1
/
5

【人材営業インタビュー】自分の「面白い」「楽しい」を、どんどん見つけられる!増やせる!DYMという会社はそういう会社なんです!

入社2年目の吉田朗人さんは、まったくの異業界からDYMの人材事業部に飛び込み、MVPまで獲得をしたツワモノ。吉田さんがどのような想いで入社し、どのように自身と向き合い、成長を重ねていったのかについて、お伺いしました。

吉田さん、今日はよろしくお願いします。吉田さんは全くの異業界で働かれていたんですね。

吉田:こちらこそよろしくお願いします。私はもともと営業志望だったこともあり、大学卒業後は美容関係の商社に就職をして、営業職として働いていました。当時のお客さまは主に美容室・理容室・エステサロンなどで、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤などをルートセールスや新規開拓で販売していました。新規開拓では飛び込み営業もしており、厳しさも感じていましたが、同期に良い仲間がたくさんいたことや、その仲間と一緒にたくさんの成功を共有できたこと、また良いお客さまにもたくさん助けていただけたことで、充実した日々を過ごすことができていました。

とはいえ、転職を決意することになった。どのような理由だったのですか?

吉田:数字や実績を積めていたこともあり、楽しく働けてはいたのですが、美容業界だけでなく、もっと広くあらゆる業界に触れてみたいと思ったのが一つ。また、ライフプランを考えたときに、もっと収入を増やしてたくさんの選択肢をとれるようにしたいと思ったことがもう一つの理由です。

DYMとの出会いはどのようなものだったのですか?

吉田:本当にタイミング良く、DYMで働いていた友人に紹介してもらったのが出会いです。実は大学時代にアナウンサーを志していたことがあり、転職を考えはじめたときにTV業界も選択肢に入れたのですが、業界的に収入が厳しく迷っていました。そんな折に友人からDYMを紹介してもらい、話を聞いてみようと思ったのです。

どのようなお話を聞けたのですか?

吉田:まずは会社の成長性についてです。右肩上がりでどんどん成長している、すごい会社であることを聞いて、強い興味を持ちました。次に業務について聞きました。私が聞いたのは今働いている人材事業部の業務内容だったのですが、扱うものがいわゆる無形商材なので、この道で成功できたら面白そうだなと思ったことを覚えています。また、商談相手には社長など経営に関わる人が多いという話も聞けたことで、仕事内容プラスアルファの視野や視点を身につけることができるのではないかと考えました。すぐに面接を受けたい旨を伝えて、面接をセッティングしてもらいました。面接は後に配属されたときの直属上長である課長と、事業部のNo2の方にご担当いただき、さらに詳しいお話を聞けたことで「この成長環境で是非働きたい」と思いました。なので、内定をいただいたときは、本当にうれしかったですね。



異業界への不安はなかったのですか?

吉田:全くなかったのかと言えばそうではありませんでしたが、むしろワクワク感のほうが強かったですね。内定後に話をさせていただいた方からは、やったらやった分だけ評価されるということや、今まで自分が培ってきたことがいくつか通じるのではないかということを聞くことができて、挑戦心に火が付いたという感覚でした。

なるほど、望んでいた環境に飛び込むことができたという感じですね!では次に、今吉田さんが携わられている仕事について教えていただけますか?

吉田:現在私は人材事業部で、お客さまの新卒採用に関する業務全般を担当しています。お客さま先に訪問をしてヒアリングを行い、ニーズを引き出したらそのニーズを満たすことのできるサービスプランを作成して提案。受注をしたら、プランを実行に移して採用成功に導くという流れです。こう言うと簡単に聞こえるかもしれませんが、お客さま先へ訪問するためには新規開拓の営業電話が必要で、毎日数えきれないくらい電話をかける必要があり、またヒアリングを行うにしても予備知識がないとできない質問があります。提案にあたってははじめのうちは商品知識がないので、上司や先輩に手伝ってもらうことで何とかやりきれる。それこそ異業界からの転身だった私は自分一人で提案まで完結できるようになるために、上司に相談をしたり、営業同行をしてもらうことで知識を増やし、上司の営業テクニックや知識を自分のものにしていきました。

はじめのうちはかなり苦労をされたのですね。

吉田:確かに大変でしたが、全然苦にはならなかったですね。以前の仕事に比べれば仕事のスケールが全然違いますし、自分の提案がお客さまの採用成功はもちろん売上増にも貢献できるなど、間接的に世の中の役に立っているという実感がわくので、とてもエキサイティングです。また自分の営業成績や順位が常にわかるので、面白いのと同時に「もっと上の順位を狙うぞ」という気持ちも湧いてくる。もっというと、弊社は新卒紹介数や少人数の合同企業説明会の開催数が業界1位であり、学生の期待度も高い状況にあります。なので、お客さまである企業はもちろん、学生の幸せも考える責任があり、逆に言うと学生の幸せにも貢献できる。これがあるので、楽しいと感じることはあっても、苦しいと感じることはほとんどないですね。

なるほど、吉田さんの天職なのかもしれませんね。これまでの仕事で特に印象に残っているものはありますか?

吉田:あります。入社して半年くらいのときに新規で受注したお客さまの案件です。初回の取引はさほど大きなものではなかったのですが、もともと大きな予算を扱っているお客さまだったこともあり、翌年の大型受注へ向けて動き続けました。とにかく迅速な対応を心がけて、お客さまの採用に関する情報を何度も何度も丁寧にヒアリング、少しでも良い提案ができるように考え続けました。その結果、私の本気度をお客さまが受け止めてくださり、超大型受注を果たすことができました。提案にあたっては上司にサポートいただきましたが、本当にうれしく、心に残る案件となりました。今まさにこの案件は動いているのですが、あまりの大きさに何人も社内の人を巻き込むレベルになっています(苦笑)。そしてこの案件のおかげで、単月のMVPをいただくことができました。異業界からの転身かつ1年目でMVPを取れたことは、自分にとって大きな自信になったと同時に、「もっとやってやろう」という気持ちが芽生えるきっかけにもなりました。

さらにこの案件を受注したことで、自分にとっての営業スタイルが見えてきたと思っています。今回は上司にたくさんのサポートをしてもらいましたが、次からは自分一人で提案から受注までやりきれるように進めたいと思っています。なので、今が自分にとっての充実期の入り口なのかもしれません。

「DYMで働いているからこそ」と感じることはありますか?

吉田:ありますね。ビジネススキルが圧倒的に身についていると思います。営業力や提案力はもちろんなのですが、自分の知識や視野が圧倒的に広がったと感じています。理由としては、採用業務を通じてお客さまの会社の未来設計図や時には上場準備に触れたりすることができるためです。さらにDYM社内にはたくさんの事業があり、お客さまのご要望に応じて、社内のさまざまな商材を提案することで、その知識を身につけることもできます。転職を考えるきっかけになった「もっと広くあらゆる業界に触れてみたい」を実現できていると感じますね。

吉田さんから見て「この人はすごいな」と思う方はいらっしゃいますか?

吉田:います。新卒入社2年目で研修事業を立ち上げて、売上も自分で作ったという方がいて、この方はすごいなと思います。成長スピードが異次元レベルですよね。お話しをさせていただいたこともありますが、とんでもない知識量があって、どんな業界のどんな社長さんとも普通に話しています。素直にすごいなと。ただいずれはその人を超えられるくらいまで成長したいと考えています。そのために行動量を今よりも上げて、いろいろな人の提案を見て・聞いて、ときには教えを請いながら成長していきたいと考えています。また、会社はやり続けて、結果を出していればその分の評価をしてくれます。これは本当にうれしいことですね。

入社直後と今で、「ここが成長したな」と感じる点はありますか?

吉田:視野が圧倒的に広がったと思います。以前は専門分野で専門的な知識があれば仕事をできる環境でしたが、今は幅広くさまざまな業界についての知識がないと仕事になりません。仕事のために知識を蓄えてきたことで視野が大きく広がったと感じています。ほかにも営業訪問前の準備にとても時間をかけるようになりました。お客さまのことを調べずに訪問をしても、お客さまの信頼を勝ち取ることはできず、提案もできないので、下調べなどの準備に時間をかけるようになりました。これによってまた自分の知識がまた増えるという、良い相乗効果があり、仕事の良いスパイラルができてきたと感じます。

ありがとうございます。最後に吉田さんが描いている、この先の成長や仕事について教えてください。

吉田:まず3年後にはマネージャーになっていたいですね。営業責任者として、今よりも大きな裁量をもって、数字だけではなく、人の育成やマネジメントにも関わりたいと考えています。人が成長すれば、数字はついてきますし、自分や会社の成長につながります。これを今のDYMという会社のスケールと成長力の中でやるからこそ意味があって、面白いのだと思っています。やったらやっただけ、いい未来が来る。やったらやっただけ、仕事が楽しくなっていく。面白いこと、裁量権が無限に広がっているから、自分でおもしろいことを増やせる。どんどん次の楽しいことを見つけられる。自分にとってDYMは期待以上に良い会社でした。そしていずれは自分で事業部を立ち上げたり、責任者やりたいと思っています。それは絶対に楽しいから。このワクワクを皆さんにも是非感じて欲しいですね。


株式会社DYM's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more