして 多様性を企業の革命に。 この二つの視点を持って、 会社という枠にとらわれない働き方をしている才能や経験のある方たちと、社会にあるニーズとを結びつけていきます。

How we do

多様な価値観の中で、それぞれが自身の仕事にプライドを持ち、切磋琢磨しあう関係です。
そしてたまにはおふざけもします。(HWCのマスコットホワコ。)
前の席にはインド出身のデザイナー、二つ隣の席にはアメリカ国籍のエンジニア。 6月にはまたインドからエンジニアを迎える予定。 HWCの魅力をあげるとするならば、ひとつはその“多様性”です。 国籍もさることながら、ワーキングマザー、フリーランスとの二足草鞋のメンバー、鉄鋼業界からのジョブチェンジ、MITで電子工学を学んだメンバーとバックグラウンドは10数人の会社規模にもかかわらず多種多様。 さまざまな働き方が受け入れられ、より多くの人が仕事で輝く社会を創る…つまり多様性が輝く社会の創造のためにHWCは事業の拡大を目指していますが、 その大前提としてHWC自身が多様性を受け入れる会社出なければならないと思っています。 そしてその多様性こそが会社の武器になっているのです。