1
/
5

コミュニケーションデザイン事業部2018年入社 新規事業で飛躍的な成長を体現する先輩と。【内定者探偵団vol.3】

コミュニケーションデザイン事業部2018年入社 新規事業で飛躍的な成長を体現する先輩と。【内定者探偵団vol.3】

ゼネラルリンク(以下GL)では、スピード感をもって成長できるって本当?将来、新規事業の立ち上げを見据える2人に、真相をお聞きしました。

将来、新規事業を立ち上げる夢を持って入社

R.T: S.Aくんの趣味はカフェ巡りなんだね!そのきっかけは?

S.A: 甘党なので美味しいパンケーキを求めてカフェに行ったことがきっかけです!通っているうちに、スイーツだけではなく、女子会や家族の団欒・仕事に集中しているサラリーマンなど、色んなお客さんが楽しんでいる空間にも魅かれ、カフェの経営に興味を持ち始めました。

R.T: へぇ~、カフェの経営か!店員さんに内情を聞いてみたりしたの?

S.A: はい、タイミングを見つけて経営者の方ともお話ししましたよ!カフェの落ち着く空間を実現させるためには経営者たちの熱い思いが込められていて、根掘り葉掘り聞くのが楽しかったです。

R.T: そうなんだね!ちなみに、S.Aくん自身、カフェの起業は考えなかったの?

S.A: 考えました!でも、自分の狭い視野だけでいきなり起業するのは難しいと思い、裁量権を持って早く成長できるベンチャー企業で鍛錬したくて。

R.T: なるほど。色んなベンチャー企業がある中、なんでGLに興味を持ったの?

S.A: Web広告業は急成長している領域。成長領域、且つGLのスピード感ある環境でチャレンジできたら社内にも社会にも貢献でき、かつ最速で自己成長につながると思いました。
また、将来カフェを営む際に欠かせないのが集客力。Web広告の活用により、多くの方に認知してもらえると考えています。


新規ビジネスで自分も会社も飛躍的な成長を実現

S.A: R.Tさんの成長エピソードをお聞きしたいです!

R.T: GLでは前例のないことにたくさんチャレンジできているよ!でも実は、入社当時の僕はネガティブだったんだ・・・。

S.A: そうなのですね・・・!どのようにして変われたのですか?

R.T: 新事業(インターネット広告事業)を今後の収益の柱にするには、いくつもの高いハードルがあったんだ。「このままではだめだ、どうにかしたい」と奮い立ち、発言や発信を増やすようになったよ。それまでは受動的だったから、もっと早く周りのメンバーを巻き込めばよかったと今となっては思うかなぁ。

S.A: 大変だったからこそ大きく変われたのですね!

R.T: そうだね。3年目にマネージャーに就任してからはビジネスの成長戦略に加えて、部下の成長を加速させるためにはどうすれば良いか常に考えるようになった。
それは自分自身、心の底から尊敬している上司のMさんのもとでがむしゃらに働き、ここまで壁を乗り越えてくることができたから。今度は僕も後輩のためにサポートしたいと思っているよ!

S.A: R.Tさんはいつも困っていることはないか気にかけてくださり、とても頼りがいがある先輩です!休みの日も僕たちのことを考えくれているとお聞きしまして・・・。

R.T: うん、休みの日も1週間の仕事を振り返りながら、「新たな課題は何か」「来週はメンバーのみんなにどんなことを伝えようか」など考えているよ。サウナに入ってリフレッシュしながら。(笑)

S.A: いつもありがとうございます!だからこそ、進捗状況をこまめに報告するなど僕自身も積極的に動けています。

将来できる可能性を広げるために、成功している姿をイメージ

S.A: R.Tさんの今後の目標をお聞かせいただけますか?

R.T: まずは引き続き、事業の成長にコミットすること。そして、そこで得た経験を活かしてどんな分野でも活躍できる人材になりたい。これからのGLにとって、新たな柱となる新規事業を立ち上げたいと思っているから、今後いろんな選択ができるように可能性を広げたいな。

S.A: 僕もスポーツとカフェを掛け合わせた事業の立ち上げをゼネラルリンクで実現させたいので、R.Tさんのように早く成長したいです!

R.T: 具体的な夢を持つのはとても良いこと!僕はいつも自分が成功している姿をイメージすることを心がけているよ。成功している姿を思い浮かべると力がみなぎって、達成するためにはどう動けばいいか、アグレッシブに仕事に取り組めるんだ。

S.A: 成功している姿をイメージすることですね!もうワクワクしてきました、入社が待ち遠しいです!

株式会社ゼネラルリンク's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ゼネラルリンク
If this story triggered your interest, have a chat with the team?