1
/
5

ヒラソルの太陽光発電評価サービス「ぷらマネ評価」が専門誌に掲載されました

「DXと技術革新で百年続く太陽光発電をめざす」ヒラソル・エナジー株式会社では、導入された太陽光発電所の適切な維持、管理を行うことでカーボンニュートラル社会の実現に貢献しています。
太陽光発電所の適切な管理には、日々の発電実績の評価が欠かせませんが、特に小規模な発電所を中心に、監視システムや、日射計などが無く、定期的なメンテナンスも決まった確認作業を行うだけなど、簡易的なメンテナンスに留まっている実態があります。ヒラソルの調査では日本全体の2割の発電所が本来のポテンシャルの8割以下の実力で稼働しており、これによる経済損失は1,500億円にものぼると試算されています。この原因は、一般的に用いられている太陽光日射データベースが、過去の日射量の平均などから作られており、近年の地球温暖化や大気汚染の軽減などによる日射量の増加傾向を正しく反映できておらず、結果として設置時点での事業計画と実績の比較で判断する場合、事業計画が低く見積もってしまっているため実績の過大評価がおき、発電所の不具合やメーカー補償の対象であることを見過ごしてしまうという問題があります。

ヒラソル・エナジーでは、お客様の発電所の発電量の良し悪しを手軽に判断していただくための「ぷらマネ評価」サービスをリリースしていますが、今回、専門誌の「ソーラージャーナル」Web版い掲載いただきましたのでお知らせいたします。

詳しくは下記、掲載記事をご覧ください
https://solarjournal.jp/solarpower/44975/

お申し込み等は以下の弊社Webサイトからお願いいたします
https://pplc.co/hyoka

ヒラソル・エナジー株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more