1
/
5

What we do

KINDELERで行なった開発合宿
私たちは「mira(ミラ)」というプロダクトを開発している、6兆円の巨大マーケットに挑むビューティ × Tech スタートアップです。 ▼『mira(ミラ)』とは 「誰にでも美しく豊かなライフスタイルを創る」をコンセプトに、あなたに合った美容方法をご提案するサービスを開発しています。 ▼『mira(ミラ)』 https://www.gokindler.com/ 『mira(ミラ)』は、写真1枚5秒で顔の特徴を分析して美容の提案を行うことを特徴とするサービスです。 ▼沿革 2017.08 KINDLER株式会社 設立 2019.01 「mira(ミラ)」β版リリース 2019.02 「mira(ミラ)」正式版リリース 2019.09 シード資金調達:アプリメディア機能リリース、デザインリニューアル 2020.02 サービス全体で300万PV、100万UU達成 2020.03 プレシリーズA資金調達:フェイススキャナー®️リリース、WEB・Android版リリース 2020.04 EC・SNS機能リリース 2020.05 広告枠販売スタート 2020.10 企業アイデア投稿リリース

Why we do

DevMachineLearning 週1のAI勉強会
もっと世の中を新しく豊かにするために、メンバーのやりたいことが光を発し、周りを巻き込み、新しい発見、深い経験を生み出す会社です。 「KINDLE(キンドル)」は、「輝かせる」「燃やす」「たきつける」という意味があります。 「KINDLER(キンドラー)」は、「KINDLE(キンドル)」の「動詞 + -er」の形で、「輝かせる人(もの)」「燃えたたせる人(もの)」「たきつける人(もの)」という意味を込めた造語です。 自ら光を発し、周りを巻き込んでいくような、そんな『人』や『企業』の熱狂を創造したいという気持ちを込めて「KINDLER株式会社」を設立しました。 海外に目を向けると、メンバーによるオープンソースへの貢献や、その他多くの社外での活動を重視し、自分たちの事業の中に明確に組み込んでいる会社が数多くあります。 KINDLER, Inc.でもテック企業として、そのような文化を体現可能であることを証明し、ビューティテック界を盛り上げ、地域貢献することが、KINDDLER, Inc.にとっての使命であると考えています。

How we do

◆プロダクトの内容 mira(ミラ)の企画・開発・運用 販売促進&マーケティングツールの販売 ◆主要顧客 大手美容メーカー、美容クリニックなど ◆マーケティングやセールスの方法 マーケティングツールを使ったBマーケティング ◆市場やプロダクトの成長性 『mira(ミラ)』は、2019年1月LINE@のアカウントでスタート、その2週間後WEB・アプリのプロダクトリリースを行い、約1年で月間100万UU、300万PV(WEB・アプリ合算値)と成長。美容・ライフスタイル系メーカー(ブランド・サロン・クリニックなど)向けにユーザー接点を増やすための広告を配信できる、美容カウンセリング連動型広告を提供しています。 これまでにアプリにて120万回以上顔スキャンと提案を行ってきたデータをもとにユーザーの特徴・悩みログをアルゴリズムに組み込んだ広告配信設計を行うことで、より優れたユーザー体験を提供してゆきます。独自アルゴリズムを搭載した広告枠でのマッチングによって、既存の広告施策では開拓できなかったLTVの高い新規顧客の獲得や、スタートアップ企業において事業の成長に繋がった事例なども出ています。 ◆社員数 10名(業務委託含む※2021年1月〜希望者は正社員へ転換予定)