1
/
5

What we do

~IT業界のお客様の課題解決~ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 「自社のネットワークの調子が悪いけどメンテナンス出来る人が居ない。。。」 「システム開発をしたいけど、開発できるエンジニアが育休に入ってしまった。。。」 そんなお客様のIT領域における事業課題を、エンジニアの力を借りることで解決していくのがGOOYAのビジネスモデル。 どの会社にもIT領域の課題が必ずあります。 一方で、そういったお仕事に巡り会えずに、現場経験を積めずに悩んでいるエンジニアの方が多いことも事実。 GOOYAはそんな両者の間に入り、双方が利益を得られる良好な関係を提供していくことで、 企業ビジョン「ITで⼈と世界を笑顔でつなぐ」ことを目指しています! ▷▷▷社員のインタビューはこちらをクリック https://www.wantedly.com/companies/gooya/post_articles/495387

Why we do

~GOOYAのエンジニアファースト~ ビジョンに隠れた「みんな」への想い ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ GOOYAは「ITで⼈と世界を笑顔でつなぐ」というビジョンを掲げています。 ここには「みんなが笑顔になる仕事をしましょう」という想いが込められています。 では「みんな」とは具体的に誰のこと? 実はここにGOOYAならではの魅力が隠れています。 ここで言う「みんな」には、【2つ】の意味があります。 ■1つは、GOOYAで働く仲間に対して「自分たちも笑顔で仕事をしよう」という意味。 自分たちが楽しくないような会社なら、存在する意味がない。だからこそ、まず楽しく仕事をすることが大切だと考えています。 ■2つ目は社外の関わるすべての人に喜んでいただく、 つまり「仕事を通して世界中の人に笑顔になっていただく」という意味です。ここには、目の前のお客様はもちろん、そのお客様や仕事の先に存在する世界中の人にも喜んでいただけるように仕事をしよう、という想いを込めています。 つまり、「みんな」の「笑顔」や「楽しみ」にスポットを当てるという考え方がGOOYAの根源。 テクノロジーがどんなに進化しても、目の前の仕事を楽しめなければ意味がない。 この根源から、サポート体制や支援制度が生まれてきました。 ▷▷▷GOOYA独自のエンジニアサポート制度【ラウンダーとは?】 https://www.wantedly.com/companies/gooya/post_articles/482088

How we do

業界平均マイナス10%の離職率!? ~エンジニアの【やりたい】を徹底サポートする ”3つ” の仕組み~ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 先輩社員が講師を務める様々な勉強会と資格取得支援 ======================= GOOYAは実際に現場でエンジニアとして活躍する先輩社員が講師を務める勉強会が多数あります。 外部講師などに比べ、現場で”本当に必要な”スキルを取得できると好評です。 直近で開催された勉強会は以下の通り ■CCNA取得必勝法共有会 ■ネットワーク入門 ■見やすい資料の作り方 ■Excel、Windowsショートカットキー講座 などなど、入門編から資格取得のための講座などもあり、自分のスキルセットに合わせて参加が可能です。 また、特定の資格(全20種類程度)を取得すると、受講費と月々に資格手当が支給されます。 未経験から入社して1か月で昇給をしたケースもあります。 業務成績とは関係なく、努力した分稼げる仕組みも用意をしています。 ▷▷▷自分と同じ未経験からエンジニアを目指す方に貢献したい。勉強会発足者の思いとは...? 成長を助ける書籍アプリ/オンライン学習サービス ======================= GOOYAでは従業員が思い立った時にいつでも学習できるように、動画、書籍などをインターネットを通じて学習できる仕組みを導入しています。 ■Eラーニング 【Schoo(スクー)】 Schooは、参加型生放送授業と、7,000本以上の録画授業から幅広いジャンルのコンテンツを提供しているEラーニングツールです。 ■本の要約サービス 【flier(フライヤー)】 flier(フライヤー)は、ビジネス書などの要約が読めるサービスのことです。 ビジネス書を1冊あたり10分で読めるようになっています。 通勤時間などの隙間時間でサクッと読めるので、読んでいる人だと月間で60冊以上読む方も! 様々な社内交流会 / サークル活動 ======================= GOOYAでは毎月、従業員へ向けた交流会やサークル活動など、多くのコミュニティを作っています。 直近で開催された集まりは以下の通り ■フットサルサークル 男女や経験の有無に関係なく20〜30名ほどが集まっています。 お子さんを連れてくる方もいらっしゃいます! ■マ●オカート トーナメントカップ 本社の大きなモニターを使用しテレビゲームを行っています。 交流会の中では参加者も多く40名ほどが参加いただきました! ■釣りサークル お休みの日に船を借り、沖合でみんなで釣りをしました! 代表が釣り好きということもあり、釣り人口は年々増加しています。 ▷▷▷Holdings代表の釣り好きから始まった福利厚生【GOOYA食堂】 https://www.wantedly.com/companies/gooya/post_articles/486422 他にも多数の交流会があります。 また、開催に関しても基本は自由です!