Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

M&Aは成約までに数年を要するビジネスモデルであり、かつ仲介を請け負うエージェントには多岐にわたる知識・ノウハウが求められます。 これらを効率的に、かつ最適マッチングを提供するために、弊社は得意のセールス x テクノロジーの力を活用した、案件をより効率的にマッチングするM&Aプラットフォームを開発し、M&Aアドバイザリー業に参入致しました。

Why we do

“2025年に中小企業の半分が消滅する” 後継者不足により、優良な黒字企業でさえも廃業せざるを得ない廃業問題。日本を支えてきた伝統産業や老舗企業の廃業は、650万人もの雇用喪失を招くと言われ、深刻な社会問題となっています。 また、技術革新やグローバル化など変化の激しい経営環境において、企業が成長を続けていくことは益々難しくなり、多くの経営者が新たな解決策を必要としています。現在日本では120万社もの企業が60歳以上の社長により運営され、うち62万社が後継者不足により廃業の危機に陥っています。この”後継者問題”は、今や日本が抱える最も大きな社会問題となっています。この問題を解決するには、従来のM&A仲介事業では非現実的です。

How we do

FUNDBOOKは M&A プラットフォーム事業を主とし、業種や規模問わず日本全国の M&A をサポートしています。プラットフォームでは、弊社アドバイザーが厳選した良質な案件を一覧することができ、さらには業種や地域を絞り込んで効率よく、かつ理想の案件を探すことができます。 他でも M&A プラットフォームを展開している会社はありますが、弊社では経験豊富なアドバイザーが成約までをしっかりサポートする、という点で優位に立っています。 M&A はその性質上成約までに時間がかかるうえに、相手企業の細かいところまで調べる必要があります。相手となる企業が見つかったからとしても、専門知識を有するアドバイザーが仲介に入らないと破談してしまうケースも少なくありません。 テクノロジーによるマッチングから、アドバイザーによる仲介まで、一気通貫でサポートできるという点がFUNDBOOKの強みです。

Page top icon