Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

動画メディア"JPNEAZY"を支える、レポーター、クリエイター、デザイナーのみんな
JPNEAZY(ジャパニージー)ページ
株式会社Fesbaseは、「豊かな旅を支援する」をビジョンに、訪日旅行者にレストラン予約コンシェルジュサービスの「JPNEAZY」というサービスを提供しています。 ■JPNEAZY(ジャパニージー)とは 私達は昨年、訪日旅行者向けのレストラン予約コンシェルジュサービス、「JPNEAZY(ジャパニージー)」を立ち上げました。 訪日外国人にとって日本での食事は楽しみの1つであるにも関わらず、「その土地でオススメのお店はどこか」「事前に予約が必要なのか」などが分からず、多くの不便不安を抱えていたり、レストラン側にとっても「外国語が分からず対応できない」「予約のドタキャンの発生が怖い」といった問題が発生しています。 「JPNEAZY」ではバイリンガルのコンシェルジュが、訪日外国人客と日本全国のレストランを繋ぐ役割を担い、両者をサポートすることにより、年間約10万人以上の訪日旅行者に活用していただくサービスにまで成長しています。

Why we do

VISION:我々は旅行者の豊かな旅を支援します。
訪日旅行者は”日本食”を楽しみに来日されています。
2020年に世界的イベントが東京で開かれることが決まって以来、訪日外国人数は年々、右肩上がりが続いています。 観光庁の調べによると、訪日外国人が日本観光時に期待するものとして、2014年より4年連続で「日本食を食べること」がトップです。 しかし、トップにランクされている「日本食」等に関しては、マーケットを取り込めているとはいえない状況が続いています。その代表的な要因として、 < 外国人旅行者の課題・悩み > ◆ レストランの予約の仕方が分からない ◆ コンタクトポイントの不在、言語、商習慣などの物理的、心理的壁がある < レストラン経営者の課題・悩み > ◆ 国籍の多様性や言葉の問題で予約を受けられない ◆ 当日キャンセルされても、帰国して連絡がつかない といった、日本の各レストランが訪日外国人とのチャネルを持ち得ていないこと、そして、言語や商習慣等のギャップにあると考えています。

How we do

動画メディアローンチパーティ(レポーター、デザイナー、スタッフなど)
コンシェルジュチームと懇親会
「JPNEAZY」の最大の特徴は、クラウド型コンシェルジュサービスです。 海外ではオンライン予約サービスが主流となっていますが、日本のお店には、人気のハイエンドのお店も含め、訪日旅行客からのオンライン予約に対応していないところが少なくありません。 私達はオンラインだけでは担えない対応を人が行なえるよう、人的対応をサービスのコアと位置づけています。 そうすることで、訪日旅行客に対して「本当に行きたい店」の紹介が可能となり、強いては、利用者満足度の向上につながっていきます。 これらを支えているのがChat Conciergeと呼ぶバイリンガルのコンシェルジュの仲間たちです。 また、レストラン支援チームは、日々ミシュランを中心とするレストランにお伺いをし、サポートしています。現在、ミシュランレストラン店160店舗と提携しています。(2018年11月末現在) 訪日旅行者は予約時にコースやメニューの支払いを事前決済した上でお店に行くことにより、お店側は代金未回収のリスクを回避することができます。 それゆえ、提携先各店から頂く「JPNEAZY」への信頼度、満足度も非常に高く、今後も有名店との提携がより一層進めやすい環境が整備されています。