1
/
5

What we do

システム開発とメディア運営
DXマーケティング
〜予測で世界は変えられる〜 私達は、Forecast Tech(フォーキャスト・テック)を開発しております。業種や取扱うサービスに関係なく、『テクノロジーを駆使して、将来における何らかの「予測」を行う』仕組みです。 幅広い選択肢から テクノロジーを駆使して人と企業の成長と成功ために将来予測を行う革新的な 予測で世界は変えられると信じています 〜多様性のある働きを推進させる〜  個々が成長し輝く人材になる。自走できるリーダーシップ育成 確固たる正解がないこのVUCA時代、組織を頼るのではなく、組織に頼られる戦力にならなければ生き残れません。10年後の社会で何が要求されるかは創造がつきません。 一言でいうと日本が成熟しながらも活力を維持して世界と対等に共存をしていくためには「変化に対応できる人材」が必要であり人材育成に注力をしております。

Why we do

エンジニア領域にENGERが掲載
トーマツベンチャーイベント
CHANGE BEFORE YOU HAVE TO. 「変革せよ、変革を迫られる前に」 人材不足の課題解決から生まれたサービス 人材不足は、ミスマッチが原因である。 必要とされる人材が、企業に適切に分配されていないというミスマッチが複数の労働市場間で起こっている。ミスマッチの生じる理由としては、大きく、職業能力の不一致、情報の不完全性、労働者や企業の選好の三つが考えられる。この能力需給の不一致とは、企業が必要とする能力と求職者の持つ能力とが一致していない。 この課題解決に予測測定のアルゴリズムに基づき、人と仕事のマッチング予測を導き出す。人材コンサルタントの思考に左右されないマッチングを行う事で、予測立てた効率の良いマッチングが可能となる。 IT人材不足が深刻化する一方で、ITやインターネット関連サービスの規模は当然のように今以上の拡大が見込まれます。経済成長のカギであるIT業界を支える担い手が減少してしまうのは、社会問題でもあり、私達は「超高齢化・人口減少社会における持続可能な都市・地域の形成」及び「地域産業の成長・雇用の維持創出」の2つの施策テーマに対し、人材と予測分析プラットフォームによりこの社会課題を解決していきます

How we do

エンジニアカフェ
エンジニアスクール
リアルとデジタルの融合による 最高のDXを実現 ●プラットフォーム 独自のプラットフォームを運営し、人材を集客。スキルを定量分析し、独自アルゴリズムによるマッチング予測率を表示させるマッチングシステム ●エンジニアカフェやDXスクールを展開 カフェを運営し、人材エージェントによるヒアリングやフォロー。現役エンジニアによるDXスクールやイベントなどを開催。実務を通じたスキルアップを実現 メンバーは約100名弱、その約7割がエンジニアで構成されているエンジニア中心の会社となっており、IT・WEB人材サービスを中心とした様々なプロジェクトに携わり、ITを利用した様々な事業を展開し、多角的なソリューションサービスを行っております。 代表の森田も大規模プロジェクトを経験したエンジニア出身ですので、場所、時間にとらわれない働き方やエンジニアのスキルアップに注力をしております。 ▶システムエンジニアリング 実務経験の浅い方は、現場にて実践を積んでいきます。 当社の2,000社近いパートナー企業とプロジェクトの中で自分でプロジェクトを選出し、プロジェクトの難易度、単価から自分の給与を算定し決定させます。 その為、自分がやりたい仕事や単価の高いプロジェクトなどにアサインすることで、スキルアップと給与UPが出来る仕組みとなっております。 ・エンジニアと企業の人材マーケティング、マッチング ・Eコマース、メディアマーケティング ▶自社プラットフォームの開発と運用  ・自社サービスのマーケティング企画・立案  ・ITエンジニアマッチング業務  ・広告企画・運用 ▶独自AIアルゴリズムの開発 ・人間が感覚的に行ってきた作業のシステム化やノウハウの蓄積・分析を通して、人と社会の課題を解決するために挑戦をし続けています。 ●社員・メンバー メンバーの平均年齢は29歳。20代・30代のメンバーが中心です。全体の男女比率は6:4の割合です。 雇用形態も正社員を始め、パート・アルバイト、業務委託、フリーランスなど様々であり社員それぞれに合った働き方を促進しています。 ●エンジニアについて パートナーなども含め200人以上が稼働しております。 現行サービス(ITエンジニア フリーランス インフルエンサー、自社マッチングサービス)、新規プロジェクト、システム開発、AI機械学習、SystemEngineeringServiceの業務をそれぞれが担当しています。より良い実装を目指しエンジニア同士で定期的に技術・知見の交流やディスカッションを行っています。 ●コミュニケーション 対面でのミーティングはもちろん、オンラインでのミーティングも盛んに行っています。 ツールも活用し、時間を有効活用し在宅作業や、自由に意見を交換できる場を提供することで業務がスムーズに進んでいます。 ●働き方 時短、リモートワーク、業務委託などライフスタイルにあわせた働き方を柔軟に取り入れています。時間と場所の制限に縛られることなく、効率的に働ける環境作りを目指しています。 休暇・休業・年次有給休暇(有給取得率100%)・ハネムーン休暇・弔慰休暇 メンター、メンティ制度 ・産前・産後休業・育児休業・介護休業、休暇 ・スキルアップ研修受講制度⇒一般教養、マネジメント、ロジカルシンキング、プログラミングなどのスキルをオンラインプログラムを通じて受講できます